蓄膿症は栄養不足が原因で引き起こされるので注意しよう!

2015-08-19a

蓄膿症栄養管理を徹底することで治療させやすくなるといわれています。
蓄膿症の原因はどういったことで引き起こされるのか?

蓄膿症の対策はどれが正しいのかなどについて細かく解説しています。
栄養不足を補うことで健康状態を改善できるだけでなく、
蓄膿症を解決させることが出来る方法をご紹介します。

<Sponsored Link>

蓄膿症の原因をチェックしよう!

2015-08-19b

鼻づまりのせいで日常生活に支障をきたしたり、
寝苦しくて睡眠が上手くとれずに疲れがたまったりなど
「鼻づまり」は多くのトラブルを引き起こします。

鼻づまりの原因となっているのが蓄膿症ですが、
実はこの症状は現代人にはとても多い症状の一つです。
その理由は栄養不足が原因といわれています。

蓄膿症は私たちの体内の免疫力が低下することで引き起こされます。
栄養不足によって免疫力や鼻の粘膜が弱まることで鼻の中に異物が残ります。

これにより炎症がおきてしまうので、蓄膿症になってしまいます。
栄養不足というのは、乱れた食生活が原因であり、ファーストフード、
コンビニ弁当、お菓子、野菜不足などが上げられます。

そのほかにもストレス、ホルモンバランスの乱れ、
睡眠不足などによっても症状が出やすくなります。
正しい対策は「栄養摂取」が最も効果があるということを覚えておきましょう。

蓄膿症は慢性化しやすいので注意しよう!

蓄膿症は再発、慢性化しやすい症状の一つなので、
治療にはそれなりの時間がかかります。

まずは栄養を補給することで蓄膿症になりにくい体にすることがポイントです。
具体的な方法としてあげると、生活習慣の見直しが効果的です。

夜更かし、食生活の乱れ、暴飲暴食などを見直して、
健康なライフサイクルに戻すことが大切です。

また、ストレスを溜めないことが大切で、ストレスを感じた場合は
解消する方法を見つけておくと良いでしょう。

ストレスがたまるとホルモンバランスが乱れて免疫力が下がってしまうので
蓄膿症になりやすくなります。
ストレスを溜めないように工夫することが大切です。

食事はどんなものがオススメ?免疫力を高めよう!

私たちの身体は食事によって作られています。
つまり食事に気をつけることで免疫力を高めることが出来るということです。
具体的に何を食べればいいの?と思う方もいるので簡単にご紹介しておきましょう。

基本は「緑黄色野菜」をしっかりと毎食の献立に取り入れましょう。
食事回数は3回です。
ダイエットをしている女性の方、
忙しくて食事が食べれない方は食事方法を見直しましょう。

忙しくて少しでも寝る時間を増やしたい!という人は
プロテインを摂取したり、サプリメントなどを積極的に活用しましょう。

ですが、基本は食事による吸収が最も良いので
ベースは食事だということを忘れないで下さい。

次に海藻類を積極的に食べましょう。
ミネラルが豊富なので体内のバランスや機能を安定させる働きがあります。

つまり、野菜でビタミンを補給し、海藻類でミネラルを摂取することで
ホルモンバランスを整えて免疫力を高めやすくなるということです。

注意してほしいのは、糖分の過剰摂取には気をつけてください。
糖分=砂糖やお菓子ということです。
これらは適量ならいいのですが、多いと炎症を引き起こす原因となります。

また、コーヒーや辛いものが大好きという人も要注意です。
「刺激物」なども蓄膿症には悪影響を与えてしまうので気をつけましょう。

上記であげたことに気をつけつつ、野菜やミネラルなどを中心とした食事を
普段から1日3食きちんと栄養管理をしておくと
蓄膿症になる確率を減らすだけでなく、再発や慢性化を防ぐことが出来ます。

さらには健康的な生活や栄養管理は蓄膿症を予防するだけでなく、
風邪や他の感染症になるリスクも低下させてくれる働きがあり、
元気な生活を送ることが出来るので普段から栄養管理を徹底しておくことをオススメします。

蓄膿症のまとめ

2015-08-19c

免疫力が低下することで引き起こされる症状なので、
常に免疫力を高めるために「栄養」を摂取しておくと良いでしょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

食事が乱れている人は「マルチミネラル」「マルチビタミン」などの
サプリメントを摂取することで蓄膿症のリスクを減らす効果もあります。

ただし、基本は食事です。
サプリメントはあくまでも補助食品なので食事による栄養補給を行いましょう。

マルチビタミンサプリのお求めはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ