電子タバコにも副作用がある?怖いホルムアルデヒドの正体とは?

2015-04-19a

健康のためにタバコを止めようと考えている人は必見!
禁煙グッズの定番となりつつ電子タバコには怖い副作用があるって本当!?

一部の電子タバコに秘められた怖い副作用と
健康への影響について徹底的に解説します!

電子タバコの安全性やその構造についての知識を深めよう。
副作用の影響を受けない為にはどうすれば良いのかを紹介!

<Sponsored Link>

 電子タバコに含まれる有害物質

2015-04-19b

健康志向の高まりから禁煙ブームが到来した現代の日本では、
実にさまざまな禁煙グッズが販売されるようになってきています。

その中でもひと際、存在感を放っているのが電子タバコです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

電子タバコは香りや味が付いた液体を電気の熱によって気化させ、
発生した蒸気を煙に見立てて吸い込むというシンプルな構造の禁煙グッズとなっています。

一昔前まではポピュラーな禁煙グッズとして
禁煙パイポなどがブームになった時期もありましたが、
禁煙パイポの場合はフレーバーは楽しめますが煙が出ないので
タバコを吸っている感覚が乏しく禁煙効果については
あまり期待出来ないというのが正直なところだったように思います。

しかし、電子タバコは香りや味だけでなく煙までも楽しめるため、
タバコの擬似体験が可能だという点で一定の禁煙効果が期待できます。

ただ、最近の研究では一部のメーカーが販売する電子タバコの中に
ホルムアルデヒドと呼ばれる発がん性物質が
大量に含まれているという報告も見られ、有害物質による健康への影響が懸念されています。

ちなみにこのホルムアルデヒドと呼ばれる物質は、
電子タバコの種類によってはその蒸気中に通常のタバコの
10倍以上もの量が含まれているというデータも見られます。

また、電子タバコ発祥の地としても知られるアメリカ合衆国では、
電子タバコが原因とみられる呼吸器疾患
心血管障害などの健康被害が急増しており、
電子タバコに含まれる有害物質による健康への影響が懸念されています。

電子タバコのお求めはこちら

電子タバコの副作用とは

近年、電子タバコが普及したことによって
禁煙に成功した人が急速に増え、電子タバコの禁煙効果にも注目が集まるようになってきています。

しかし、その反面でアメリカ合衆国の食品医薬品局の報告では、
一部のメーカーが販売する電子タバコの中には発ガン性物質だけでなく、
健康に深刻な被害をもたらす可能性のある毒性物質が
数多く含まれているという指摘がなされています。

また、世界保健機関(通称WHO)は若者が電子タバコを使用する事によって
ニコチン依存症や喫煙に向かわせるキッカケとなるリスクへの懸念を最近になって表明したばかりです。

つまり、電子タバコには発がん性物質だけでなく、
怖い副作用や健康被害に繋がる恐れのある毒性物質が
数多く含まれている可能性があるため、
電子タバコの使用には十分に注意する必要があります。

電子タバコを使用する事によって引き起こされる副作用を挙げるとするなら、
最大の副作用はガンへのリスクが増大することです。

しかしガンへのリスクを増大させる為にはかなりの期間、
電子タバコを吸い続ける必要があります。

そのため、電子タバコの使用を続けている人は
ガンへのリスクを低下させるためにも早期に禁煙を成功させて電子タバコの使用を止める事が大切です。

電子タバコの安全性について

2015-04-19c

禁煙ブームの到来と共に日本国内でも急速に広まっていった電子タバコですが
その安全性についてはこれまで深く追求される事はほとんど無かったように思います。

しかし、電子タバコ発祥の地としても知られるアメリカの研究機関からの報告によると
一部のメーカーが販売する電子タバコには発がん性物質をはじめ、
怖い副作用や人体に有害な多くの毒性物質が含まれており、
長期間の使用を続ける事によって健康に重大な被害をもたらす可能性があるとの指摘がなされています。

そのため、電子タバコの水蒸気は必ずしも安全とは言えないばかりか、
選ぶ電子タバコによってはガンや呼吸器疾患を発症するリスクを高める事に繋がる恐れがあります。

もちろん、メーカーによってはまったく無害の成分だけを使用している製品もあるので
電子タバコを購入する際は事前のリサーチを入念に行っておくことが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ