いびきはレム睡眠がうまく入れていない証拠!

2015-06-02a

人間の睡眠は脳を休ませるノンレム睡眠と
体を休ませるレム睡眠の二種類を交互に繰り返します。

しかし、いびきをする人は、
ノンレム睡眠からレム睡眠への移行がうまく行かず、
睡眠の質があまりよくありません。

今回はいびきのメカニズムと対策、
良質の睡眠を取る方法についてご紹介します。

<Sponsored Link>

なぜ出る?いびきの仕組み

2015-06-02b

いびきは呼吸の音です。当たり前のことですが、
人間は起きているときも寝ているときも、呼吸をしています。

なのにどうして寝ている時の呼吸だけがいびきになってしまうかというと、
どうやら気道の筋肉のゆるみが原因のようです。

睡眠中は力が抜け、全身の筋肉がゆるみます。
それに伴い気道もゆるむのですが、
そうすることで上気道(呼気が通るところです)が狭くなります。

その上舌の付け根も喉の方へ下がりますので、
上気道はさらに狭くなってしまいます。

その結果、呼気がうまく通らなくなり、口蓋垂
いわゆるのどちんこが振動し、大きな音が出るのです。

いびきは特に肥満の人やアルコールを好む人、顎が小さい人に多い他、
ふだんから口呼吸が多い人にもよく見られる傾向があります。

いびきで済んでいるうちはいいですが、
気道が完全にふさがってしまうと「睡眠時無呼吸症候群」という
いびきとはまた別の症状となり、こちらは死の可能性がありますので、
いびきの多い人は注意する必要があります。

舌の位置を意識するだけでいびきが止まる!

いびきを止めるためには、日頃からダイエットにつとめ、
アルコールを控えるのが一番です。

このふたつが明らかな原因として思い浮かぶ方は、
残念ながら今回ご紹介する方法はあまり効かないかもしれません。

肥満や飲み過ぎのほか、
いびきの大きな原因のひとつに口呼吸が挙げられます。

これはダイエットや禁酒と違い、少し意識するだけで簡単に治すことができるんです!

「舌の正しい位置」というのをご存知でしょうか。
舌には正しい置き場所があるんです。それは上の前歯の裏側

舌の先で「上の前歯の裏側」に触れてみてください。
どうでしょうか。この状態で口呼吸をするのはかなり難しく、
自然と鼻呼吸になりますよね。これが舌の正しい位置です。

いくらか慣れは必要だと思いますが、
意識せずに舌を正しい位置に置けるようになると、
いびきの原因のひとつである口呼吸を防ぐことができますので、
口呼吸で困っているという方はぜひお試しください。

レム睡眠とノンレム睡眠

そもそもいびきの何が問題かというと、音がうるさいというのも勿論ですが、
いびきをかいている本人が十分な睡眠を取れないということではないかと思います。

はじめに書いた通り、人脳を休めるノンレム睡眠と
体を休めるレム睡眠を、繰り返します。その感覚は大体90分程度。

体を休めるレム睡眠に移るタイミングでにいびきをかいていると、
体がレム睡眠に移りません。

結果、レム睡眠時の眠りが浅くなり、
肉体的疲労の取れない中途半端な睡眠になってしまうのです。

きちんとレム睡眠をとるためには、
レム睡眠時にいびきが出ないようにしなければいけません。

ダイエットや禁酒は長期的にがんばらないと結果が出ませんので大変ですが、
睡眠不足は体によくないため、努力する必要があるでしょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

横向きで寝る体勢を保つ形状に作られた枕や、
いびきを抑えるグッズなども多数販売されていますので、
相性のいいものを使ってみるのもいいかもしれません。
グースリーパーの詳細はこちら

ぐっすり寝て元気にすごしましょう!

2015-06-02c

睡眠はあらゆる面ですばらしい効果をあげます。
疲労回復はもちろん、ストレス解消、美容効果、
脳のパフォーマンス(記憶力や処理能力に顕著)を向上させるなどさまざまな効果があります。

その反面、睡眠不足は万病の元と言っても過言ではなく、
特にストレス性の病気において主な原因となっていることも少なくありません。

いびきは睡眠が十分にとれなくなるばかりか、
無呼吸症候群という死に関わる病気とも隣り合わせですし、
いびきをかくという方は早急に対策することをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ