いびきによるノイローゼを改善する方法!快適な睡眠を手に入れよう

2015-08-10a

いびきの音って、とてもうるさいですよね。
このいびきは睡眠時に起こるので、周りからいくらうるさいと言われたとしても、
自分でコントロールすることができません。

ただし、いびきの予防や治療をすることは可能なのです。
なぜなら、いびき自体が睡眠時無呼吸症候群という病気の一つであり、
この睡眠時無呼吸症候群の治療法があるのです。

そこで、今回はいびきによるノイローゼを防ぐために、
睡眠時無呼吸症候群の予防、治療方法などについて、ご説明していきます。

<Sponsored Link>

いびきは立派な病気!治療も必要だ!

2015-08-10b

ノイローゼというのは、神経症のことです。
このノイローゼになるのは、ストレスが原因であると言われています。
したがって、ノイローゼにならないようにするためには、
ストレスを身体に溜め込まない、そして、ストレスの原因を身体から取り除くことが大切になってきます。

今回の場合は、他人のいびきの音によって、ストレスが発生することになり、
そのストレスがノイローゼ状態につながるということです。

したがって、ノイローゼ問題を解決するためには、
このいびき自体をどうにかしないといけないのです。

このいびきというのは、はっきり言いますが、病気のことなのです。
いびきは寝ていたら勝手にかくものだという認識を、
今までされていたかもしれませんが、睡眠時無呼吸症候群という立派な病気なのです。

したがって、いびきをかかないようにするためには、
睡眠時無呼吸症候群の治療をしなければならないのです。

睡眠時無呼吸症候群を発症するメカニズムは?

この睡眠時無呼吸症候群とは、舌根、口蓋垂(のどちんこ)、軟口蓋によって、
喉にある上気道を塞がれてしまい、身体に空気を取り込めないので、
無呼吸の状態になる症状のことをいいます。

この空気には、もちろん、酸素も含まれているので、
身体に酸素不足が起こり、脳や身体にも負担がかかってしまいます。

ただし、いびきの場合は、
上気道が完全に塞がれているわけではありません。

この上気道が狭くなっていることによって、
空気が通る際に、音が発せられるようになるのです。
これがいびきをかくメカニズムですね。

そして、これは自分では気づくことができないので、
周りにいびきをかく人がいるのなら、
睡眠時無呼吸症候群の治療をすることを勧めると良いでしょう。

睡眠時無呼吸症候群の治療について

この睡眠時無呼吸症候群の治療には、
口や舌のエクササイズ、CPAPという器具を使ったもの、
口蓋垂(のどちんこ)の部分切除などがありますが、
これだけでは、完治するというわけではありません。

睡眠時無呼吸症候群は生活習慣にも、
発症する原因があると言われています。

そのなかで主なものは、肥満、飲酒、睡眠薬の使用などです。
これらの原因となるものを控えることで、
睡眠時無呼吸症候群の予防にもなることでしょう。

また、睡眠時無呼吸症候群は合併症を引き起こしやすい病気となっています。

その合併症のなかには、高血圧、心臓病、脳卒中、糖尿病などがあります。
これらを引き起こさないためにも、
睡眠時無呼吸症候群の症状を悪化させずに、早急に治療を行っていく必要があるのです。

おわりに

2015-08-10c

いかがでしたでしょうか。
いびきというのは、睡眠時無呼吸症候群に見られる症状の一つであり、
そのまま放置していると、合併症を引き起こすことになるのです。

この合併症は、いわゆる生活習慣病と呼ばれるものですね。
これから健康的な生活を送るためにも、合併症の予防も一緒にしていく必要がありますね。

そして、このいびきの音によるノイローゼの症状を軽減するためにも、
周囲にいびきをかく人がいた場合は、危険な状態であることを伝えた方が良いでしょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

生活習慣を変えるとともに、枕も変えてみましょう。
無呼吸になりやすい仰向け寝を防ぎ、気道の通りの良い横向き寝へ誘導してくれる形状になっています。

まずはできる対策から睡眠時無呼吸症候群の治療をすることで、
自分もそうですが、相手にも当然メリットがあります。

今後、いびきの音に悩まされないように、自分自身も行動していくようにしてくださいね。

グースリーパーのお求めはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ