電子タバコで肺への負担が減るってほんと?

2015-05-30a

タバコの有害性が叫ばれ、徐々に喫煙者が追いやられていく昨今ですが、
新しい電子タバコが話題を呼んでいます。

電子タバコとは煙の代わりに蒸気を吸い込んで楽しむタバコ製品です。
専用のリキッド(液体)を使用することから、仕組みはアロマディフューザーに近いイメージ。

この記事ではへの健康被害などの
電子タバコにあって普通のタバコにはないメリットを紹介します。

<Sponsored Link>

タバコと健康の関係

2015-05-30b

みなさんご存知の通り、タバコはタールアンモニアヒ素
アセトアルデヒドといった発がん性が謳われる成分や、
著しい健康被害が懸念される成分がふんだん含まれており、
健康面たけを考えれば、まさに百害あって一利なしという嗜好品です。

また、吸っている本人以外の周囲の人にも被害を及ぼしてしまいます。
世の喫煙所がどんどん少なくなる背景には、この副流煙の問題が大きいようです。

電子タバコのメリット

さて、そんな普通タバコですが、電子タバコの方がどうなのでしょうか。
電子タバコは天然のタバコの葉ではなく、
人工的に作られた専用の液体を使用するため、
その液体が作られる段階で、有害物質を除いているようです。

作っているメーカーによって異なりますが、
電子タバコのリキッドに含まれている体への有害性が疑われる成分はひとつだけ。

依存症になると言われているニコチンのみです。
天然のタバコの葉が含む有害な物質の数々を考えると、
肺へはもちろんのこと、体への影響自体が圧倒的に少ないといっていいでしょう。

ただし、日本国内ではニコチンの含まれるリキッドは
製造されていませんのでご注意ください。

ニコチンによる依存症

タバコをやめられないという人が悩むのがニコチン依存症です。
人間がなぜニコチンに依存してしまうかというと、
人間の脳にはニコチンが結合したときに快楽物質である
ドーパミンを放出する受容体があるためです。

ドーパミンは脳内麻薬とも言われる神経伝達物質で、
楽しいとき、熱中しているときなどに脳が発生させると言われています。

また、実際に麻薬にはドーパミンの発生を促す成分が含まれているのだとか。

ドーパミンが出ている状態は人間が気持ちがいいと感じる状態であるため、
機械的にドーパミンを出すことができるアイテムに人間は依存してしまうのですね。

ニコチンは電子タバコの成分でもありますが
当然、普通のタバコの成分でもあります。

普通のタバコに依存してしまうと発がん性物質などによる
健康被害を永続的に受けることになりますが、
有害物質を含まない電子タバコに依存した場合はどうなのでしょうか?

実は、電子タバコは発明されてから日が浅いため、
ニコチン”のみ”の長期依存が人体にどのような影響を及ぼすのかという研究結果が得られていません。

普通のタバコよりはかなり高い安全性が見込めるが、
はっきりとしたことはまだ言えない、という状態です。

海外などからニコチン入りの電子タバコのリキッドを購入する際には、
そういった部分にも留意しておく必要があるでしょう。

いろんなフレーバーがある!電子タバコの楽しみ方

普通のタバコにもフレーバーがあるように、
電子タバコにもフレーバーがあります。

また電子タバコは普通のタバコに含まれる有害な成分を含まず、
おいしいフレーバーだけを楽しむことができるので、
口さみしいというだけでタバコを選んでいたり、
あえて軽いものを吸っているという方は電子タバコに切り替えるといいかもしれません。

ミントフレーバーやさまざまなフルーツのフレーバー、コーヒー、
ウイスキーなどのほか、なんとレッドブル風味というのまであるんですよ!


参照:http://item.rakuten.co.jp/

電子タバコ初期費用は大体4000円くらい。
この4000円には何種類かのリキッドが含まれることが多いです。

ちなみに電子タバコのリキッド一本で普通のタバコ400?600本程度吸えるので
普通のタバコを1ヶ月吸い続ける時の費用を考えるとかなりお得ですよね。

電子タバコのお求めはこちら

電子タバコ

2015-05-30c

主にへの影響や健康面のお話をしましたが、
タバコに税金がどんどんかかる今、電子タバコは喫煙者の救世主かもしれません。

日本での普及はまだまだですが、
お得ですし、国内に専門ショップもあるので、
興味のある方はぜひチャレンジをおすすめします!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ