過眠症にはメラトニン療法などの治療が効果的?過眠症の原因とは?

2014-12-01_174157

過眠症の対策として、高照度光療法とメラトニン療法を平行することで、体内時計を整えて睡眠のリズムを正常にすることが大切になってくるようです。

そもそも、過眠症の原因はいったい何なのでしょうか?

ここでは過眠症の治療として効果的なメラトニン治療などと対策、過眠症の原因について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

過眠症にはメラトニン療法などの治療が効果的!?

Brian-Talbot-640x395

過眠症の治療としては、高照度光療法メラトニン療法が知られています。高照度光療法とは、目から入った光で、脳内にある体内時計を調整することを目的にしています。

特に、極端な早寝早起きで悩んでいるという人の場合、夜寝る前に強い光を浴びることで、睡眠や覚醒や深部体温の他にメラトニン分泌などのリズムも遅い方へとズレていくので、過眠症の症状の緩和につながると言われています。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

そして、朝起きたときにはブラインドやサングラスを活用するなどして、
あまり光を見ないようにすることで、夜寝る時間帯が早まることを防いでくれます。
光の入りを調整できるのもいいですね。

ブラインドの詳細はこちら

睡眠相前進症候群に対するメラトニン療法は、光とは逆の作用があるメラトニンを夕方に服用することで睡眠の時間帯を遅らせようとするのです。これらの高照度光療法とメラトニン療法を平行して行うことで、体内時計を整えて睡眠のリズムを正常にすることを目指すようにしましょう。

そして、過眠症の対策として最も大切なことは、まず専門医に診断してもらうと言うことです。過眠症の原因はいろいろとあり、その原因を解決するための方法も適切なものを選ばなくてはいけません。

過眠症の原因としてよく知られているナルコレプシーの場合、根治的な治療法は今現在まだ見つかっていないのですが、専門医による正しい診断と適切な治療を受けることで、ほぼ普通の日常生活を送ることができるような対策を行わなくてはいけません。

ナルコレプシーの場合、対策に関しては自分でできる対策とまわりの人たちの協力が必要なもの、専門医による治療の3つを同時に行う必要があるのです。この自分が主体となっておこなう対策としては、生活習慣の改善があります。10分~30分ぐらいの昼寝などによる睡眠のコントロールなどまわりの人たちの協力も必要不可欠なのです。

また、医師と相談して睡眠の質を上げるために睡眠薬を活用することもおススメの方法です。さらに、精神刺激薬による日中の過眠症対策もあり、これは適切な時間に服用することで日中の眠気を減らすことができます。

これらの他にも、概日リズム睡眠障害の場合は、体内時計の狂いによって生じる睡眠障害から引き起こる過眠症なので、睡眠のリズムを正常にすることがポイントになります。

過眠症の原因とは?

過眠症の原因といっても、実にいろいろとあります。

過眠症の原因となる代表的な病気を挙げると、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、反復性過眠症、特発性過眠症、むずむず脚症候群、周期性四肢運動障害、概日リズム睡眠障害から、身体疾患や精神疾患に伴う昼間の過眠や薬の副作用、そして不適切な睡眠状態などが挙げられます。

この中でも過眠症の原因として代表的な病気として、ナルコレプシーがあります。ナルコプレシーは思春期から青年期に多発するといわれている病気で、一般的に居眠り病とも呼ばれています。

普段の生活の中で、耐えることができない眠気にいきなり頻繁に襲われる病気なのですが、眠気だけではなく、金縛りや幻覚など情動脱力発作と呼ばれる大笑いしたり興奮したりしたときなどに急に筋肉の力が抜けてしまう発作など特徴的な症状があらわれます。

ナルコレプシーが発症する原因については、ここ最近研究は進んでいるのですが、今現在はまだ解明されているというわけではありません。

そして、よくメディアに取り上げられることもある睡眠時無呼吸症候群も、過眠症になる原因としては珍しい病気ではありません。この病気を患っている日本人は、約200万人と推定されていて、病気の自覚がないまま生活して過眠症を引き起こす場合もあるようです。睡眠時無呼吸症候群の発症率を高める要因の1つとして、肥満はよく知られています。

過眠症の状態が数日間~数週間ぐらい続く状態を不定期に繰り返す反復性過眠症はごく稀な病気で、まだこの病気に関する研究はあまり進んでいないと言われています。この発症に関しては精神的ストレスがきっかけになることがあるといわれていて、家族やまわりの人の理解と協力して病気と向き合わなくてはいけないのです。

眠気が主な症状としてあらわれる特発性過眠症もまだあまり研究が進んでいないと言われています。この病気の発症頻度は少なく、発症の原因についてもわかっていないと言われています。

このように原因がわからない病気がある一方、抗ヒスタミン薬や抗てんかん薬、抗精神病薬などの薬の副作用による過眠症、生活のリズムや睡眠の質・量に関して何らかの問題を抱いていることのよる不適切な睡眠環境によって起こる過眠症などもあります。

まとめ

最後になりますが、過眠症の治療としては高照度光療法とメラトニン療法を平行して行うことで、体内時計を整えて睡眠のリズムを正常にすることが大切になってくるようです。

そして、過眠症の原因は本当にいろいろとあり、それぞれで適切な対処法を行うためにも、やはり専門医などに相談して過眠症の原因をきちんと理解する必要があるといえるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ