フケを抑える方法を紹介!フケに悩んでいる人必見!

2015-04-25a

頭皮から発生するフケは不潔に見えるので周りからの印象を最悪にします!

頭皮のフケを効果的に解消して見た目の清潔感を保つための秘訣とは!?
フケが発生する原因や対策についての知識を深めよう!

頭皮にフケが発生する要因には2つのパターンがあった!
乾燥型のフケと脂性型のフケを抑える方法をそれぞれ徹底解説!

<Sponsored Link>

頭皮からフケが発生する原因

2015-04-25b

電車の中やバスの中でふと隣を見てみると、
髪の毛や肩の上がフケだらけになっている人を見かけたという人も多いかと思います。

フケは見た目の印象を悪くするだけでなく、
周囲に対して不潔な印象を与えてしまうので
フケ症を自覚したらすぐに対策を講じることが大切です。

フケというのは人体の新陳代謝によって
頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたものであり、
要するに古くなって脱皮した頭の皮のことです。

そのため、本来は特にトラブルを抱えていない健康な頭皮の人でも、
フケというのは常に発生しているものなのです。

ただし、フケ症の人と健康な人の大きな違いはその大きさにあります。

健康な人のフケというのは目に見えないほど小さいものなので、
髪の毛や肩に落ちていても周りからはほとんど気付かれる事はありませんが、
フケ症の人の場合はフケが大きいために周りから容易に目視できてしまうのです。

自分がフケ症かどうかを見極めるのは意外と簡単で、
頭をかくとフケが落ちてくるという特徴を自覚している人は
フケ症の可能性があるので注意が必要です。

フケ症の人の頭皮に大きなフケが発生する原因としては、
ストレスホルモンバランスの乱れ皮脂の過剰分泌などが考えられます。

また、フケの原因を洗髪不足にあると考えている人も多いかと思いますが、
実際はどんなに丁寧に頭を洗っていても
根本的な原因が改善されなければフケは発生してしまいます。

ちなみにフケ症のタイプには大きく分けて2つあり、
頭皮が極度に乾燥して剥がれ落ちてしまうタイプを乾燥フケと呼びます。

このタイプのフケは頭皮の表面の抗菌に必要な皮脂の分泌が不十分なため、
細菌によって皮膚が荒れやすくなっているので大量のフケが出てしまうのです。

一方で頭皮に分泌される皮脂が過剰になる事で発生するフケを
脂性フケと呼びますが、このタイプのフケは生活習慣や
偏食によって引き起こされる場合がほとんどです。

乾燥フケの対策

フケ症の人には大きく分けて2つのタイプがありますが、
その中のひとつに乾燥フケがあります。

乾燥フケはその名のとおり頭皮が乾燥する事によって
フケが発生する症状のことで、
このタイプのフケは抗菌に必要な皮脂が十分に分泌されない事で
頭皮に細菌が繁殖し、皮膚が荒れてしまうことでフケが発生すると考えられています。

乾燥フケは、カサカサして粉をふいたようなフケが出るのが特徴となっています。

乾燥フケを発生させる主な原因として考えられるのは、
洗浄力の強いシャンプーの使い過ぎやストレスや運動不足による体調不良、
偏食による頭皮への栄養供給不足
パーマやカラーリングによる頭皮への過剰な刺激などが挙げられます。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

このタイプのフケに効果的な対策としては、
シャンプーを低刺激のものに変えて回数を減らしたり、
ストレス解消や適度な運動を心掛けるなどの方法が挙げられます。

コラージュフルフルネクストシャンプーのお求めはこちら

脂性フケの対策

2015-04-25c

フケ症のタイプには乾燥フケと脂性フケの2種類がありますが、
脂性フケの場合は生活習慣の乱れや偏食などが原因で引き起こされる場合がほとんどです。

脂性フケは頭皮に分泌される皮脂が過剰になり、
湿り気を持ったフケが発生するのが特徴となっています。

脂性フケは次第にベタベタしたフケに変わり、
頭皮に張り付いてかゆみを発生させたり頭皮環境を悪化させる原因となります。

このタイプのフケを抑える方法としては、
しっかりとした洗髪を行う事や睡眠不足の解消、
栄養バランスの取れた食事を心掛ける、
ストレスを上手に発散させるなどの対策が有効です。

また、脂性フケの場合は脂っこい食事が原因となる場合が多いので、
揚げ物や肉料理など油分の多い食事を控えることも有効なフケ対策となります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ