過眠症と不眠症は交互に起こる?過眠症と不眠症を防ぐためには?

hirunen

不眠症は寝れないという症状が代表的で、不眠症の方の多くが寝れない症状に悩んでいます。

しかしながら、一方で不眠症と過眠症に交互になったりするのを繰り返してしまうとい方も意外に多いみたいなのです

ここでは過眠症なってしまう理由と防ぐための方法、そして過眠症と不眠症に交互にならないように生活の質を高めるための方法について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

過眠症になってしまう理由とは?

adbd73197cdd13fbd56ef8e568408953

過眠症不眠症は真逆の性質をもっているのですが、実は不眠症の方の中には過眠症と不眠症が交互に起こっているという方も多くいるのです。

実際に過眠症と不眠症を交互になってしまい、日常生活に支障をきたすことが多くなるようです。

過眠症は、その名前通り「寝過ぎてしまう」という症状で、朝起きることができずに1日中眠り続けてしまうのです。また、長時間眠り続けてしまうことで体調を崩すこともよくあり、代表的なのは体全身のだるさ寝過ぎによる頭痛です。

不眠症の方の場合、寝れない日が続くとあるとき限界が来てしまいとても強い眠気に襲われます。そのため、何とか症状を解消するために休みの日にできるだけ多く寝て、睡眠不足の状態を解消しようとするのですが、これが逆効果になってしまい寝過ぎてしまうことで不眠症の症状がさらに悪化してしまうのです。

ある調査によれば、睡眠不足を解消するために朝起きずに寝溜めをするということは、全く意味がないことだと言われていて、寝溜めをすることで心身ともにいろいろと悪い影響が与えられてしまうのです。

つまり、不眠症を解消するために寝溜めをすることが逆に過眠症を引き起こしてしまい、翌日以降にも大きな影響を与えてしまうことに繋がるのです。

過眠症を防ぐためにはどうすればよいの?

過眠症を防ぐためには、まず「毎朝同じ時間に起きること」を徹底するようにしましょう。

不眠症で眠気が強く朝起きられないということもあると思うのですが、それでも顔洗ったりするなどして目を覚まし朝食をきちんと食べるようにしましょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

寝起きには水が良いと言われているので
炭酸水などの少し刺激があるものを飲んで目を覚ますという方法もありますね。
強炭酸水のお求めはこちら

過眠症の方の多くは、朝起きる時間がバラバラであることが多いようです。ですから、朝決まった時間に起きることができずに寝過ぎてしまうことで、夜寝ることができなくなってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

不眠症で睡眠不足だと感じる場合は、昼や夕方まで寝て過ごすのではなく、朝は同じ時間に起きて夜寝る時間を早くすることをおススメします。夜早く寝る習慣を身につけることで過眠症を防ぐだけでなく、不眠症の症状も和らげることができるので、ぜひ一度試してみて下さい。

過眠症と不眠症を交互になってしまうという方はかなり多いので、今現在は過眠症の症状が出ていなかったとしても油断せず気をつけなくてはいけないのです。

夜寝ることができなかったり、寝過ぎてしまったりということを交互に繰り返すことで、心と身体のバランスが崩れてしまい、イライラしやすくなったり、気分が落ち込んだりしてうつ病に発展してしまうような状態にもなってしまう恐れもあるので、過眠症と不眠症は早めの予防と対策を心がけるようにしましょう。

過眠症にはメラトニン療法などの治療が効果的?過眠症の原因とは?

過眠症と不眠症に交互にならないように生活の質を高めるためにはどうすればよいの?

1325665_0

過眠症と不眠症を改善するためには「昼間の活動の質と量」を良くすることが重要になってきます。

昼間に家の中でおとなしくしているという人は眠りが浅くなり、昼間におとなしくしている人は睡眠薬の効き目も薄くなってしまうので、もちろん睡眠の質が落ちていってしまうのです。

不眠症に悩んでいる人は昼間ほとんど動かない生活を送っている人が多いようです。会社でずっと座って仕事をしていて、特に歩き回ることもないような人は完全に「生活の質と量」が低下しているので不眠症になってしまっているのです。

ですから、過眠症と不眠症を改善するために軽い運動をするように心がけることで症状が回復して行くでしょう。もちろんすぐには改善されないのですが、少し生活習慣を見直して「昼間の活動」に焦点を合わせて改善していくことが大切なのです。

生活の質を高めるためにはなるべく動くことがポイントになります。 昼間に疲れが溜まるぐらい動くことで、自分の力で過眠症と不眠症を改善させることができるのです。

ぜひこの機会に1日24時間の生活リズムや習慣を見直して、昼間の活動の質と量を高めていくようにしましょう。

まとめ

最後になりますが、過眠症による不眠症と不眠症による過眠症に交互になってしまうことで悪循環に陥ってしまうようです。

ですから、過眠症と不眠症をどちらも改善することが大事になってくるので、過眠症を防ぐためには「毎朝同じ時間に起きること」を徹底して、不眠症を防ぐためには「昼間の活動に質と量」を見直すように心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ