ふくらはぎの鈍痛の原因とは?キケンな可能性大!

2015-04-17a

ふくらはぎにど鈍痛を感じたら早急に病院で検査を受けよう!
原因が分からないけど常にふくらはぎに鈍痛を感じる場合は注意が必要!?

ふくらはぎが痛むという事は幾つかの危険な病気のサインかもしれないので、
すぐに病院へ行きましょう!

ふくらはぎに鈍痛を感じる原因は糖尿病や
動脈硬化、鎖骨神経痛などの病気の恐れアリ!

<Sponsored Link>

ふくらはぎの鈍痛にストレスを感じる理由

2015-04-17b

私たちは日々の生活の中でさまざまなリスクと隣り合わせていますが、
中でも特に多いのが身体的なトラブルです。

長い人生の中で身体の不調を訴える事は多々ありますが、
風邪やインフルエンザのようなポピュラーな病気にかかった場合、
人はそれほど危機感を募らせるという事は無いと言えます。

しかし、日常生活を送る中で自分の身体にほんの些細な違和感を覚えたとき、
人は非常に強い不安ストレスを感じるものです。

そして最近、病院を受診する人の中には
ふくらはぎの鈍痛に悩まされている人が増加傾向にあります。

ふくらはぎという部分は日常中で特に意識する事が少ない部位であり、
人体の中でも特に違和感を覚える機会の少ない部分だと言えます。

だからこそ人は、普段から意識していない部分であるふくらはぎに
鈍痛のような違和感を覚えると強いストレスを感じ、不安を覚えるのです。

ふくらはぎの鈍痛には幾つかの原因が考えられますが、
その中には危険な病気の可能性も含まれているので
気になる場合はすぐに病院を受診することをオススメします。

ふくらはぎに鈍痛を感じる原因について

最近、ふくらはぎに鈍痛を感じるという人が増えてきていますが、
ふくらはぎの鈍痛には幾つかの原因が考えられます。

ただし、ふくらはぎの鈍痛は
危険な病気のサインという可能性も考えられるので注意が必要です。

たとえば糖尿病の場合、手足の末端神経がダメージを負ってしまうことがあり、
そのせいでふくらはぎに鈍痛を感じるというケースも考えられます。

糖尿病は基本的に血管への負担が大きい病気なので、
大半のケースで神経障害などの合併症を引き起こします。

この神経障害を糖尿病性神経障害と言いますが、
この糖尿病性神経障害の初期症状は手足の痛みや痺れから始まるため、
ふくらはぎに鈍痛を感じる事もあるのです。

そのほかには血管トラブルによって
ふくらはぎの鈍痛が引き起こされている可能性が考えられます。

たとえば閉塞性動脈硬化症に陥っている場合、
足の動脈に硬化症が起こって血流が阻害されてしまいます。

その結果、ふくらはぎに流れ込む血液量が不足することによって
鈍痛が引き起こされるのです。

この動脈硬化が悪化すると、
酷い場合には足を切断する事態に陥るケースもあるので早期の対処が不可欠です。

また、それ以外には坐骨神経痛もふくらはぎの鈍痛の原因として考えられます。
坐骨神経痛は背中の椎間板に何らかのトラブルが発生して神経組織を圧迫し、
結果として足のしびれや鈍痛などに繋がってしまう症状のことです。

坐骨神経痛の症状に悩んでいる人は非常に多く、大半の人は足がつる、
ふくらはぎが張る、鈍痛を感じるなどの症状に悩まされています。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

血流が悪くなり動脈硬化を起こさないように
オイルなどでマッサージをしましょう。
ふくらはぎにはホホバオイルがオススメですが
ふくらはぎの鈍痛の原因には、
先述したように幾つかの危険な病気の可能性も考えられるので、
少しでも違和感を覚えたり気になるような場合は
すぐに病院を受診して検査を受けることが大切です。

ホホバオイルのお求めはこちら

対処法

2015-04-17c

ふくらはぎ鈍痛を感じた場合、
多くの人は違和感を覚えながらもそこまで気にせずに放置してしまいますが、
ふくらはぎの鈍痛には危険な病気が潜んでいる可能性もあるので注意が必要です。

ふくらはぎの鈍痛が一時的なものであったりする場合は別ですが、
常に鈍痛を感じるような場合はすぐに病院を受診することをオススメします。

ふくらはぎの鈍痛が気になって病院を受診する場合、
まずは神経内科もしくは整形外科を訪れる必要があります。

たまに整骨院や接骨院を訪れて原因を究明しようと考える人を見かけますが、
これらの施設は病院ではないので適切な診察が成されない事があります。

そのため、ふくらはぎの鈍痛の原因を探るのであれば
必ず病院を受診することが大切です。

ふくらはぎに鈍痛を感じる原因としては坐骨神経痛が大半を占めているので、
まずは神経内科を受診して検査を受ける事になります。

また、ふくらはぎに鈍痛を感じる原因が血管に関する疾患や
糖尿病など別の病気であった場合は薬物療法外科的療法などを選択する事もあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ