寒暖差アレルギーと自律神経失調症の濃密なカンケイとは?

2015-08-03a

真夏の暑い空間から
急にクーラーがきいた部屋に行った時に、鼻水やくしゃみが出る。

そんな経験したことありますか?
クーラーのせいで風邪でもひいたかな?と勘違いする人も多いですが、
それもしかしたら寒暖差アレルギーかも!?

でもその寒暖差アレルギーを放っておくと
自律神経失調症になってしまう恐れもあるのです!

そうならないためにも寒暖差と自律神経の関係について
最低限のことは知っておきましょう!

<Sponsored Link>

寒暖差アレルギーとは?

2015-08-03b

寒暖差アレルギーとはその名の通り、
寒暖差つまり気温差によっておきるアレルギーです。

アレルギーという言葉はついていますが、
正式名称は血管運動性鼻炎と言われており、
花粉症などのようなアレルゲンはありません。

この寒暖差アレルギーの原因となるのは、
気温差によって引き起こされる自律神経副交感神経の異常によるものです。

自律神経や副交感神経に異常が起きた時、
鼻の粘膜がむくんで鼻水が出てきてしまうのです。

寒暖差アレルギーの症状はどんなもの?
寒暖差アレルギーは花粉症や風邪と間違うような症状が出るのも特徴です。
そのため、代表的な症状は鼻水くしゃみです。

鼻水は、風邪のような色のついたものではなく透明。
鼻水に色がつくのは、ウイルスのためなので
鼻水の色で風邪かどうかを判断するのもひとつかもしれません。

そして寒暖差アレルギーの特徴として、
精神的に不安定になるというものがあります。

寒暖差アレルギーは自律神経や副交感神経が乱れることによって起きるため
これが影響して精神的に不安定になってしまうのです。

特にイライラすることが多くなります。

寒暖差アレルギーを放っておくと自律神経失調症にも!?

寒暖差アレルギーの症状がひどいままにしておくと、
なかには自律神経失調症になってしまうということもわかっています。

自律神経失調症もまた、自律神経の乱れによって引き起るもので
原因不明の症状が出てくる病気のひとつです。

倦怠感、頭痛、動悸、不眠、微熱、下痢、耳鳴りなどの
体に関わる症状はもちろん、イライラや不安感、憂鬱、
理由のない落ち込みなど精神的な症状も出てきてしまいます。

自律神経失調症にはいくつか種類がありますが、
抑うつ型自律神経失調症になってしまうと
精神的に落ち込みうつの症状が出てきてしまい、
日常生活も十分に出来なくなってしまう可能性があります。

寒暖差アレルギーの予防法

寒暖差アレルギーの症状が悪化すれば、
自律神経失調症になってしまう可能性があるからこそ
出来るだけ寒暖差アレルギーを予防したいものですよね。

寒暖差アレルギーにならないためにはどのようにして予防したらいいのでしょうか?

気温差が出ないような工夫
寒暖差アレルギーは気温差によって起きてしまうものです。
だからこそ、その気温差が出ないようにすることが大切です。

夏などであれば、空調の温度は下げすぎないようにし、
外出の時には羽織るものを持っていくようにするなどしましょう。

筋肉
寒暖差アレルギーにおいて筋肉があるかないかによっても違います。
というのも、人はもともと体の中に熱を持っていてそれが保てれば、
急に寒いところにいっても大きな体温が変化せずに済みます。

熱を保っておくためにはある程度筋肉があることがポイント。
だからこそ、日ごろから筋肉をつけるように適度な運動などを心がけるようにしましょう。

食生活
寒暖差アレルギーは特に
急に気温が下がることによって起きる場合が多いです。
そのため、体内があたたかい状態であることが重要です。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

そのために、摂取するものにも気を遣いましょう。
生姜や香辛料などを意識して摂取することで体の内側から温めることが出来ます。
生姜湯のお求めはこちら

自律神経を自ら整える
自律神経は全身に関わるものだからこそ、
自律神経が乱れるということは体にとってはあまりよくありません。

だからこそ、自分で意識的に自律神経が乱れないようにすることが大切です。
そのためには、湯船にしっかりつかることが大切です。

38~39℃ぐらいの湯船に毎日しっかりとつかることで
自律神経を整えることが出来、自律神経が乱れにくい体づくりになります。

まとめ

2015-08-03c

寒暖差アレルギーは、軽い風邪かな、と思ってそのまま放っておきがちです。
風邪と違うのは、症状は鼻水とくしゃみで、鼻水の色が透明であるということ。

また、イライラした感じになる症状もあるため、
こういった症状が出たら寒暖差アレルギーだと思っておくようにしてください。

ただし、寒暖差が出る季節が過ぎても治らない時には
自律神経失調症になってしまう可能性もあるため、
その場合には病院へ行くようにしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ