ヒートショックは露天風呂での発症率が高い!危険性をチェック!

2015-08-20b

季節に関係なく身体に大きな温度変化を与えることで
ヒートショックという症状がおきやすくなります。

このヒートショックとは、最悪脳卒中や心筋梗塞などの
重症な症状を引き起こす恐れがある為、
ヒートショックが起きないような知識を身につけることが大切です。

ヒートショックの原因や対策をご紹介しています。

<Sponsored Link>

ヒートショックはどういう症状かチェックしよう!

2015-08-20a

ヒートショックとは、急激な温度差によって
身体に大きな負担を与えることをいいます。

例えるなら、真夏の際に冷房が凄く利いている環境の中で過ごした後に
外に出るといった急激な温度差がある場合にヒートショックがおきやすくなります。

ヒートショックは急激な温度差によって血圧が激しく動き、
それによって心筋梗塞などの重症を発生させやすくなる症状のことなので、
冷房が利いた環境、入浴時などは注意が必要です。

ヒートショックの予防方法をチェックしよう!

ヒートショックの対策は
なるべく温度差をなくすという取り組みが最も効果的です。

冬の場合は脱衣所を保温しておくこと、
夏場の場合は冷房を少し高めに設定し、なるべく外気温との差を少なくすることです。

露天風呂などでも発生するケースが非常に多く、
ヒートショックによって失神しておぼれてしまったり、
急激な温度差によって心筋梗塞などが起きるケースも多いので注意しましょう。

入浴の際は、ゆっくりとシャワーで体温を整え、
その後入浴するようにしましょう。

心臓が弱い方ほどヒートショックが起きやすいので注意しましょう。
他には食事をしてから1時間以内の入浴を気をつけたり、
飲酒した際は少し休憩してから入浴をすることが大切です。

食事後、飲酒時は血圧が下がりやすくなるので、
よりヒートショックがおきやすくなります。
ヒートショックをおきない為にもこれらのことに注意しておきましょう。

温度は常に安定させることが大切

夏場の場合でも、冬場の入浴の際でも、
なるべく温度差がないように工夫するだけでヒートショックを起きにくくすることが出来ます。

部屋全体の温度を整えることや、
夏場は外気温との差をあまり開かせないようにしましょう。

高齢者がいるご家庭は特に注意が必要!

高齢者がいるご家庭の場合は、常に温度差に気を配ってください。
特に冬場のヒートショック症状が非常に多いです。

脱衣所の温度を温かくし、
入浴後に寒くならない、寒く感じないようにしておきましょう。
また、脱衣所だけでなく、トイレなどでも引き起こされる場合もあります。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

家全体で気を配ることは中々大変かもしれませんが、
高齢者がいるご家庭はヒートショックが起きやすいので
脱衣所やトイレなど温度差が生じやすい場所には
セラミックヒーターを置くなどして、ご家族の皆さんで監視・改善をすることが大切になってきます。

ミニセラミックヒーターのお求めはこちら

ヒートショックのまとめ

2015-08-20c

ヒートショックが発生しやすくなるので「10度以上の温度差がある場合」です。
つまり10度以上の温度差がなければヒートショックを防げるということです。

年齢や病気によっても
ヒートショックが起きやすい例も異なるのでまとめておきます。

年齢は高齢者の方がとても多いので注意してください。
持病のケースとしては、高血圧・糖尿病などをわずらっている場合は
血圧の上昇や低下によって死亡するリスクが圧倒的に高いので気をつけましょう。

他にも肥満傾向の方、不整脈の方もヒートショックの危険性があるので気をつけてください。

そして入浴のケースとしてですが、一番風呂が好きな方、
一人でお風呂に入られる方、飲酒後・飲食後に直ぐに入浴したがる方、
首までしっかりと入浴する方はヒートショックが起きやすいので、
身近な家族や関係者の方がこれらに該当する場合は
監視・注意・改善を促すことをオススメします。

ヒートショックの認知度は年々高まっているとはいえ、
高齢者と中高年の場合だと症状に対する認識が全く違います。
特に高齢者がいるご家庭の場合はより注意することが大切です。

高齢者でなくてもヒートショックは引き起こされるので、
何度もいいますが温度差がなるべくおきないような温度を維持することが
何よりも大切だということを覚えておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ