禁煙パイポは水蒸気だから無害!体にもお財布にも優しいんです。

2015-04-16a

身体の健康を考えるならすぐにでも禁煙しよう!
長生きするためにはタバコとの決別が必要不可欠。

さまざまな禁煙法の中で如何にお金をかけずに禁煙するかが
タバコ依存症から脱却する鍵となります!

お金を掛けずに禁煙するなら
身体とお財布に負担の少ない禁煙パイポを活用しよう!

煙の代わりに水蒸気を吸い込んで禁煙を成功させる秘訣とは?

<Sponsored Link>

長生きの秘訣はタバコからの脱却にアリ

2015-04-16b

年、欧米社会においては脱タバコの風潮が強まってきており、

その波は日本国内にも波及する勢いとなっています。

その証拠に欧米各国ではタバコの価格を
一箱1000円まで値上げする国も出てきており、
さらに街中での喫煙を全面的に禁止しているニューヨーク市のような自治体も増えてきています。

また、私たちが住む日本国内にもその波が押し寄せてきており、
駅中のホーム内は全て禁煙となり、街中でも特定の喫煙所以外では
タバコを吸う事を禁止する区なども出てきています。

最近では街中で歩きタバコによる事故が頻発した事で、
歩きタバコへの罰金を定める自治体も増えてきており、
愛煙家にとっては住み難い時代が訪れようとしています。

しかし、タバコというのは昔から「百害あって一利なし」と言われるほど
健康へのリスクが高い事でも知られています。

そのため、最近ではタバコを止める為のさまざまな禁煙グッズ
各メーカーから数多く販売されるようになっています。

最近では電子タバコと呼ばれる、電気の熱を利用して
液体を気化させてその水蒸気を煙に見立てて
吸い込むといった禁煙グッズも販売されています。

しかし、画期的に見えるこの電子タバコにも最新の調査では
有害物質発がん性物質が含まれている事が判明しており、
その安全性に疑問を呈する専門家も居ます。

そのため、最近ではその安全性の高さから、
日本では昔から馴染みの深い禁煙グッズとして知られる
禁煙パイポに再び注目が集まりつつあります。

タバコを止める為に必要なのは精神力

最近は禁煙ブームの到来によってさまざまな禁煙グッズが販売されるようになり、
それに伴う形で禁煙にチャンレンジする人も増えてきています。

しかし、タバコに含まれるニコチンには強い依存性が認められているため、
一朝一夕ではタバコからの脱却はこなせないのが現状となっています。

ただ、最近では禁煙外来と呼ばれる禁煙治療専門の医療外来も出来ており、
ニコチン依存症からの脱却は以前よりも容易に可能な時代が訪れています。

しかし、タバコの本当の怖さは身体的なニコチン依存ではなく、
長年に渡ってタバコを吸い続けてきた事に対する愛着、
つまり精神的な依存にあるのです。

多くの人はタバコが止められない原因を
ニコチンによる身体依存によるものだと誤解していますが、
実のところは長年の喫煙によってタバコへの愛着が強くなってしまい、
精神的な依存状態へと陥ってしまう事がタバコを止められない主な原因として考えられます。

そのため、タバコを止める為に必要なのは長年に渡って
培ってきたタバコへの愛着を断ち切る精神力なのです。

禁煙成功率を上げる為に禁煙パイポを活用

2015-04-16c

今現在でも全国のスーパーやドラッグストア、
コンビニエンスストアで購入できる禁煙グッズと言えば禁煙パイポですが、
最近ではあまり利用する人を見かけなくなったように思います。

その理由としては、ニコレットやニコチンパッド、
電子タバコなどの優れた禁煙グッズが数多く販売されるようになった事で、
そこまで禁煙効果が高くない禁煙パイポへの需要が減少したことが第一の理由として考えられます。

しかし最近、需要が減少したと思われていた禁煙パイポを求める人が再び増加傾向にあります。

の理由としては、電子タバコに有害物質が検出された事や
ニコレットやニコチンパッドは経済的な負担が大きい事などが挙げられます。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

禁煙パイポは価格も200円前後で気軽に手に入れることができて、
煙が出ないので周囲にも気を使う必要がないといった利点があります。

また、禁煙パイポは煙ではなく
フレーバーが付いた水蒸気を吸い込むだけなので、
身体や健康への負担がほとんど無いという点も強味のひとつだと言えます。

今、多くの人から見直されつつある禁煙パイポですが、
禁煙に対する強い気持ちを保ちながら補助的な役割として
禁煙パイポを上手に活用する事で、禁煙の成功率を上げることが可能となります。

リラックスパイポのお求めはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ