インフルエンザ脳症はアルピニー坐薬で解熱しましょう!

2015-08-30a

インフルエンザ脳症は命に関わる重大な症状です。
正しい治療方法を知ることで、万が一の際に備えることが出来ます。

大切な命を守る為にも、
インフルエンザ脳症の危険性を正しく知ることが大切です。

インフルエンザ脳症の対策について細かく解説してご紹介しています。

<Sponsored Link>

インフルエンザ脳症の危険性を知っておこう!

2015-08-30b

インフルエンザ脳症はインフルエンザに感染した
1歳~5歳までのお子様が発症する神経症状のことをいいます。

症状には、けいれん、意識障害などがあり、
時には異常行動などを起こす場合もあります。

最悪の場合は、血管が詰まり、
臓器などが停止することによる死亡などがあるので、
早期発見・早期治療が最も大切です。

インフルエンザ脳症の主な原因はいまだに解明はされていませんが、
ケースとしては鼻の粘膜が感染経路となり、
そこから全身に広がりながら脳内にウィルスが入り込むということが考えられています。

脳症の場合ですが、脳内からウィルスが検出されるというケースは
きわめて珍しく、インフルエンザ脳症の場合は、
直接脳内に入り込まなくても発症してしまう危険性があります。

インフルエンザ脳症は大人でも発症するの?その原因や予防は?

発症の際の症状と特徴をチェックしよう

症状は急激に引き起こされます。
発熱してから数時間以内の間に痙攣、意識障害などが発症します。

痙攣の症状…大体7~8割程度に見られます。
とにかくガタガタと全身が震えるようになり、
身体が硬直することが多いのが特徴です。

痙攣が約8分以上起きている場合は、直ぐに病院に向かうようにしましょう。

意識障害の症状
幼児に何度呼びかけても反応がない場合は意識障害の可能性があります。
寝ぼけていることと勘違いするかもしれませんが、
この時点で発熱をしたり痙攣の症状が確認できていると思いますので、
必ず病院に向かってください。

異常行動の症状
上記に該当しない異常行動はお子様によって違いがあります。
急に泣き出す・叫びだす、おびえる、幻覚が見える、反応しない、
誰かに話しているなどの場合は「異常行動」に該当します。

とにかくいち早く病院に向かってください。
上記の症状全てが命に関わる危険性がありますので、早急な診断が必要です。

脳症の場合はとにかく自分では判断できませんので、
直ぐに病院に向かうことがポイントです。

脳症を防ぐにはどうしたらいいのかをチェック

脳症を防ぐには具体的な対策は「ワクチン接種」が効果的といわれています。
しかし、今でも原因が特定できないので確実に防げるわけではありません。

毎年予防接種を受けることで次第に免疫が出来てくるので、
ワクチン接種を行うことが大切です。

お子様で使える薬を少しチェックしておこう!

大人がインフルエンザに感染した場合は「タミフル」などの薬を使いますが、
お子様の場合は「アルピニー坐薬」という解熱剤を用います。
成分は「アセトアミノフェン」というものを含んだ薬のことをいいます。

他にはアンヒバ坐薬やカロナールなどのシロップや坐薬などの薬があります。
そして注意をしたいのが、上記で紹介した
「アセトアミノフェン」という成分を含む解熱は
基本的に医師の判断によって使うことがOKとされていますが、
インフルエンザ脳症疑惑がある場合は使ってはいけない薬もあるので注意してください。

それらは「ロキソニン」「PL顆粒」「バファリン」などの薬などがあります。
(一部のみですが他にもあります)

これらの薬はインフルエンザに感染しているお子様、脳症疑惑がある場合は
絶対に使ってはいけません。

もしも使ってしまった場合は様々なトラブルが引き起こされることがあります。
注意してください。

インフルエンザ脳症や感染症を防ぐための方法をチェック!

2015-08-30c

インフルエンザ脳症や他の症状に感染させない為には、
毎日お子様にうがい、手洗いをさせることを徹底しましょう。

特に1歳~2歳の間はうがいなどが上手く出来ない場合があるので、
ママやパパが手洗いをしてあげましょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

おもちゃの除菌も忘れずに。
こちらは赤ちゃんが誤って飲んでしまっても安心な成分でできているので
どんなものでも除菌ができ、便利です。
手荒れの心配もありません。
除菌水ミエロのお求めはこちら

そして感染症が蔓延しているシーズンは出歩かないなどの工夫が大切です。
日頃のケアが最も予防に繋がります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ