クーラー病が不整脈を引き起こしてしまう場合があるって知ってた?

2015-07-19a

暑い夏が来ると暑さを我慢することができずに、
どうしてもクーラーに頼りっきりの生活になってしまいます。

夏で外が暑いのに体を冷やしてばかりいると、
クーラー病になってしまう場合があります。

クーラー病は不整脈を起こす可能性もあるのです。
クーラー病と不整脈のつながりについてお話します。

<Sponsored Link>

クーラー病の症状は?

2015-07-19b

外は暑く部屋の中は冷たい、こうした状況において
激しい温度変化にさらされることにより、肩こり頭痛などが起きてしまう場合があります。

これをクーラー病と呼びます。
仕事でオフィスに居続ける機会が多い女性は、
特にクーラー病にならないように気を付けなければなりません。

冷え性になる女性が多いのと同様に、
クーラー病もまた女性がかかりやすい病気といえます。

主な症状は頭痛、腰痛、肩こり、疲労感、食欲不振、むくみなどにあらわれます。

クーラー病の原因は室温が5度以上の差がある場所にいたため、
自律神経が対応しきれなくなり体温調節ができなくなることから起こります。

クーラーの効いた部屋にいると交感神経が活発に働きます。
リラックスするために外に出たりする時には副交感神経が働きます。

気温差が5度以上になると体温調節を行う副交感神経が
ついていけなくなってしまうのです。

こうした状況を繰り返すことにより、バランスが崩れてクーラー病になるのです。

不整脈とは?

不整脈は簡単に言えば脈が一定でなく不規則になってしまうことを言います。
原因は様々ありますが、心臓内の病気である可能性もあるので
不整脈が生じてしまったら病院で受診することをオススメします。

この不整脈がクーラー病によって引き起こされてしまう可能性もあります。
クーラー病の症状は肩こりや頭痛などですが、
この症状は血液循環が悪くなっても起こるものです。

血流が悪くなると体に必要な酸素を運べなくなるため、
脈が頻繁になって補おうとするのです。

これは血液中の水分が足りなくなった時にも同じように起こります。
クーラー病になるとこうした血液の循環が上手くできなくなってしまうため、
頭痛や肩こりが起きてしまうのです。

クーラー病を予防する

クーラー病にならないようにするためには、
外の温度と室内の温度差を5度以内に設定することです。

あまり冷たすぎてしまうと温度差が大きく生じてしまうため、
クーラー病になりやすくなってしまいます。

また自律神経の関係でクーラー病になってしまいやすいので、
水分はこまめに摂取するようにします。

たとえクーラーの効いた室内でも、少量の塩を加えた水分を摂ることで、
クーラー病による頭痛やめまいなどを予防することができます。

クーラー病で起こりやすい肩こりを放置していると、
関節痛や五十肩につながってしまいます。

予防するためには血行を良くする必要があります。


参照:楽天市場

オリーブオイルの成分には
関節痛などの原因となる炎症を抑える効果がありますので、
なるべく摂るようにしましょう。

オリーブオイルのお求めはこちら

またずっと同じ体勢で仕事をするのではなく、
時には席からはなれてストレッチするなどして、
肩こりが起こらないように血行を良くしましょう。

不整脈にならないようにクーラー病を予防する

2015-07-19c

不整脈は様々な病気の原因になる場合があります。
クーラー病になってしまうと、血行不良が起こり、
不整脈を起こしてしまう可能性があるのです。

自律神経が働きにくくなるためにかかってしまうクーラー病なので、
室内と室外の温度差を5度以内にして副交感神経が働きやすくします。

クーラーの効いた部屋でも水分を摂ることは大切です。
また血行を良くするために時々はストレッチなどをして、肩こりを防止しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ