鼻づまりに頭痛や歯痛・・・副鼻腔炎かもしれないってホント!?

20140121165517

鼻づまりに頭痛や歯痛という症状が続く場合、副鼻腔炎という病気の可能性があるようです。

副鼻腔炎とは、いったいどのような病気なのでしょうか? 蓄膿症とは別物なのでしょうか??

ここでは鼻づまりに頭痛や歯痛などがあらわれる副鼻腔炎はどんな病気なのかや副鼻腔炎と蓄膿症の違い、そして蓄膿症の治療にについて詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

鼻づまりに頭痛や歯痛などがあらわれる副鼻腔炎とは?

m35795

例えば、花粉症や風邪などが治った後も鼻づまりが長引いたり鼻水がなんかいつもと違う感じがすれば、すぐに副鼻腔炎の可能性を疑うようにしましょう。

特に鼻水に関しては、膿のように黄色がかったり、緑がかった鼻水などの症状は、もはやただの鼻炎ではなく、副鼻腔炎の可能性があるのです。

また、鼻の奥を中心に、頭痛歯痛など顔のいろいろな場所にに痛みを伴うのが副鼻腔炎の特徴です。

これは鼻腔や副鼻腔に炎症が起こることで空気の通り道が閉塞した状態になり、空洞内の空気が血流に吸収されて内部の圧力が低下してしまうことで痛みを感じるのです。

もしひどい頭痛がするようであれば、額まわりの脳へとつながる前頭洞に菌やウイルスが入り込んでしまっている恐れが高く、そのまま放置しておくことはとても危険です。

副鼻腔炎と蓄膿症の違い

副鼻腔炎は、蓄膿(ちくのう)症と言われることもあります。しかしながら、厳密に言うと副鼻腔炎と蓄膿症は必ずしも同じ症状とは限らないのです。

一般的に慢性化した副鼻腔炎のことを蓄膿症と呼ぶことが多いのですが、蓄膿症は副鼻腔炎で起こる「1つの症状」ともいえるでしょう。

慢性化した副鼻腔炎=蓄膿症

蓄膿症とは、副鼻腔の中に膿がたまる病気のことです。鼻から出てくる膿の混じった緑や黄色っぽい鼻水、鼻づまり、鼻からの悪臭、頭痛などが典型的な症状で、ひどい場合は記憶力や注意力が低下してしまうこともあるようです。

鼻づまりは耳鳴りの原因になる!?鼻づまりを解消する5つの方法とは?

副鼻腔炎は急性の場合はまだ副鼻腔に膿がたまっていないこともあるので、必ずしも蓄膿症だということはできないのですが、進行して慢性化した場合は蓄膿症なっているといえます。

したがって、蓄膿症になってしまう前にきちんと治療を始めることが大切なのです。

副鼻腔炎が慢性化するまでのプロセス

慢性副鼻腔炎も初めは急性副鼻腔炎から始まり、まずは風邪などがきっかけで副鼻腔に炎症が起こることで始まります。

この急性副鼻腔炎のときにきちんと治療せずそのまま放置してしまうとが発生するのですが、鼻腔への通り道が塞がれているので自然には排出されず、どんどん鼻腔の中に膿がたまっていくことで慢性化してしまうのです。

副鼻腔の粘膜が腫れてぶ厚くなってしまうと、キノコ状のポリープができることもあるのでさらに鼻づまりが悪化してしまい、最終的には手術によってポリープを切除しなくてはいけないこともあります。

風邪の症状として鼻水や鼻づまりはよく見られるので、ただの風邪だと思い病院へ行かないケースがとても多い用なのですがそのまま放置していると、どんどん鼻水に粘り気が増し、やがて喉にひっかかる後鼻漏のようになってきます。

風邪が治ってから少なくとも数週間、鼻水や鼻づまりの鼻の症状が改善されない場合は、早めに病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

蓄膿症の治療とは?

蓄膿症の治療と言っても、経験者以外はいったいどんな治療を行うのかわからないという方も多いと思います。

また、蓄膿症の治療は手術をするというイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?

実際のところ、蓄膿症の治療は症状や進行具合によって治療法が変わってくるのです。

蓄膿症による吐き気やめまいのなぜ起こるの?治療法は?

慢性化していない蓄膿症の場合

慢性化していない蓄膿症の治療としては、基本的にを使った治療になります。慢性化や重症化していない蓄膿症は、本格的な手術を行う必要は少なく、薬を服用することで治ってしまうことがほとんどのようです。

そして、治療期間も長期化しにくく、数週間から数ヶ月ぐらいで治ります。

慢性化していない蓄膿症の治療を行うときの手術と言っても、
鼻水や膿の吸引といった簡易的なものが多いようです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

軽い症状であれば市販薬でも改善される場合もあります。
一度試してみて、効かないようであれば慢性化している可能性があるので病院でみてもらいましょう。

チクナイン錠のお求めはこちら

慢性的な蓄膿症の場合

慢性的な蓄膿症の場合、薬などによる治療が行われることもあるのですが、ほとんどの場合は手術が必要になってきます。

手術は変質した粘膜や骨、鼻ポリープの切除、骨格の矯正などといった本格的な手術が行われます。手術と入院期間が終わると、薬による治療を半年ぐらい行うことになります。

また、手術した後は1年ぐらいの間観察期間が必要となるので、経過を見てその後の対応を変えることになるのです。慢性化した蓄膿症が完治するまでには時間がかかり、半年~1年ぐらいで完治するケースもあれば、数年間治療を行うことでやっと完治したというケースもあるようです。

蓄膿症に良い食べ物や悪い食べ物は?お茶は効果的なの?

まとめ

最後になりますが、鼻づまりに頭痛や歯痛といった症状があらわれる場合、副鼻腔炎の可能性を疑うようにしましょう。

そして、副鼻腔炎は慢性化してしまうと蓄膿症になり、手術をしなくてはいけない場合もあるので、風邪が治っても鼻水や鼻づまりなど鼻の違和感が続くようであれば早めに病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ