インフルエンザは抜け毛と関係性ある?ホルモンの事情とは?

2015-08-23a

インフルエンザに感染すると
多くのトラブルを引き起こすことになってしまいます。

その中でも「抜け毛」が増えるという意見もありますが、
その理由はいったいどういうことなのかについてを細かく調べて解説しています。

インフルエンザによる影響がどんなものなのかをご紹介します。

<Sponsored Link>

インフルエンザはどんな症状なのか?

2015-08-23b

インフルエンザの症状は風邪と全く違い、
39度~40度以上の高熱が続く危険な症状で、
頭痛、倦怠感、強烈な喉の痛み、だるさなどが引き起こされます。

最悪の場合は命を失う危険性もあるので、
正しい治療を行うことが最も大切です。

また、インフルエンザは人から人に感染しやすい為、
自分がインフルエンザになった際は二次感染を防ぐ為にも
自宅療養が基本となっています。

通常は、病院で診断してもらってから薬を処方してもらい、
1週間~10日ほどで症状が回復していきます。

インフルエンザの種類とは?

インフルエンザにはA・B・C型と呼ばれる種類があり、
その時々によって変わります。

ただ、日本の場合はAかB型と呼ばれる症状が多いのが特徴です。
補足ですが、予防接種を受けることが対策としては
非常に良い方法ですが、その年によって
インフルエンザの型が違う場合があるので、
完璧に予防できるということではありません。

普段からうがいや手洗いをすることが最も良い対策となっています。

インフルエンザで抜け毛が増える?

インフルエンザで抜け毛が増えるという人が多いかもしれませんが、
これらは症状が発症したことによる
ホルモンバランスの乱れが関係しているといわれています。

ホルモンバランスが乱れることで急激に抜け毛が増えますが、
正しい治療と栄養を摂取しておくことで自然と髪の毛が生えるので安心して下さい。

インフルエンザ発症後にしばらく抜け毛が続く場合は、
AGAや食事の乱れによる影響や生活習慣の影響が考えられるので、
インフルエンザだけが原因ではありません。

インフルエンザはどんな症状なのか?

インフルエンザの症状は風邪と全く違い、
39度~40度以上の高熱が続く危険な症状で、
頭痛、倦怠感、強烈な喉の痛み、だるさなどが引き起こされます。

最悪の場合は命を失う危険性もあるので、正しい治療を行うことが最も大切です。

また、インフルエンザは人から人に感染しやすい為、
自分がインフルエンザになった際は二次感染を防ぐ為にも
自宅療養が基本となっています。

通常は、病院で診断してもらってから薬を処方してもらい、
1週間~10日ほどで症状が回復していきます。

インフルエンザの種類とは?

インフルエンザにはA・B・C型と呼ばれる種類があり、
その時々によって変わります。

ただ、日本の場合はAかB型と呼ばれる症状が多いのが特徴です。
補足ですが、予防接種を受けることが対策としては非常に良い方法ですが、
その年によってインフルエンザの型が違う場合があるので、
完璧に予防できるということではありません。

普段からうがいや手洗いをすることが最も良い対策となっています。

インフルエンザで抜け毛が増える?

インフルエンザで抜け毛が増えるという人が多いかもしれませんが、
これらは症状が発症したことによる
ホルモンバランスの乱れが関係しているといわれています。

ホルモンバランスが乱れることで急激に抜け毛が増えますが、
正しい治療と栄養を摂取しておくことで自然と髪の毛が生えるので安心して下さい。

インフルエンザ発症後にしばらく抜け毛が続く場合は、
AGAや食事の乱れによる影響や生活習慣の影響が考えられるので、
インフルエンザだけが原因ではありません。

インフルエンザを防ぐ為には何が大切?

インフルエンザの症状を防ぐには予防接種が効果的ですが、
それ以上にうがいや手洗いが何よりも大切です。

うがい・手洗いを年中問わずしておくことで
インフルエンザ以外の症状の予防にも繋がります。

また、インフルエンザが流行している時期は
なるべく外出を控えることが大切です。

外出する場合はマスク着用をし、
こまめにうがい・手洗いをするようにしましょう。

公共施設の場合は、手すりや人が触れやすい場所に
菌が付着している恐れがあるので注意してください。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

食事前は特に手洗いをすることと、
除菌シートなどで口に触れるものなどを除菌しておくと良いでしょう。

流せる除菌ウエットティッシュのお求めはこちら

病気などになった際は栄養補給が大切

インフルエンザになった場合に抜け毛が多くなるケースも同じですが、
栄養補給をすることで内面が安定してきます。

内面が安定してくると、抜け毛が減り、
新しい髪の毛が作られるようになった髪の毛が生えるようになるので安心して下さい。

大事なのは「栄養バランス」を整えることがポイントです。

野菜や海藻類などからビタミンとミネラルを摂取するように心がけたり、
お肉や魚よりも大豆製品などからたんぱく質を摂取して
ヘルシーにしたりなどの工夫が髪の毛を生えやすい状態に整えてくれます。

早めの対策が何より大切

2015-08-23c

インフルエンザの症状のことではなく、髪の毛のことで述べるならば、
抜け毛が増えたと感じ始めてから直ぐに対策を行うと良いでしょう。
なるべく早い段階で行うことが将来の髪の毛を守ることに繋がります。

大丈夫だろうと思って対策をしていないと髪の毛がどんどん抜けて、
生えなくなっていくので薄毛の症状を進行させてしまうので注意してください。

また、頭皮サイクルを整える為に育毛剤などの利用も効果的です。
ただし、頭皮に合わない育毛剤を使っている場合は
逆に抜け毛の状態を高める危険性があるので、
自分に合う商品を使うことがポイントとなります。

インフルエンザによる抜け毛はホルモンバランスの乱れが関係しているので、
食事を見直して早期回復させることが大切となります

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ