超回復で完全休養!筋肉を休めて効果を増大!

2015-06-30a

筋肉のトレーニング後は超回復によって筋肉増大を目指そう!
トレーニング後は完全休養期間を設けることで
超回復を促してトレーニング効果を増大させる事が可能です!

筋肉が増大するメカニズムや超回復の効果について徹底解説!
トレーニング後の休息時間の重要性や
超回復が起こるメカニズムについても詳しく紹介

<Sponsored Link>

筋肉が増大するメカニズムと超回復

2015-06-30b

近年、スポーツ医学が進歩すると共に超回復という言葉が
至るところで使われるようになってきています。

超回復とは、ウエイトなどで筋肉に負荷を掛けるトレーニングを行った後
一定の休息時間を取ることによって損傷した筋肉が急速に修復される現象のことです。

この超回復の現象が起こると筋肉トレーニング前に比べて
筋肉の総量が増加し、筋力がアップすることになります。

筋肉というのは通常、ウエイトなどで強い負荷を与えると
筋繊維が破壊されていきます。

この破壊された筋繊維が体内機能によって修復されると、
以前よりも筋肉が太くて強い状態へと進化します。

この筋肉の破壊と修復をトレーニングによって繰り返していくことで
筋肉は成長し、増大していくことになります。

しかし、筋肉が破壊された後で修復に費やす時間を与えず、
さらに強い負荷を掛けると筋肉は次第にダメージを蓄積させていき、
最終的には痩せ細った弱々しい筋肉へと変化してしまいます。

そのため、筋肉を強く育てる為にはトレーニング後に
しっかりと休息時間を設けることが大切です。

筋肉の超回復が行われるのは一般的に
トレーニング後の24時間~48時間だと言われているので、
筋肉トレーニング後は最低でも二日ほどは完全休養の時間を設けることが大切です。

筋肉を進化させる方法と休息の重要性

先にも述べたとおり筋肉を成長させて進化させるためには
筋肉トレーニングと完全休養を交互に繰り返していくことが重要となります。

筋肉を進化させる為には、
常に負荷の強さを変えながらトレーニングを行う必要がありますが、
たとえば最初に50kgのウエイトでトレーニングを行っていたのであれば、
次のトレーニングでは55kgのウエイトに重量を上げて
トレーニングを行う事で効率良く筋肉を進化させていくことが可能です。

筋肉というのは筋量も大切ですが、
何よりもウエイトの負荷に対する慣れが重要になります。

筋肉にある一定の負荷を掛け続けていると、
次第に筋肉の運動を司る神経系が負荷に慣れてくるので、
神経への刺激が感じられなくなります。

この状態でトレーニングを続けてもあまり意味は無いので、
少しずつウエイトの重量を上げていく事によって常に
筋肉やそれを司る神経に刺激を与え続けることが重要となります。

このようなトレーニングによって
筋肉やそれに関わる神経系は進化を遂げていき、
筋肉自体も増大していく事になります。

しかし、筋肉が進化を遂げるのはトレーニング中ではなく
トレーニング後の休息時間なので、
トレーニングを終えたら24時間~48時間は一切のトレーニングを禁止する必要があります。

これを怠って完全休養時間を取らずにトレーニングを行うと
次第に筋肉はダメージを蓄積して痩せ細り、
逆効果となる恐れもあるので注意が必要です。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

超回復の効果を高めるにはプロテインを摂取すること。
夜間の糖質摂取は控え、寝る2〜3時間前にプロテインを飲むととても効果的です。

ホエイプロテンのお求めはこちら

理想的な筋肉トレーニングとは

2015-06-30c

理想的な筋肉トレーニングを考えたとき、まず最初に重要視すべきなのは
トレーニングの頻度と休息時間の確保についてです。

一般的に筋肉はトレーニングによる負荷で
破壊と修復を繰り返すことによって成長し、進化していきます。

そして筋肉が破壊された後、
修復に掛かる時間はおよそ24時間~48時間ほどだと言われています。

そのため、一度でも筋肉トレーニングを行った後は
最低でも48時間は休息時間を設け、
二日ほど経ってからまたトレーニングを再開するのが望ましいと考えられています。

つまり、月曜日に筋肉トレーニングを行ったら火曜日と水曜日は完全休養に費やし、
筋肉に超回復の現象が起こるのを見守ることが大切です。

そして二日ほど置いてから木曜日にはトレーニングを再開し、
月曜に行ったトレーニングよりも少し強い負荷を筋肉に与える事で
効率よく筋肉を進化させていくことが可能となります。

木曜のトレーニングが終わったら次は金曜と土曜を休息時間に充て、
次のトレーニングは日曜に行う事になります。

このように二日置きのトレーニングを繰り返す事で
理想的な筋肉のバルクアップが可能となります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ