ブルーライトと飛蚊症ってどういう関係?

2015-04-04a

ブルーライト飛蚊症の関係性についての正しい知識を身に付けよう!

目に疲れを感じたらブルーライトが原因かも!?
目に多大な負担が掛かってしまうブルーライトは
パソコン用メガネや照明調節によってある程度カットすることが出来ます。

パソコンスマートフォンの照明にも使われている、
ブルーライトは飛蚊症の発症原因となる恐れアリ!

<Sponsored Link>

目の負担となるブルーライトとは

2015-04-04b

最近はブルーライトを20%〜70%程度カットできる
パソコン用メガネが話題となっていますが、
ほとんどの人はブルーライトについて正しい知識を持ち合わせていないのが現状です。

ブルーライトとは可視光線の中でもっとも強いエネルギーを持つ光の名称であり、
波長が380nm〜495nmの青色に輝く光のことです。

このブルーライトと呼ばれる光は、
人間の目で見ることが出来る光の中ではもっとも波長が短いので
角膜」や「水晶体」で吸収されることなく「網膜」まで到達してしまうという特徴を持っています。

現代の日本において、生活に欠かせない存在となったパソコンやスマートフォンなどの
LEDディスプレイやLED照明にはこのブルーライトが採用されており、
長時間の使用によって目に多大な負担を掛けてしまうことが判明しています。

簡単な例で言うならば、
太陽から発せられる「紫外線」は人間の目にとって有害だという話が有名ですが、
ブルーライトはこの紫外線にもっとも近いエネルギーを持つ光として知られています。

つまり、パソコンやスマートフォンなどに使われている
デジタルディスプレイから発せられているブルーライトは
紫外線と同様の負担を人の目に与えており、
酷い時には「飛蚊症」などのトラブルに発展してしまうケースもあるので注意が必要です。

飛蚊症の概要とメカニズム

人間の目というのは非常にデリケートな器官であり、
些細なキッカケでさまざまなトラブルを発症する可能性を秘めている部位として知られています。

中でも特に厄介なのが、
視界に点状や糸状の浮遊物が見えてしまう「飛蚊症」という病気です。

もしも黒白の点や糸のようなものが
目の前を浮遊しているように見えている状態が続くのであれば、
この飛蚊症を疑う必要があります。

飛蚊症とは先述したとおり点状や糸状の浮遊物が
常に視界に入ってきてしまう病気のことで、
太陽から発せられる「紫外線」を浴びる事によって
目のガラス体に活性酸素が溜まってしまうことが主な原因として考えられています。

最近では紫外線に近いエネルギーを持つ「ブルーライト」も
飛蚊症の発症原因として注目されつつあります。

目のガラス体に活性酸素が溜まってしまうと
目の中にあるタンパク質脂質酸化され、
結果としてガラス体に異常が現れるようになります。

ガラス体の中は基本的に「ゼリー状」となっており、
その中で酸化したタンパク質や脂質がゴミとして浮遊するため
視界の中に点状糸状の浮遊物が見えてしまうのです。

万が一、飛蚊症を発症してしまった場合は迷わず眼科を受診する必要があります。
ただし、現代の医学では効果的な飛蚊症の治療法は確立されておらず、
完治を目指すのは難しいのが現状です。

そのため、飛蚊症の原因となる紫外線や
ブルーライトを目に浴びないように注意して生活を送ることが大切です。

飛蚊症の原因となるブルーライトに注意

2015-04-04c

普段の生活の中で「太陽を直視する」という事はほとんど無いと思いますが、
パソコンやスマートフォンのディスプレイを長時間に渡って眺める人は非常に多いと言えます。

先述した飛蚊症の原因は、
紫外線に近いエネルギーを持つブルーライトだと考えられているので、
パソコンやスマートフォンを長時間に渡って使用する際は注意が必要です。

飛蚊症の対処法として重要になってくるのは
「活性酸素をガラス体に溜めない」ということです。

活性酸素は太陽から発せられる紫外線によって発生しますが、
同様のエネルギーを持つブルーライトによっても発生することが判明しています。

そのため、ブルーライトを採用しているパソコンや
スマートフォンのディスプレイを長時間に渡って見続ける事によって、
飛蚊症を発症するリスクを高めてしまうのです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

そのため、一日に何度もパソコンやスマートフォンを利用する人は
なるべくブルーライトをカットするメガネを使用して飛蚊症の予防に努めることが大切です。

PCメガネのお求めはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ