アンテベートは蚊に刺された時に使っても良いの?

2015-07-21a

かゆみ止めとして皮膚科で処方されたアンテベートという軟膏、
蚊に刺された時のかゆみ止めにも使って大丈夫なのでしょうか。

非常に強い薬といわれているアンテベートは、
かゆみ止めに効果が高いため
虫に刺された時に使ってかゆみを止めたいのですが、
そういった使い方は医師の許可を貰わなくてもできるのか疑問でもあります。

アンテベートについてご説明します。

<Sponsored Link>

アンテベートってどんな薬?

2015-07-21b

アンテベートはステロイドの軟膏で、
赤みを抑えてかゆみを和らげてくれる働きがあります。

皮膚科ではアトピー性皮膚炎を始め様々な湿疹に処方されます。
しかし、あくまでも対処療法として処方されるので、病気の根本的な治療にはなりません。

アンテベートはステロイド剤なのであまり長いこと使い続けていると、
皮膚症状感染症などの副作用にも注意をしなければなりません。

大量に使用している時に急遽使うのをやめてしまうと、
反発症状がおこり最初よりもひどくなってしまう可能性もあります。

ステロイドは炎症抑制効果が高いのですが、
効果が高いというのはそれなりに強い薬だと判断されます。

ステロイドはその強さを5段階で評価されていますが、
アンテベートはその5段階中の3段階目の強さを持つ薬です。

大人の長引くかゆみや赤み、盛り上がった炎症などに処方されます。
蚊に刺されたような赤みやかゆみを伴うふくれには、効き目があります。

アンテベートを蚊に刺された跡に使っても良いのか

結論から言えば、使うことは可能です。
アンテベートは蚊に刺されたような跡に使うのが効果的な薬といわれています。

皮膚科の医師も蚊に刺された時の薬として使っているくらいです。
蚊に刺された時には激しいかゆみが来て、その後炎症が落ち着いていきます。

最初に刺された時に襲ってくるかゆみを乗り越えれば、
ある程度のかゆみはおさまってくるのです。

かゆいからといって掻きつづけてしまうと、
炎症がひどくなってしまい跡が残ってしまったりするのです。

最初のかゆみを乗り越えるために、
かゆみ止めとしてアンテベートを使ってみることは
悪いこととは言えないのではないでしょうか。

ただしアンテベートを普通の軟膏と同じように、
どんなものにも使用してしまうのはやめた方が良いようです。

強い薬ですから、濫用しないのが体や皮膚のためにも良いでしょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

市販の塗り薬で対処できるただの虫刺されであれば、
わざわざ病院で薬を処方してもらう必要はありません。
副作用のない、自然に治す力を身につけましょう。
キンカンのお求めはこちら

アンテベートの副作用

大量に広範囲に使用することで、白内障緑内障の危険性があります。
広範囲ではなくても、まぶたの皮膚に使用すると
やはり白内障や緑内障の危険性があります。

長期的に使用しなければ問題はありませんが、
妊娠中の使用には気を付けて下さい。

アンテベートは使ってはいけない場合も存在します。
アンテベートに対してアレルギーのある方はもちろん使ってはいけません。

また鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎や火傷、
凍傷、水痘や帯状疱疹には使用しません。

細菌の感染症やウイルス性の皮膚感染症も避けた方が良いでしょう。
こうした皮膚の病気の場合原因を取り除いて
効果のある薬を使用するのが根本の解決につながります。

しかし、アンテベートを使って症状を軽くしても、根本の治療には至りません。
本来の治療を遅くしてしまう可能性があるので、
自己判断せずに皮膚科の受診をして下さい。

アンテベートが自己判断で使えるのは、
それこそ蚊に刺された時だけと思っておくのが良いでしょう。

アンテベートは蚊に刺された時に使うことができる

2015-07-21c

皮膚科の処方薬アンテベートは、ステロイドの軟膏です。
アトピーやそのほかの皮膚症状のかゆみや赤みを緩和してくれます。

しかし、アンテベートはあくまでも対処療法に過ぎないので、
根本的な治療には至りません。

かゆみを止めてくれる作用があるので、
蚊に刺された時には使用すると良いでしょう。

あまり長い間使ったり、広範囲に使ってりしなければ副作用の心配もありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ