バルクアップにはグルタミンは欠かせない!その理由とは?

2015-07-05a

筋肉を効果的にバルクアップさせたい人は必見!
バルクアップに必要な栄養素や正しいバルクアップ方法について徹底解説!

筋肉のバルクアップにはグルタミンが必要不可欠って本当!?
グルタミンが筋肉のバルクアップに欠かせない理由や
その概要についても詳しく紹介!

バルクアップの為に必要な筋肉トレーニング法と食事法とは?

<Sponsored Link>

筋肉のバルクアップとは!?

2015-07-05b

夏の暑い時期になると筋肉トレーニングを積極的に行う人は多いですが、
中には季節に関わらず自身の自己満足を得るために筋肉を鍛える人も数多く居ます。

筋肉の「バルクアップ」を目的として
筋肉トレーニングを積み重ねている人は非常に多いですが、
バルクアップというのは簡単に言えば「筋肉量を増やして身体を大きくする事」です。

筋肉トレーニングによってバルクアップを目指す人は
「ボディビル」などの競技者やラグビー、
格闘技などのスポーツを生業としている人が大半を占めています。

中には趣味で筋肉のバルクアップを図る人も居ますが、
大半は生業としているスポーツや競技を有利に行うために
筋肉のバルクアップを目指しています。

筋肉のバルクアップを簡単に目指す方法としては、
何よりも「重たいウエイトでのトレーニング」が重要となります。

日々のトレーニングでより重たいウエイトで筋肉に負荷を与え、
そのウエイトに慣れてきたら更に重いウエイトでトレーニングをする…
という作業を繰り返す事によって、筋肉のバルクアップを図ることが出来ます。

また、筋肉のバルクアップには「食事」も欠かせない要素のひとつなので、
筋肉トレーニング後は良質なタンパク質脂質
炭水化物などをたっぷりと摂取することが大切です。

バルクアップはダイエットと違って体を大きくする事が目的なので、
カロリーを抑えるのではなく「高カロリー」を目指して食事を摂るようにします。

また、筋肉は成長する為のエネルギーを常に必要としているため、
エネルギー切れを起こさない為にも
炭水化物糖質をしっかりと摂取することが何よりも重要となってきます。

バルクアップにはグルタミンが不可欠

バルクアップを目的として筋肉トレーニングを行う場合、
まずは高カロリーな食事が何よりも重要となってきます。

バルクアップは筋肉を肥大させて体を大きくする事が目的なので、
ダイエットとは違って食事によるエネルギー摂取を常に行う必要があります。

たとえば、食事の際は高タンパクな肉類と共に
必ずお米やパンなどの炭水化物を摂取するように心掛けたり、
良質な脂質を得るためにアーモンドアボカドを食べるようにする事で
効率良く筋肉のバルクアップを図ることが出来ます。

また、筋肉内のアミノ酸の約6割を占めているグルタミンの摂取も
筋肉のバルクアップには必要不可欠となります。

グルタミンは人間の身体に必要な必須アミノ酸の一種で、
主に免疫機能を向上させたり消化器官の機能維持という役割を担っています。

また、グルタミンにはタンパク質の合成を促す事によって
筋肉の回復や成長を促進させる働きがある為、
筋肉トレーニング後の食事でグルタミンを一緒に摂取することで
筋肉繊維の修復を早める効果などが期待できます。

筋肉のバルクアップを図るためには
過酷なウエイトトレーニングが必要になりますが、
このトレーニングには身体的な負担だけでなく心の負担も掛かってきます。

人の身体は大きなストレスを感じると
体内で合成されるグルタミンの量が不足し、
筋肉の分解が引き起こされてしまいます。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

しかし、ここで外部からサプリメント等でグルタミンを補給しておけば、
筋肉の分解を抑制してトレーニングの効果を最大限に得ることが出来るのです。

グルタミンパウダーのお求めはこちら

効率的なバルクアップ法とは

2015-07-05c

効果的に筋肉のバルクアップを図るためには、
三日に一回のウエイトトレーニングを続けながら
少しずつウエイトの重さを増やしていく事が大切です。

たとえば一日目のトレーニングでは30キロのウエイトでトレーニングを行い、
二日目のトレーニングでは同じ内容のトレーニングでも
ウエイトの重さを35キロに増やして行うと効果的にバルクアップを図る事が出来ます。

また、トレーニング後は高カロリーな食事を摂取すると共に、
筋肉の修復を早める効果が期待できるグルタミンをサプリメント等で
摂取しておくと効率良く筋肉のバルクアップを目指す事が出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ