アンテベートのクリームは虫刺されにいいの?利用に注意しよう!

2015-07-16a

虫刺されの時に外用薬として用いられる
アンテベートの概要や特徴について徹底解説!

ステロイドの外用薬としても知られるアンテベートの効き目や
注意点についても詳しく紹介。

アンテベートのステロイドとしての強度や
懸念される副作用に関する正しい知識を身に付けよう!

アンテベートのクリームを虫刺され箇所に塗るとどんな変化が起きる?

<Sponsored Link>

虫刺されに使用されるアンテベートとは

2015-07-16b

夏の暑い時期が近付くにつれて虫が出没する頻度も多くなり、
虫刺されのリスクも徐々に高まっていきます。

今では虫刺されを予防する為に
虫除けスプレーなどの商品が数多く販売されていますが、
それらの製品を駆使したとしても虫刺されを完全に防ぐことは困難です。

そのため、虫除けスプレーのほかにも虫に刺されてしまったときの痛みや
かゆみなどを取り除く外用薬なども数多く販売されています。

中でもアンテベートと呼ばれる外用薬は
炎症を鎮める効果が高い事で知られていますが、
一方で副作用などのリスクについても指摘されています。

アンテベートとは簡単に言えばステロイドの外用薬の事です。
ステロイドには虫刺されによる痛みや
痒みなどの炎症を鎮める強力な作用があり、
短期間で皮膚炎や湿疹などを改善する事も可能なため、
虫刺され以外にも湿疹や皮膚炎の外用薬として用いられています。

また、アンテベートにはアトピー性皮膚炎
乾癬(かんせん)などの症状を取り除く効果も期待できる為、
さまざまな皮膚疾患に広く利用されています。

ただし、アンテベートはステロイドによる対症療法薬なので
病気の根本的な原因を取り除く効果は無いと言えます。

アンテベートは一般的にクリームタイプの外用薬として用いられているので、
たとえば虫刺されによってかゆみを発症した箇所や
炎症を起こした箇所に指で直接塗り込むだけで、
すぐにかゆみや炎症を鎮めることが出来ます。

ただし、アンテベートには即効性がある半面、
持病やアレルギーがある人には副作用を伴うリスクも潜んでいるので
使用の際は注意が必要です。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

ですが、ただの虫刺されであれば
市販の塗り薬などで対処できるはずです。
軽い症状に強い薬を使用する必要はないと思いますので
その場合は市販薬で副作用のない優しい治療を施しましょう。
キンカンのお求めはこちら

アンテベートのステロイドとしての強度

虫刺されだけでなくさまざまな皮膚疾患の対症療法薬として
高い効果を発揮するアンテベートですが、
ステロイド外用薬なので少なからず副作用のリスクが潜んでいます。

アンテベートは一般的に処方される代表的な
ステロイド外用薬としても知られており、ステロイドとしての強度は
上から二番目の強さを誇っています。

ステロイド外用薬は通常、もっとも強い1群からもっとも弱い5群までの
五段階にランク付けされますが、
アンテベートの場合は上から二番目の強度を誇る2群に位置しています。

そのため、アンテベートはステロイド外用薬としての強度が
非常に強力と言われる部類に属しており、
皮膚疾患の症状が重いとき等に用いられたり、苔癬化した湿疹や
厚くなってしまった皮膚を正常化させるために用いられます。

ただし、ステロイドとしての効果が非常に強力なので
一般的には顔のような皮膚が薄くてデリケートな部位に対しては
あまり用いられる事はありません。

また、基本的にステロイド外用薬は細菌やウイルス、
真菌などによって引き起こされる皮膚感染症には用いられることは無く、
むしろ症状が悪化する可能性が高いので注意が必要です。

アンテベートは基本的に局所作用が強いわりに
全身への副作用が現れにくいという特徴があります。

しかし、持病やアレルギーがある人にとっては少量の使用でも
重篤な副作用を引き起こすリスクがあるので、
アンテベートを使用する場合は医師に相談する必要があります。

アンテベートの注意点と副作用について

2015-07-16c

アンテベートはさまざまな皮膚疾患や
虫刺されによるかゆみ・炎症を鎮めるためのステロイド外用薬です。

ステロイド外用薬は1週間~2週間ほど継続的に使用したとしても
ほとんど副作用が出る事はありませんが、
まれに接触皮膚炎を引き起こす場合があるので注意が必要です。

もしアンテベートの使用によってかぶれなどの症状が現れた場合は
すぐに使用を中止し、すぐに皮膚科を受診する事が大切です。

また、ステロイド外用薬であるアンテベートを長期的に使用していると
皮膚萎縮やニキビのようなステロイド特有の皮膚症状が出る場合があります。

特に皮膚萎縮を発症した場合、静脈が透けて見えるようになったり
お肌がてかてか光る、凹んだように見えるなどの症状が現れるので注意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ