ドライノーズはオロナインで乾燥対策できるって本当?

2015-08-14a

鼻の中が乾燥することで多くのトラブルが引き起こされます。
その中の一つとしてドライノーズがありますが、
ドライノーズを改善する方法や解決策を詳しく解説しています。

正しい対処法や対策を覚えておくことで、
ドライノーズになる確率を大幅に減らすことが可能となります。

<Sponsored Link>

ドライノーズってどんな症状かチェックしよう!

2015-08-14b

乾燥しやすい冬の時期はドライノーズという症状が出やすくなります。
ドライノーズというのは空気が乾燥することで鼻の中が乾燥してしまい、
それによりむずむずした感じが常に残り、
鼻水が出ないにも関わらず鼻をかみたくなったりする症状のことを言います。

ドライノーズは別名で「乾燥性鼻炎」と呼び、
乾燥を感じるだけでなく小さな痛みを感じることもあります。
症状が進行してしまうと炎症が悪化したり、出血しやすくなるなどの原因になります。

ドライノーズが危険な理由は、鼻の粘膜が乾燥してしまうことによって
ウィルスや細菌を鼻の中で退治できないことにあります。

つまりフィルターが無いので
そのまま体内にウィルスや細菌が侵攻しやすくなってしまいます。

免疫力が下がっている場合などはこれが原因で
風邪や感染症になるケースもあるので注意が必要になります。
他にもウィルスや細菌などが喉に悪影響を与えてしまうこともあります。

ドライノーズは高齢者の方や、
小さな乳幼児の場合は重症なことになるケースもあるので注意が必要です。

ドライノーズの効果的な対策をチェックしよう

効果的な対策で最も意味があるものは「マスク」を着用することです。
マスクによってウィルス感染を防ぐだけでなく、
口や鼻を保湿させる効果もあるので、一石二鳥です。

マスクを使わない場合は、保湿された空間で過ごすようにしましょう。
冬の時期の場合は特に乾燥しやすいことが
ドライノーズを引き起こしやすくなるので、湿度を高めて保湿するように心がけましょう。

湿度に気をつけておくことでドライノーズを防ぐことが出来ます。

ドライノーズを治療するにはどうしたらいい?

ドライノーズを治療するにはワセリンを使ったり、
ドライノーズ専用治療薬スプレーなどを使うことも推奨されています。

他には変わった方法としてオロナインを使うことでも
効果があるという方もいますが、
とりあえずポイントは鼻の中を保湿させることが大切です。

どの治療薬を使った場合でも「保湿」できていなければ
ドライノーズの症状を防ぐことが出来ません。

必ず「加湿」をして湿度に気をつけてください。
その上で治療薬を使うことがポイントです。

外出する際は空気が乾燥しやすいので、
保湿マスクなどを使うと症状を回復させやすくなります。

ドライノーズの症状があまりにも長く続き、
市販の治療薬では解決できないという場合は
直ぐに耳鼻科で診断してもらいましょう。

耳鼻科でも「保湿」をする治療がされますが、
医師の診断を受けることが早期解決に繋がります。

ドライノーズの治療にワセリンを使うと良い?

ドライノーズにはワセリンを使って治療をするケースが多いです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

その理由はワセリンには油分の膜をはり、
水分を一定に保つ働きがあるからです。(水分の蒸発を防ぐ作用)

これにより、粘膜の乾燥、皮膚の乾燥を防ぎ、
症状を回復させやすくなります。

オロナインなどを使うことも効果的だといわれているのは
同様の効果があるからです。

粘膜を保護し、外部の刺激を受けにくくする作用があることで
ドライノーズの症状を鎮めやすくなります。

白色ワセリンのお求めはこちら

ドライノーズは根本的な治療が大切

2015-08-14c

ドライノーズの症状は治療薬だけでは絶対に解決しません。
その為、必ず根本的に「保湿」をすることが重要になってきます。

また、乾燥した空間で過ごさない工夫を行うことで
症状を早く回復させることが出来ます。

水分摂取も重要になるので、保湿を中心とした対策を行いながら
治療薬やワセリンなどを使ってケアをすることで
ドライノーズの症状を抑えることが出来ます。

人によってはワセリンなどを使うことでかゆみや他のトラブルを引き起こすケースもあるので十分注意して使いましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ