鼻づまりで耳が聞こえにくい!?鼻づまりはお茶を飲んで解消!?

m_251

花粉症や風邪を引いてして鼻水をかみすぎたり、
鼻づまりを無理矢理治そうとして「耳が聞こえにくい」や「なんだか耳が聞こえない」、
「耳栓をしてるようで違和感がある」などこのような症状があらわれたことはないですか?

今回は鼻づまりで耳がきこえにくいなどの理由と
鼻づまりを解消する方法としてお茶について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

鼻づまりで耳が聞こえにくいなどが起こる理由とは?

1e56bf73

花粉症や風邪で鼻づまりが起こると、
耳が聞こえにくいなどの症状があらわれることがあります。

鼻づまりは鼻の粘膜が腫れている状態なのですが、
鼻腔だけではなく耳管と鼻が繋がっている場所も腫れてしまう場合があるのです。
この場所は耳から空気が入ったり出たりする場所なので、
ここの通気性が悪くなると、耳がこもってしまいと聞こえにくいなどの症状があらわれるようです。

耳が聞こえにくいなどの状態が続くと、とても不快で早く聞こえるようにしたいものなのですが、
正しい対処法はそのまま放置しておくことなのです。
しばらく様子を見るようにして治らなければ耳鼻科へ行くようにして、治ればそのままで大丈夫です。

鼻づまりで起こる耳が聞こえにくいなどの異変はほとんどの場合、
花粉症や風邪が治ると同時に改善されていきます。

しかしながら、早く治そうとして下手に耳抜きなどをしてしまうと、
耳管狭窄症という耳の病気の原因にもなってしまうので、
素人判断で適当な対処はしないほうが良いのです。
あまりにも不快で気になるようであれば、耳鼻科へ行くようにしましょう。

また、鼻づまりが治ったにも関わらず耳が聞こえにくいなどの状態が続く場合、
侵漏性中耳炎耳管狭窄症を発症している可能性があるので、
早めに専門医の診察を受けるようにしましょう。

悪化してしてしまうと、鼓膜が振動しづらくなったり、
慢性的な難聴めまい耳鳴りなどの症状もあらわれ始め、
こうなってしまうと治療も大掛かりなものになってしまい、
最悪の場合耳が聞こえなくなることもあるのです。

侵漏性中耳炎

侵漏性中耳炎は、鼻水が耳まで伝わり、中耳で炎症を起こす病気です。
耳の鼓膜に水が貯まってしまうので、痛みを感じたり熱が出たりします。

耳官狭窄症

耳官狭窄症は、鼻水のかみすぎが原因で、耳の内耳に圧力がかかり炎症を起こす病気です。
炎症を起こしてしまうと、耳の中の圧力を調整する機能が衰えてしまい、
耳が聞こえにくいなどの原因になってしまいます。
耳の奥で違和感はあるですが、熱や痛みは無いのが特徴です。

たんに鼻づまりと思うかもしれないのですが、鼻がつまることで耳の中の空気圧が変わり、
鼓膜がピンと張った状態になるのです。
ですから、そのまま放置すると侵漏性中耳炎や耳管狭窄症、難聴、
そして最悪の場合二度と音が聞こえなくなることもあるようなので、
異変が続くようであれば病院に行くことをおススメします。

鼻づまりはお茶を飲むと解消するってホント!?

鼻づまりがひどいときに熱いお茶を飲むと鼻づまりが改善されることがあるのですが、
これはお茶にそのような成分が含まれているわけではなく、
ただ温かい湯気を鼻から吸い込んだからです。

鼻から温かい湯気を吸い込むことで自律神経のバランスが整えられ、
鼻の粘膜の腫れが収まる
のです。

温かい湯気は喉や鼻の乾燥を防ぐ働きもあるので、
鼻水が出やすい状態になって粘膜の乾燥が防ぎ、
鼻づまりが解消されるというわけです。

しかしながら、場合によっては逆に鼻がつまってしまうこともあるようです。
自律神経がコントロールを失っているときに鼻を温めてしまうと、
交感神経から副交感神経にバランスが急に傾いてしまい、
血管が広がって血流が良くなりすぎてしまうので逆に鼻づまりになってしまうのです。

ですから、緊張しているときや寒い場所にいた場合は急に鼻を温めるのではなく、
少しずつゆっくりとリラックスした状態にしなければいけません。
寒いときに温かいお茶を飲むと急に鼻が詰まってしまうようであれば、
これは上記のような自律神経のバランスが原因です。

また、鼻づまりを解消するための成分が含まれているお茶もいろいろと販売されています。
えぞ式すーすー茶というお茶は赤紫蘇やクマザサ、甜茶といった成分が含まれており、
花粉症や鼻づまりに効果抜群と言われています。

すーすー茶の詳細はこちら

特に甜茶は昔から鼻づまりに効果があると言われているので、
鼻のトラブルにはとても効果を期待できそうです。

甜茶の詳細はこちら

そして、なたまめ茶というお茶も鼻づまりに効果があるようです。
特に蓄膿症に効果があるみたいで、数ヶ月飲み続けて治ったという人いるようなのですが、
お茶は薬ではないのでやはり蓄膿症になった場合は薬を服用した方が良いと思います。

蓄膿症に良い食べ物や悪い食べ物は?お茶は効果的なの?

いくらお茶が鼻づまりの解消に効果があるといっても、
あくまでも補助的な立ち位置で飲むことをおススメします。

お茶は薬ではないので効果は保証されてないですし、
治すのではなく一時的に鼻づまりを解消して抑えているだけということもあるので、
長い間鼻づまりに悩まされているのであれば、お茶などの健康食品に頼るのではなく、
きちんと薬を服用した方がよいでしょう。

まとめ

最後になりますが、鼻づまりによる耳が聞こえにくいなどの症状は
ほとんどの場合はそのまま放置していても大丈夫なようですです。

少しの間様子を見て、鼻づまりが改善されたにも関わらず
耳の異変があまりにも改善されないという場合は、
他の病気を併発している恐れがあるので注意するようにしましょう。

そして、鼻づまりを解消するためにお茶は効果があるようなのですが、
あくまで一時的に鼻づまりを解消するための補助的なものとしてとらえるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ