減量しながら筋肉維持するための方法とは?

2015-07-26a

引き締まった体、脱いでもカッコイイ体になるためには、
脂肪を少なくして筋肉を維持する必要があります。

しかし、適当なダイエットを行うと体重を落としていく際に、
筋肉も落ちてしまいます。

引き締まった体になるためには、
どのようにしたら筋肉維持をしながら減量することができるのでしょうか。
引き締めダイエット方法をご説明しましょう。

<Sponsored Link>

筋肉が落ちてしまうダイエット

2015-07-26b

ダイエットを行っている時に、
肝心の筋肉が落ちてしまってはせっかくの減量にも意味がありません。

どうしてダイエットをすると筋肉維持ができないのでしょうか。
ダイエットと聞くと、頭に思い浮かぶのは食事制限でしょう。

食事制限は一番手っ取り早いダイエット方法といえます。
今まで摂っていたカロリーを全くなくしてしまうということは、
それだけ体内の脂肪を糖分に変換しなければならないからです。

炭水化物を制限するダイエット方法は、
体が必要としている量の糖質まで制限してしまうことに他なりません。

脳を働かせるのに必要な糖質は、
外から入ってこなければ筋肉を分解して糖を作りだそうとします。

当然筋肉は衰え、頭痛がしたり体にも悪影響を与えてしまうのです。
筋肉が落ちてしまう理由は、こうした無理な食事制限のダイエットによるものが多いのです。

筋肉維持のダイエット

減量をする時に筋肉を維持した方が良い理由は、
その方が基礎代謝が上がるからです。

基礎代謝は無理して運動をしなくてもエネルギーを使う、
ダイエットにとってはありがたい状態です。

筋肉は活動する時に脂肪や糖質を使うので、
筋肉が減ってしまうことでこれらの消費も減ってしまうことになります。

筋肉を維持していれば、
たとえ寝ているだけでもエネルギーが消費されていくのです。

筋肉を落としたダイエットは、より太りやすい体質になってしまうのです。
食事制限をしたいのであれば、
バランスの良い食事を摂り、間食をしないようにしましょう。

摂取するカロリーと消費するカロリーが等々、
もしくは消費カロリーが多ければ太ることはありません。

筋肉維持のためにはタンパク質は欠かせない栄養素といえます。
ただし食べすぎてしまうと、減量の効果もなくなってしまうので気を付けましょう。

筋肉維持の運動を続ける

たんぱく質を摂りながら、筋肉を落とさないように運動をしましょう。
筋肉を落とさないためには、やはり筋トレが必要になります。

また筋肉に充分に酸素を送るための有酸素運動も効果的です。
自宅で簡単にできる腹筋や、スクワットなどが効果的です。

筋肉維持のためには、こうした筋肉のための
トレーニングを続けることが大切になります。

筋肉は使わないと落ちてしまうものです。
なるべく毎日使って、筋肉を維持してください。

毎日の通勤の際にもエスカレーターを使わずに階段を使ったり、
座らずに吊り革を使ったりして筋肉を使う機会を増やしましょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

有酸素運動も踏み台昇降をしてみるとか、
早朝のウォーキングやジョギングなどリフレッシュも兼ねて行ってみるのも良いでしょう。
自宅にひとつでもフィトネスグッズがあれば、
雨の日でも十分な運動ができそうですね。
踏み台昇降 ステップ台のお求めはこちら

少し筋肉痛が残るくらいの運動が、筋肉維持には欠かせません。

減量時の筋肉維持の必要性

2015-07-26c

減量を行う際に無理なダイエットをしてしまうと、筋肉が減ってしまいます。
筋肉が減ってしまうと基礎代謝も減ってしまい、減量しにくい体になってしまうのです。

引き締まった体のまま体重を落としていきたいのであれば、
筋肉維持は大切なものになります。

食事制限も無理に行わず、たんぱく質もしっかりと摂り、
バランスの良い食事を心掛けて下さい。

また、筋肉維持のためには筋トレも欠かさずに行い、
現在の筋力を維持するようにします。

そうすることで自然と減量ができる体を作り上げることができるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ