減量のメカニズムを知れば何故絞れるのかが分かる!正しい方法が決め手!

2015-08-11a

減量は闇雲に行っていいものではありません。
減量とダイエットを誤解している人たちもいますが、
間違った方法は太る原因を作ることにもなるので注意が必要です。

減量の正しい方法と何故痩せれるのかを詳しく解説しています。
間違った減量をおこなわないためにも正しいやり方をご紹介します。

<Sponsored Link>

正しい減量とはいったいどういうこと?

2015-08-11b

これは良く誤解されているケースなのですが、
日本人はストイックにトレーニングや筋トレやダイエットをすることが
美学とされていることで間違った認識が浸透してしまっていることが問題です。

本来「ダイエット」は正しく痩せるものであり、
「減量」はボクシングや階級スポーツなどの
体重差のハンデをなるべく小さくする為に行っているものです。

テレビやCMや漫画の影響で、減量をすることが
「食べないこと」だと思っている方もいるかもしれませんがそれは大きな間違いです。

最近は、多くのモデルや芸能人が「正しい減量(ダイエット)方法」を
紹介しているケースもあるので、昔と比べて
減量に対しての意識が大きく変わってきていますが、
それでも間違っている人はとても多いです。

分かりやすくまとめると、減量は「正しい方法」をしなければ
命や健康を損なうリスクがあることを理解しておきましょう。

正しい減量のメカニズムを理解しよう

体重や見た目を変化させるには
「食事の量=カロリー」をコントロールする必要があります。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

脂質と糖質を除いたタンパク質中心の食事にし、
カロリーをコントロールする方法もあります。
ささみプロテインバーの詳細はこちら

そして人間が何もしないでも1日に自動的に消費されるカロリーのことを
基礎代謝といいます(簡単にまとめると)

基礎代謝が高ければ高いほど、
沢山食事をしても自動的に太ることはありません。

逆に基礎代謝が低いのにも関わらず、
食事量が増えたり、一定な場合は必ず太ります。

これが減量のメカニズムとなっていて、もっと分かりやすい言葉で述べると
「基礎代謝さえあげれば痩せられる」ということです。

基礎代謝を高めるにはどうすればいい?

上記で基礎代謝さえ高めることが出来れば食事の量を少し工夫をするだけで
減量することが出来ると述べましたが、
基礎代謝を高めるには運動=筋トレが最も効果的で早いです。

筋トレをすると、自然と基礎代謝が高まり、
痩せやすい身体に変化するからです。
つまり、痩せたい人は性別を問わずに筋トレをしていけばいいということです。

ここで更なる誤解がありますが、筋トレをすると直ぐに太る、
身体が大きくなる、体重が重くなるという人がいますのでこちらも簡単にまとめておきます。

体脂肪よりも「筋肉」の方が重たいので勿論体重は増えます。
しかし、筋肉が増えることで基礎代謝が高まれば
自然に痩せることが出来るということです。

また、筋肉はトレーニング内容によって太くも引き締めることも可能なので
「身体が大きくなる」「直ぐに筋肉が付く」ということはありません。

ましてや筋トレをちょっとして直ぐに筋肉が付くということは絶対にないので
安心して下さい。(女性の方が特に勘違いしています)

自分のなりたい理想の体型を目指すには筋トレを行って減量をすれば
もっとも効率が良いということです。

何故勘違いが生まれるの?

2015-08-11c

ボクサーや柔道などの体重スポーツに限っては、
同じ体重にしなければならないということが何よりの目的なので
「健康面」は重要ではありません。
スポーツとして「公平」にする為に体重を同じにする必要があるからです。

運動している人たちは既に筋トレや激しいトレーニングをして
鍛えているのですが、それでも体重が落ちないケースがある場合は
「食事を抜く」しか選択肢がありません。

それを一般の人たちが見たり聞いたりすると、
減量は「食事を抜く・減らす」ことが正しい方法だと勘違いしているということです。

減量をするには運動と食事療法が
最も正しい方法だということを理解しておきましょう。

正しい方法で行わない場合は直ぐにリバウンドしやすい状態になるので
あまり意味がありません。

また、食事を抜くことによってホルモンバランスが乱れてしまい、
イライラしやすくなったり、疲れやすくなったりなどの症状が出てしまいます。

減量を行う際は必ず食事と運動を正しく行うことが大切だということを
覚えておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ