バルクアップにはアーモンドがオススメ!体を変えたい人は必見の驚くべき効果とは?

2015-04-09a

筋肉の量を効率良く増加させてバルクアップしたい人にはアーモンドがオススメ!

バルクアップのためにやるべき事や必要な栄養素を知り、トレーニングに役立てよう!
バルクアップを実現して身体を変えたいなら
食事の重要性を理解した上で必要な栄養素を積極的に取り入れることが大切です。

バルクアップしたいならアーモンドで良質な脂質を得よう!

<Sponsored Link>

身体を大きくする為には食事内容が重要

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏に向けて体を鍛えたり肉体改造を図ろうと考える人は多いかと思いますが、
身体を鍛えて大きくするためには「筋肉が成長するメカニズム」を正しく知っておく必要があります。

一般的な筋肉トレーニングを行った場合、
トレーニングによる負荷で筋肉組織が著しく破壊されます。

その後、一定の休息時間を置く事で「超回復」と呼ばれる現象が起こり、
破壊された筋肉組織が修復されてトレーニング前よりも太くて強い筋肉が出来上がるのです。

これを繰り返していく事によって筋肉は大きく成長し続け、
身体自体も大きく見えてくるというわけです。

しかし、たとえハードな筋肉トレーニングと休息を繰り返していても、
筋肉が成長するために必要な「栄養素」が不足していては無意味です。

筋肉トレーニングによってバルクアップを実現したいのであれば、
トレーニングだけでなく「食事内容」にも注意を払いながら続けていくことが大切です。

バルクアップのために必要なのは効果的な筋肉への負荷と休息、
そして「筋肉への栄養補給」です。

特に身体を出来るだけ大きくしてバルクアップを図りたい人の場合、
空腹の時間」を作らないようにする事が大切です。

筋肉というのは常にエネルギーを消費しているので、
栄養をドンドン送り込んであげる必要があります。

そのため、筋肉を効率良くバルクアップさせたいのであれば
常に食事で栄養を補給しつつ、
空腹になる時間帯を作らないことがバルクアップ成功のとなります。

バルクアップに必要な栄養素

筋肉トレーニングによるバルクアップを図りたいのであれば、
食事を常に摂り続けるというのはもはや常識となっています。

トレーニングによって破壊された筋肉は1日〜2日ほど掛けて修復され、
その過程でトレーニング前よりも太くて強い筋肉へと成長を遂げます。

しかし、この休息時間に必要な栄養素の補給を怠ってしまうと
筋肉の成長が不十分に終わってしまうので注意が必要です。

出来る事なら常に食事をして栄養補給を続け、
空腹の時間を作らないように意識することが大切です。

考え方としては「空腹時は筋肉に身体が食べられている」くらいの気持ちで居れば
バルクアップのイメージがし易いはずです。

筋肉のバルクアップには幾つかの栄養素が必要となってきますが、
代表的なものに「タンパク質」が挙げられます。

タンパク質は市販のプロテインなどでも補給できますが、
低脂肪の鳥肉や魚からも補給できるので
タンパク質を豊富に含む食材を積極的に食事メニューへ取り入れる事が大切です。

また、バルクアップには「炭水化物」も必要となってくるので
肉や魚と共にお米やパンなどを食べて効率良く摂取しておく必要があります。

さらに「アーモンド」や「アボカド」などに含まれる植物性の良質な脂質も
筋肉のバルクアップには必要不可欠な栄養素です。

ただ、アボカドを毎日のように食べるのは大変なので、
可能であればアーモンドを毎食7〜8粒ほど食べて良質な脂質を補給しておく事が
バルクアップへと近道となります。

バルクアップにおけるアーモンドの重要性

2015-04-09c

身体を鍛えてバルクアップを図るのであれば、
タンパク質や炭水化物と共に良質な「脂質」を摂取する必要があります。

しかし、良質な脂質を含む食材は限られており、
アボカドやアーモンドなどがその筆頭として知られています。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

特にアーモンドにはバルクアップに必要なタンパク質も豊富に含んでおり、
まさに理想的な「バルクアップ食品」と言えます。

また、アーモンドには食物繊維も豊富に含まれているので腹持ちが良く、
胃腸の働きをスムーズにする効果も期待できるのでトレーニング中の摂取がオススメです。

また、アーモンドにはテストステロンと呼ばれる
男性ホルモンの一種を増やす作用もあり、これによってトレーニング効率を向上させることが出来ます。

素焼きアーモンドのお求めはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ