減量には筋肉維持することが大事って本当?

2015-06-16a

あなたは以前に減量、ダイエットをしたとき、
脂肪と一緒に筋肉も落ちたのではないか、
と感じたことはなかったでしょうか。

減量、ダイエットの方法によっては、筋肉維持できないこともあるのです。
そして、筋肉が落ちることになると、さまざまな弊害も生まれることにもなります。

しかしながら、ダイエットの食事方法を変えるだけで、
筋肉を落とさずに脂肪だけを落とすこともできるのです。

今回はその方法についてご説明していきます。

<Sponsored Link>

減量での注意点

2015-06-16b

あなたもご存知の通りであると思いますが、
減量する方法とは、ただ脂肪を落とすことですよね。

その脂肪を落とすことがやはり大変なのです。
脂肪率が高いと体に負担をかけますが、
一気に体重を落とすことも同様に体に悪影響を与えてしまうのです。

短期間での大幅な体重の減少は筋肉を落とすことにもつながってしまいます。

ダイエットでは、手始めに食事量、
カロリーを減らすことを行われるかと思います。

それは主に低カロリーの食品を摂取したり、
炭水化物を減らすなどの方法があります。

しかしながら、単純に食事量を減らすと、空腹感が生まれますので、
それを防ぐためにも満腹感を得ることのできる食物繊維を摂取すると良いでしょう。

以上のようなダイエットの方法が一般的に行われていると思いますが、
それぞれの炭水化物などの栄養素を正しく摂取できていないと、
脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまうのです。

筋肉が落ちてしまうと、新陳代謝も悪くなり、
痩せにくい体が作られてしまいます。

この筋肉が落ちる原因については次項でご説明します。

筋肉維持するための減量方法

ダイエットをする際に筋肉が落ちてしまう原因は
体内のタンパク質が分解されるからです。

なぜタンパク質が分解されるのかというと、
炭水化物の摂取量が不足しているからです。

炭水化物は体内でエネルギーを作るのに必要であり、
それが不足することになると、炭水化物の代わりにタンパク質から
エネルギーが作られることになるのです。

それゆえに、炭水化物を控えてダイエットする場合も、
炭水化物を全く摂取しないことは避けるようにして、
炭水化物の摂取量にも注意することが大事になってきます。

このようにダイエットでは、
筋肉が分解されないように気をつけないといけませんが、
食事を見直すことで改善できることもあります。

それは前述した炭水化物の摂取に加えて、
筋肉を作るのに必要なタンパク質をしっかりと摂取することです。

その上で筋トレ有酸素運動を行うようにしましょう。
筋肉を落とさないことだけに注視せず、
筋肉を作ることにも意識を置いて、ダイエットに取り組むようにして下さい。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

また、ダイエット時に筋肉を落とさないための方法として、
グルタミンというサプリメントを摂取することも考えてみてはいかがですか。

このグルタミンは筋肉の分解を防ぐ効果があり、補助的に摂取しても良いでしょう。

グルタミンサプリのお求めはこちら

おわりに

2015-06-16c

いかがでしたでしょうか。ダイエットはいろいろと計画を立て、
始められるものだと思います。

しかしながら、その計画通りに進むことはあまりないでしょう。
当然ダイエットは体に関係することであり、
そして、個人差も考えられるので、あらかじめダイエットについて調べていても、
自分自身に合わなかったりするかもしれません。

今回は減量時に筋肉を落とさず
筋肉維持する方法についてご説明してきました。

筋肉が落ちると基礎代謝が悪くなるので、痩せにくい体になります。
そうすると、ダイエットの効果が薄れることももちろん考えられます。

それを防ぐためにも、
タンパク質の摂取や炭水化物が不足しないように注意して下さい。

また、しっかりと結果が出るように、
ダイエットを継続する意志が必要なことを忘れないようにして下さいね。

これから夏に向けて痩せようとするのなら、
いきなり大きな目標を立てずに、小さな目標を立て、
少しずつ減量するようにして下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ