ホルモンの静電気によるバランスの乱れに要注意!たまり始めたら正しい対策を!

2015-09-02a

乾燥する時期は特に静電気が引き起こされやすくなりますが、
これが髪などで起こる場合は髪のダメージが進行している状態です。

静電気除去することも大切ですし、髪の毛に良い食事や対策を行うことが
綺麗な髪の毛をいつまでも保つポイントです。
正しい対策について細かく解説しています。

<Sponsored Link>

髪の毛は乾燥に弱い

2015-09-02b

髪の毛に静電気が引き起こされる場合は、髪が乾燥している状態です。
つまり髪の毛が乾燥し、さらに静電気が引き起こされると
多くのダメージを受けてしまいます。

ダメージが増えることで枝切れが増えたり、
髪の毛がぱさついてまとまりのない髪の毛になってしまいます。

静電気がおきないためには髪の毛をコーティングしよう

シャンプーやコンディショナーで髪の毛を洗浄して綺麗に保つと思いますが、
静電気がおきている場合は髪の毛を乾燥させないように、
洗い流さないトリートメントなどを使うことがオススメです。

洗い流さないトリートメントは薬局やドラッグストアで気軽に購入できるので、
簡単にケアを始めることが出来ます。

静電気がおきにくいブラシなどを使ってみよう


参照:http://item.rakuten.co.jp/

ブラシ(コーム)などは静電気がおきにくい木製を使うと良いでしょう。
こちらも簡単に購入することが出来るのでオススメです。

木製ブラシのお求めはこちら

静電気には濡れタオルが一番の防止グッズ!0円防止術!

ホルモンバランスが乱れていると大きなトラブルを生み出す

男性、女性どちらでも
ホルモンバランスが乱れていると様々なトラブルが出始めます。

疲れやすい、だるい、やる気がおきない、しんどい、イライラする、
情緒不安定、立ちくらみ、食欲不振、朝起きれないなどの症状があり、
日常生活に支障をきたす恐れがあります。

ホルモンバラスの乱れは美容面でも大きく関係していて、
乱れることによって肌トラブルが起きたり、抜け毛が増えたり、
しみしわが目立つようになったりなどがあります。

これらの症状を防ぐためにも、
ホルモンバランスを常に安定させることが何よりも大切です。

ホルモンバランスを安定させるにはどうすればいい?

女性の場合は生理があるので、
常にホルモンバランスが乱れやすい状態になっています。

また、間違ったダイエットや身体が冷えやすい服装などを着ることによっても
ホルモンバランスが乱れやすくなっています。

その為、原因によって色々な対策が必要になりますが、
根本的に「食事改善」を行うことが何より大切です。

ホルモンバランスを安定させるために役立つ食材は「大豆」です。
大豆製品でいえば、納豆、豆腐、豆乳、豆食品などがあります。

大豆にはイソフラボンという成分が含まれているのですが、
これが体内に入ると「エストロゲン」という成分に変わります。

このエストロゲンは女性ホルモンと似た働きをする作用があるので、
ホルモンバランスが安定しやすくなるということです。

また、大豆は良質な植物性たんぱく質なので女性にはオススメの食品です。
ただし、大豆製品だけを摂取しているとお腹を下したり、
体質的に合わないと感じる方もいるので、
野菜などとバランスよく摂取することが大切です。

基本的には、野菜4、たんぱく質3、糖質3ぐらいの割合にしておくと良いでしょう。

野菜を沢山摂取しながら、大豆製品を摂取しておくことで
体内のバランスが良くなり、ホルモンバランスが改善されて
健康面や美容面が良い状態に変化していきます。

ホルモンバランスの乱れはストレスで起きる

2015-09-02c

静電気を一つの例にご紹介しましたが、ホルモンバランスが乱れると
髪の毛だけでなく健康面や美容面にも悪影響を及ぼします。

ホルモンバランスが乱れる原因に「ストレス」が関係しているので、
ストレスを溜めない工夫が大切になってきます。

ストレスがたまっても解消できる方法を見つけておくと、ホルモンバランスが乱れにく
くなります。

また、食事が乱れていると栄養不足によって
ホルモンバランスが乱れやすくなるので要注意です。

外食が多い方や栄養バランスの乱れた食事をしている場合の人が該当します。
なるべく野菜を摂取すること、外食を控えること、
定食などの栄養バランスが良い献立に切り替えることがオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ