2015年の花粉症!薬は飲み始めるのは何時がいいの?

2015-01-24b

2015年も「花粉の季節」がアップを始める頃です!
毎年春は花粉症の季節ですが、花粉が舞い始める事自体は
まだ寒い2月頃からはじまります。

さて、苦しむ前に薬とティッシュを用意して備えておきたいところですが
2015年の春はいったい何時頃から薬を飲み始めておけば良いのでしょうか?

花粉症の季節も近くなって来たので調べてみました!

<Sponsored Link>

花粉の最初の飛散時期と種類は?

2015-01-24a

毎年花粉の飛散が最も早いのはスギ花粉です。
毎年2月〜4月にかけて全国で飛散し新学期や新入社時期に苦しめてくれます。

早い地域(主に九州・四国など暖かい地域)では1月下旬頃からすでに飛散すると言われています。

そして、3月や4月頃にピークを迎え
卒業生を別の意味で泣かせ、ゴールデンウィークを境に治まって来ます。

花粉症を発症する人の中で実に7割の人がこのスギ花粉によるアレルギーだと言われており
日本人を最も苦しめる花粉と言っても過言ではありません。

そして、代表的な花粉と言えばもう1つがヒノキ花粉です。

ヒノキ花粉はスギ花粉から約一ヶ月程遅れて飛散し出します。
なので3月頃から飛散しだし、3月末から4月にかけてピークを迎え猛威を振るう事になります。
こちらもスギと同じく南の暖かい地域の方が若干早く飛散を開始するので

九州や四国にお住まいの方は新年の行事も落ち着いたら
花粉に備えなきゃなりませんね^^;

3月〜4月はどちらもかぶっているので特に注意が必要になります。

さて、2015年の花粉はどうなるのでしょうか?

2015年の飛散ピーク時期はいつ?

2015年の花粉の飛散時期やピークは(1月現在)
例年並みとなるだろうと予報が出ています。

スギ花粉は九州・四国地方では2月〜3月頃
中部・関西・関東では3月上旬頃
東北・北陸方面では3月下旬頃がピークとなるようです。

このスギ花粉のピーク直後にヒノキ花粉が来る事になります。

そして、花粉の飛散量は地域により差が出るのですが2014年に比べ
なんと関東・北陸・東北方面では2〜3倍増し!
九州・四国・近畿方面では50%〜70%と減少する見込みのようです。

2015年は中部より北の方にお住まいの方はピークの1ヶ月だけ
南の方の地方に行く事ができればしあわせかもしれませんね^^;

薬はいつから何を飲めば良いのか?

2015-01-24

花粉症の薬と言うのは花粉が飛散する1〜2週間前から飲み始めると良いそうです。

花粉症には”初期療法”と言うものがあります。
比較的症状が軽い時期や発症する前に対処する療法の事を言うそうですが
花粉症の場合、症状に苦しみ出してからよりもこの初期療法が大切だそうです。

そして、時期や症状によって服用する薬にも種類があります。
今年の場合は、上記の地域差はありますが
全国的に言えばスギの症状がある人は1月下旬頃から
ヒノキの症状がある人は2月下旬頃からの服用が良いでしょう。

薬を服用する際に忘れてはならないのが副作用です。
何も考えずにとりあえず症状が出る前に飲んでおけ!って気軽に飲んでると
花粉ではなく副作用に泣かされる事になるのできちんと理解しておきましょう。

薬はどんなものがあるの?副作用は?

花粉症の薬は主に

  1. 口から飲む経口摂取薬
  2. 鼻に吹き込んで鼻づまりを解消する点鼻薬
  3. 目薬タイプの点眼薬

このように3つのタイプがあります。
基本的には経口摂取薬で対策し、症状が出て来たら点鼻薬や点眼薬で対処する事になるでしょう。
他にもどうしようもない場合は病院で注射をして貰う事もできますが、
気軽に出来るものでもない…ってかしたくないと思うので最終手段ですね。

そして、含まれる成分により薬にも種類があり
それぞれの副作用が違うので紹介したいと思います。

1.抗ヒスタミン薬

花粉症の現在主流となる薬で、手軽に薬局などで入手する事ができます。
ただし、副作用として眠気や喉の乾きなどがあるので注意が必要です。

経口摂取するタイプにも目薬タイプにも点鼻薬タイプにもどのタイプの薬にも入っています。

2.抗ロイコトリエン薬

花粉症は本来無害である花粉に対して体が過剰反応してアレルギー症状が出る事で発生します。
その時に体内で分泌されるのがヒスタミンやメディエーターと言う物質です。

この時に免疫細胞からロイコトリエンと言う物質も出るのですが
この薬はこのロイコトリエンの発生を押さえてくれる薬となります。
ロイコトリエンは鼻の粘膜に付着する事で粘膜が晴れ上がり

鼻水などの症状を出します。

3.メディエーター遊離抑制薬

こちらも上記と同じく分泌されるメディエーターの発生を抑制させる薬品です。
しかし、ヒスタミンやロイコトリエンの抑制薬と違い
服用から効果が発生するまでに時間がかかると言う特徴があるので用注意です。

約2週間程たってから効果が現れるためこちらは花粉の予報を見て前もって服用する必要があります。

主に予防として備えておく種類はこの3つです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

薬局等で購入する際に参考にしてみて下さい。
薬局で買える花粉症の薬で人気なのはアレグラです。
眠くなりにくいことで多くの人が利用しているようです。

アレグラFXのお求めはこちら

症状が出て辛い場合は?

すでに症状が発症し辛い場合に服用するタイプの薬としては下記のようなものがあります。

1.血管収縮薬

これは主に点鼻薬で使用される成分です。
この薬は鼻づまりに対して即効性があるのでかなり助かる薬です。

腫れている鼻の粘膜に付着する事で、毛細血管を収縮し神経の高ぶりを押さえてくれます。
ただし、効くからと言って頻繁に使用しないように注意しましょう。

2.ステロイド薬

これは最終手段ですが、どうしても辛い時に使用すると症状を押さえられる薬です。
病院で診察を受け、症状が酷ければ処方してもらう事ができます。
肌などへの塗り薬や注射などで使用される場合もあります。

アトピー性皮膚炎などの肌の治療にも使われる薬なのですが
この薬は効果が高い反面リスクも非常に高い薬なので
出来る限り頼らず他の薬品や療法で対処をして行く方が良いでしょう。

まとめ

2015年は時期は例年通りのようですが、地域により量の差が出るみたいですね。
初期療法が重要なのでしっかりと対策し、薬を購入する際はこの記事の内容を参考にしてもらえると嬉しいです。

2014年は花粉に加えてPM2.5などもあって空気の汚さが話題になってましたね
今年はないと良いのですが^^;

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ