胃潰瘍の初期症状。お腹に激痛は危険サイン!?

2014-12-21

食事中に胃が痛くなったり、

最悪、胃に穴が空いて激痛が走り

入院、手術をしなければいけない

恐ろしい病気、胃潰瘍。

 

 

そんな胃潰瘍は、

早期発見することで

簡単に治すことが可能です。

 

 

そこで今回は

胃潰瘍の初期症状を

ご紹介したいと思います。

 

 

これを見て、早期発見できれば幸いです!

<Sponsored Link>

胃潰瘍の主な症状

  • 食後にお腹やみぞおち部分がうずくような痛みがある。
  • 空腹時に痛みがある。
  • げっぷしたら少しすっぱい感じがした。
  • 気分が悪く、もどしたと思ったら黒い血が出てきた(※)
  • トイレにいったら、黒い便が出てきた(※)

胃潰瘍の主な症状はこんなところ。

特に下2つは、胃潰瘍がだいぶ進行している可能性が

高いので、いますぐ病院へいって受診することを

オススメします。

 

また、上3つは初期~軽度にかけて

多くみられる症状です。

この段階であれば、まだ薬で治せることが

あるみたいなので、早めの受診してみてください!

 

胃潰瘍はどういった事が原因でなりやすい?

thumb-640x320-78019

胃潰瘍の主な原因は、

ストレス、ピロリ菌、不摂生な生活が

大いに関係していると言われています。

 

特に現代でよく問題になっているのが、

ストレスによる胃潰瘍。

これは会社で上司や取引先に

怒られたり、プレッシャーの重圧に

耐え切れない男性や

家で家事ばかり任せられ、

自分のプライベートの時間がまとまってとれず、

不満が溜まりやすい専業主婦(女性)が

ストレスによる胃潰瘍にかかりやすいと

言われています。

 

またストレスによる胃潰瘍は

対策がとりづらいことが

一番の問題点。

会社が辛いといって、

簡単に辞める訳にはいきませんし、

家事や育児ばかりで嫌だ!といって、

放棄する訳にはいきませんもんね。

 

 

したがってストレスによる胃潰瘍を

予防・対策する為には、

相談や愚痴を聞いてもらえる話相手を

作ることが大切です。

もし、貴方が結婚なされてるのであれば、

旦那や嫁はベストな話相手だと思います。

 

男性の場合は、嫁さんの家事や育児を

少しでもいいので手伝ってあげてください。

そうすることで、嫁さんも自由な時間が増えて

精神的な負担が緩和されます。

 

女性の場合は、旦那さんの仕事の話を

嫌がらずに聞いてあげてください。

話がわからなくても、聞いてあげるだけで

旦那さんは愚痴が言えることによって

気分が少し落ち着きます。

 

また偏った食事や、暴飲暴食など

不摂生な生活も胃潰瘍の原因になりますので、

揚げ物や肉ばかりではなく、

大根やキャベツ、里芋など

胃に優しい野菜をとることが効果的です。

 

後は、食事をとるとき

早く食べて胃に流し込むのではなく

しっかりと噛んで、ゆっくり食べることで

胃の負担は激減します。

これ、意外と重要です!

 


参照:http://item.rakuten.co.jp/

ピロリ菌による胃潰瘍は、

除菌をすることで再発を防止できますので、

一度ピロリ菌検査をしてみてください。

自宅でできる検査キットもあります。
少々お高いですが気軽に検査できるのでいいですね。

ピロリ菌検査キットのお求めはこちら

 

最後に・・・

いかがでしたでしょうか。

胃潰瘍の初期症状って、

慢性胃炎と区別が

素人目ではわからないので、

どうしても発見が遅れがちです。

 

しかし早期発見できれば、

痛い思いをすることもないし、

入院費や手術代などの

無駄な出費も防げますよ!

 

今回お教えした5つの症状が

1つでも当てはまった方がいらっしゃいましたら、

ぜひお近くの病院で受診してみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ