減量やダイエットでリバウンドしない方法は?

2015-07-28a

ダイエット減量をしようと思っても、
色々な情報が錯綜としていてどれが正しい情報なのか分かり難いところがあります。

ダイエットや減量の目的は、
ただ単に体重を落としていくというだけではありません。

体重だけが目標に達すればそれで終わりとしてしまったら、
リバウンドしても当たり前です。

リバウンドせずに体型をキープするためのダイエット方法はどのようなものなのでしょうか。

<Sponsored Link>

失敗するダイエットとは

2015-07-28b

失敗しやすいダイエット方法としてあげられるのは、
食事制限のダイエットといえます。

カロリーは食事で摂取したものよりも
運動エネルギーで使われるものの方が多ければ、脂肪として蓄積されないはず。

そういった考え方からそれならば
摂取カロリーを少なくすればいいという考え方が、
食事制限のダイエット方法になってしまいます。

今までいっぱい食べていたのであれば、
それを減らすことで減量することはできます。

しかし、ある程度体重が減ったところで、
これ以上減らなくなってしまう時期が出るのです。

これが俗にいう停滞期です。
食事制限ダイエットは食事制限をやめてしまえば、
元に戻るどころか更に太ってしまう場合が多いのです。

体型や体重をキープするためには、
食事制限ではなく自分の生活全体を見直す必要があるのです。

失敗しないダイエット方法

体重を減らすダイエットですが、
減量の仕方により減少していくところに違いが生じます。

食事制限のみのダイエットは脂肪量は減少しますが、
筋肉や骨にも影響が出てそちらも減少していきます。

運動をすることだけを行うダイエットは、脂肪量は減少しますが
筋力は増してしまうため、体重は増えてしまう場合があります。

ですから理想的なダイエットは食事の方法を見直し、
運動もするダイエット方法といえます。

筋力をアップさせることは
筋肉の重さが加わるために体重は増えてしまいます。

しかし、筋肉を増やすことで動いていない状態でも
体がカロリーを消費している状態になり、結果的に太りにくい体になるのです。

リバウンドをしないようにするためには、
体重の減らし方も急激に減らないようにした方が良いようです。

リバウンドしない減量の目安は、1カ月に1㎏といわれています。
減量をする際に無理をしないように進めていくことで、
ほんの少しずつでも理想の体型に近づけるようになるのです。

有酸素運動はダイエットにオススメ

有酸素運動はゆっくりとした動きで長時間行うことができるため、
あまり運動をしたことのない人にもおすすめのダイエットのための運動です。

有酸素運動はジョギングやウォーキング、水泳や自転車などがこれに当たります。

有酸素運動は無酸素運動よりもよりエネルギーを必要とした運動ですから、
一定以上の運動を行うことで血液内に含まれるエネルギーは
元より体の中に蓄積されているエネルギーを使用します。

減量のために行う有酸素運動の時間は20分以上といわれています。
これは20分以内だと使われるエネルギーが血液中にあるものだけになってしまうため、減量にはならないからです。

体に影響が出始めるくらいの運動が、
20分以上続けることによって起こるのです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

雨の日にできることがなく、何もしないとか
そもそも外で運動するのが苦手な場合は
自宅でのフィットネスグッズを揃えるといいでしょう。
これなら時間のないあなたでも、歯磨きをしている間にできますよね。
エアロバイクのお求めはこちら

しかし、無理をしないことが一番大切といえます。
無理をして3日坊主で終わってしまうよりは、
無理をせずに長く続けていけることがダイエットのみならず健康のためにも良いといえます。

ダイエットや減量のためには続けられることをしよう

2015-07-28c

ダイエット減量というと食事制限が頭に浮かびますが、
これだけを行ってしまうと食事制限をやめた時にリバウンドしてしまいます。

リバウンドしないためには、
食生活の見直しとともに運動をして代謝を高めることです。

急激な減量は体を壊す可能性もある上、リバウンドの危険性もあります。
リバウンドしないダイエットのためには、
1カ月に1キロくらいずつ落としていくことが望ましいといえます。

毎日続けることができる有酸素運動を20分以上続け、
過剰に食事を摂らないように注意して減量と健康に気を配りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ