胃潰瘍とカフェインの関係性は?コーヒー飲んでも大丈夫?

2014-12-26

 

胃潰瘍治療中は、胃の状態に気をつけなければいけません。

その為、口にするものは色々と制限されます。

 

そこで1つ疑問なのが治療中に

「コーヒーって飲んでも良いの?」

 

カフェインを摂取すると

胃が荒れるイメージがあるのですが

実際はどうなんでしょうか?

<Sponsored Link>

適量を守ればコーヒーを飲んでも大丈夫

コーヒーが胃に悪いとはよく聞く話。

やはり、胃炎や胃潰瘍になる前に自重するべきなのだろうか。

新宿ライフクリニックの須田隆興先生に相談してみた。

 

「コーヒーの飲み過ぎが胃炎や胃潰瘍の原因になる、

というのはとても可能性が低いと思われます。

医学的には現在、これらの病気の原因は

細菌感染が主流と考えられています。

その因子の筆頭格と目されているのが、

有名なヘリコバクター・ピロリ菌(以下、ピロリ菌)ですね。

胃潰瘍患者の9割以上がピロリ菌検査で

陽性反応を示したというデータもあるほどです」

《引用:web R25「コーヒーで胃が荒れるは嘘?」より》

その点、胃酸の分泌を促す働きを持つカフェインは、

食後には消化を助ける味方となるもの。

つまり、胃を“守る因子”といえるのだ。

ただし、空腹時や、すでに胃炎や胃潰瘍を

患っている場合は、それが負荷にも

なり得るので注意が必要だ。

《《引用:web R25「コーヒーで胃が荒れるは嘘?」より》》

 

 

つまり、適量さえ守っていれば

問題はないということですね。

 

 

カフェインを摂取すると、

胃を刺激して胃酸分泌がよくなり

消化を早めてくれるので、

胃が食べ物消化中だと

消化を助けてくれます。

 

 

反対に、空腹時や胃炎、胃潰瘍の病気に

掛かっていると場合だとどうなるか?

 

カフェインを摂取したことにより、

過剰に分泌された胃酸が

空腹や胃炎により薄く弱まった胃粘膜を通り越して、

胃壁にダメージを与えます。

その結果、嘔吐したり、胃の炎症が悪化する可能性があります。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

どうしてもコーヒーが飲みたい!というあなたには
ノンカフェインコーヒーがオススメです。
胃への負担を軽減することができます。

ノンカフェインコーヒーのお求めはこちら

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?

要は「胃の調子が悪いときには飲むな」ってことですね。

 

これは胃潰瘍になったことある

自分の母が胃の調子が悪いときに

カフェオレ飲んでもどしてたので

確かに言える事だとおもいます。

 

どうか皆様も、胃の調子が悪いときは

カフェインなど刺激物を摂取しないよう

お気をつけください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ