花粉症には漢方が効果あり?予防対策には体質改善がポイント?

20140130_52e9e847e0387

今年ももうすぐつらい花粉症のシーズンです・・・何か良い予防や対策はないかと探している人も多いのではないのでしょうか?

そんな鼻づまりや鼻水、くしゃみなどでつらい花粉症に、なんと漢方が効果があるようなのです。

ここでは本当に花粉症に漢方が効果があるのかと花粉症に効果のある漢方のメリットや種類について紹介していきます!

<Sponsored Link>

花粉症には漢方が本当に効果があるの?

honobienimg

毎年花粉が飛び出す季節になると、花粉症の方はくしゃみや鼻水が止まらなかったり、目がかゆくなったりして本当につらくしんどい思いをしますよね。今現在では日本人の4人に1人は花粉症といわれていて、花粉症はまさに国民病といえるでしょう。

そんなつらい花粉症の予防として、甜茶(てんちゃ)と呼ばれるお茶を飲んだり、ヨーグルトを食べたり、サプリメントを飲んだりなどいろいろな花粉症の予防や対策を試している方もいることでしょう。

しかしながら、なぜまわりの人みんな同じように花粉を吸い込んでいるのに、花粉症の症状があらわれる人とあらわれない人がいるのでしょうか?

これは簡単にいうと、人それぞれ体質が違うからなのです。

アレルギー体質の人というのは、遅かれ早かれいずれ花粉症になってしまうのです。したがって、体質を改善することは花粉症の予防や対策としてとても効果的な方法の1つと言えるのです。そして、この体質を改善するのを助けてくれるものに、漢方があります。

花粉症に効果的な漢方のメリットとはいったい何?

ilm14_aa02047-s

漢方は花粉症の症状の予防や対策に効果があるだけではなく、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬などの花粉症の薬と比べて、以下のようなメリットがあるのです。

副作用がほとんどない

漢方を飲むことで胃腸や肝臓の調子が悪くなったり、口の中が渇くなどの症状がほとんどありません。

眠気を感じることがない

漢方には眠くなる成分が入っていないので、眠気を感じることはなく、車の運転や仕事、勉強など気にすることなくいつでも飲むことができます。

体質を改善する

漢方は花粉症の症状の緩和するだけではなく、手足の冷えが治るなど他にも体質の改善効果を期待うることができます。

手間が省ける

花粉症の予防や対策に漢方を服用することで病院に通院したり、点眼薬と点鼻薬の併用など面倒なことを減らすことができます。

以上が花粉症に効果的な漢方のメリットなのですが、やはり副作用がほとんどないということが最も大きなメリットではないでしょうか。このようなメリットのことを考えると、一度花粉症の予防や対策として漢方を試してみることもよいでしょう。

花粉症に効果のある漢方にはいったいどんな種類のものがあるの?

topimg

ここでは花粉症の症状の予防や対策に効果がある、体質の改善に役に立つと言われている漢方について4つ紹介します。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)


参照:http://item.rakuten.co.jp/

小青竜湯は、花粉症に効果があると言われている漢方の代表的なものの1つです。小青竜湯には冷え性の体質を改善する効果があり、体を温めて寒気を取り除く作用があります。

冷え体質の人の場合は、特にくしゃみがひどかったり、鼻水が水っぽく大量に出てしまうので、そんな方には効果的な漢方です。また、小青竜湯は風邪や気管支炎、喘息などにも効果的なようです。

花粉症に毎年なってしまうなど慢性的なアレルギー体質の場合は、長期間服用すると体質改善の効果を期待することができるでしょう。

小青竜湯のお求めはこちら

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)


参照:http://item.rakuten.co.jp/

麻黄附子細辛湯は、小青竜湯だけでは十分に体が温まらないときなどに合わせて用いられる漢方で、体の弱い方や年配の方にも多く用いられることが多いようです。

麻黄附子細辛湯のお求めはこちら

衛益顆粒(えいえきかりゅう)

衛益顆粒は、胃腸の働きを向上させて免疫力を強化する作用があり、花粉症の症状の予防や対策以外にも季節の変わり目などの風邪の予防や対策にも効果的な漢方です。

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

辛夷清肺湯は、花粉症によるつらい鼻づまりなどに効果があり、蓄膿症などの炎症も抑える作用のある漢方です。

この4つ以外にも花粉症に効果のある漢方は多くあります。

漢方の効果をきちんと発揮させるためにも、適度な運動をするなどして体力をつけたり、きちんと睡眠時間をとったり、バランスの良い食事を心がけるなどして日常生活の中で花粉症に負けない体質を作っていくようにしましょう。

花粉症は冷えと水分過多が原因とも言われているので、温かい飲み物で漢方を飲むほうが効果的といえるでしょう。

そして、漢方は天然成分から作られているので、薬と比べた場合に副作用は少ないのですが、漢方も薬である以上、副作用がまったくないというわけではないのです。

ですから、どんな漢方を服用するか、飲む量や飲む期間なども花粉症の症状によって人それぞれ違ってくるので、服用するときにはきちんと専門家に相談してアドバイスを受けたりして服用するようにしましょう。

まとめ

最後になりますが、花粉症に漢方は体質改善をする上で効果があるようです。

漢方を用いて体質を改善することで、将来的に薬自体がいらなくなってしまえうかもしないので、ぜひ一度花粉症の予防や対策として漢方を試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ