いびきの対処法はズバリ睡眠法にあった!

2015-07-01a

いびきの危険な兆候について学ぼう!
実は危険ないびきの真実について徹底解説!

いびきによって引き起こされる可能性のある各種症状について
知っておくことが重要。

睡眠中にいびきをかく人は一時的に何度も呼吸が止まるので
脳へのダメージを負う危険性アリ!

いびきをかかない為の対処法や正しい睡眠の仕方についても詳しく紹介!

<Sponsored Link>

いびきとは

2015-07-01b

一昔前と比べて生活スタイルが変わった事によって、
近年ではさまざまな病気や疾患が問題視されるようになってきています。

少し前であればそれほど問題視される事もなかったいびきも
最近ではさまざまな疾患の遠因となったり、
脳にダメージを与える原因として問題視される傾向にあります。

いびきとは、簡単に言えば狭くなった上気道が呼吸をした時にこすれ、
その摩擦によって発生する音のことです。

基本的には人が睡眠している時に発生しますが、
脳梗塞を発症して意識を失った時などにもいびきをかく場合があります。

いびきの原因にはさまざまなものが考えられますが、
もっとも多いのが「粘膜の腫れ」によって上気道が狭くなり、
その影響で呼吸をした時に上気道で摩擦が起こり、
いびきの音が発生するケースです。

また、それ以外にも軟口蓋や舌根が上気道を塞いで狭くなり、
この状態で呼吸をする事によって肉壁同士が擦れて
振動が発生して音が出るといったケースも一般的に認められています。

いびきは基本的に睡眠中に発生するので、
いきびをかいている本人はまったく気付かないケースが大半を占めています。

しかし、同居人などにとっては
睡眠障害の原因となるほどの不快な音であるため、
いびきの症状を周囲から指摘された際は速やかに治療を行うことが大切です。

いびきは呼吸のリズムに合わせて音が発生するため、
その音が途切れた際には一時的に呼吸が止まってしまう
睡眠時無呼吸症候群を発症する場合もあるので注意が必要です。

いびきの原因と危険性について

いびきをかく人の生活習慣や食生活によっても異なりますが、
睡眠中にいびきをかく原因でもっとも多いのは舌根や軟口蓋の弛緩、
もしくは粘膜の腫れによって上気道が塞がれ、
さらに呼吸で上気道の肉壁同士が擦れることによっていびき特有の音が出るケースです。

粘膜の腫れによって引き起こされるいびきであれば
それほど危惧する必要はありませんが、
舌根や軟口蓋が弛緩する事によって上気道が塞がれた状態になると
いびきだけでなく睡眠時無呼吸症候群を併発するリスクが高まるので注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群とはその名のとおり睡眠時に喉周辺の気道が塞がれて
呼吸が出来ない状態に陥る症状のことです。

睡眠時に無呼吸状態となってもいずれ呼吸は再開されますが、
睡眠中に引き起こされるこの異常な呼吸状態は人間の身体に
さまざまな悪影響を及ぼすことで知られています。

たとえば睡眠時無呼吸症候群を発症している人の大半は
日中に強い眠気を感じる事が多く、起床時に爽快感を覚えることは皆無です。

また、睡眠中に何度も無呼吸状態に陥ることで脳への酸素供給が滞り、
僅かながら脳へのダメージを与えてしまう事にも繋がります。

睡眠時無呼吸症候群が日常的に起こると
少しずつ脳へのダメージは蓄積していき、
やがては重大な健康への悪影響を及ぼす恐れがあるので注意が必要です。

いびきへのベストは対処法とは

2015-07-01c

いびきを防止する為のベストな対処法を考えたとき、
多くの人がまず思い浮かべるのは睡眠法の改善だと思います。

しかし、睡眠方の改善も大切ですが、
その前にいびきの原因を突き止めて各々に対する
ベストな対処法を施す事がいびき改善の近道となります。

いびきは古来より全ての人間にとって身近な存在でしたが、
重症化すると睡眠時無呼吸症候群に陥ってしまう可能性があるので
軽視するのは非常に危険です。

いびきをかく人の多くに肥満傾向が見受けられ、
喉周辺の肉壁が厚くなる事によっていびきを発症しているケースが非常に多く見られます。

そのため、まずはいびき改善の為にダイエットを行うことが大切です。
また、いびきをかく人の多くは鼻呼吸ではなく口呼吸を行う傾向があるので、
口呼吸の自覚がある人は鼻呼吸へと切り替えることで
いびきを改善できる場合があります。


参照:楽天市場

また、快適な睡眠の為に枕などの寝具を変えることで睡眠時の頭部の角度が変わり、
塞がれていた上気道にスペースが生まれていびきが改善されるケースもあります。
気道がふさがらないような体勢を保てるような形状に作られた枕など
最近ではいろいろな寝具が出ていますので自分にあったものを見つけ、
快適な睡眠を手に入れましょう。
グースリーパーの詳細はこちら

また、どうしてもいびきが改善されない場合は
耳鼻咽喉科を受診していびき改善マウスピースを作ってもらうと
確実かつ早期にいびき改善を目指す事が出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ