筋肉痛の治し方!腹筋などトレーニング後の適切なケアとは?

2015-04-18a

トレーニング後には誰もが悩まされる筋肉痛を即効で治す方法があるって本当!?

筋肉痛の治し方やトレーニング後の適切なケアについて学ぼう!
腹筋後に筋肉痛を発症しないためには回復を重視することが大切。

筋肉痛の原因となる乳酸を蓄積させないための方法や
筋肉痛になってしまったときの対処法について徹底解説!

<Sponsored Link>

筋肉痛を治す前にその原因について知ろう

2015-04-18b

夏の暑い時期が近付くと独自に身体をシェイプアップしようと考え、
トレーニングに励む人の姿を見かける機会も増えてきます。

トレーニングにはさまざまな方法がありますが、
その中でもっともオーソドックスなトレーニングとして知られているのは、
筋肉に負荷を与えて鍛えていく筋肉トレーニングです。

筋肉トレーニングの方法には実にさまざまな種類がありますが、
基本的には鍛えたい部分に負荷を与えながら筋肉を収縮させるという方法が一般的となっています。

たとえばポピュラーな筋肉トレーニングとして、
うつ伏せの状態で地面に手を付いてから行う腕立て伏せや
後頭部に両手添えた状態で起き上がることを繰り返す腹筋などが挙げられます。

この筋肉トレーニングは定期的に続けていれば問題はありませんが、
久しぶりにトレーニングを行ったり間隔が開いてしまうと
筋肉痛を発症してしまうことに繋がります。

筋肉痛とはその名のとおり、トレーニング後に引き起こされる筋肉の痛みのことです。
筋肉痛を感じるという事はトレーニングで
しっかりと筋肉に負荷が掛かっていたという証拠になりますが、
この痛みを引き起こす原因はトレーニング時に発生する乳酸と呼ばれる物質にあります。

人間の身体は運動をすると筋肉に乳酸が蓄積されていき、
筋肉の性質が酸性へと変化します。

それでもトレーニングを続けていると
さらに乳酸が筋肉に蓄積されて筋肉が傷つき、最終的には筋肉の痛みとなって現れてくるのです。

筋肉痛を和らげる方法や治し方について

過度なトレーニングを続けていると、いずれ筋肉痛を発症して
筋肉の可動域が制限される結果となってしまいます。

この筋肉痛を和らげる方法については諸説ありますが、
中には更に動き続けて筋肉を温める事で筋肉痛を和らげようと考える人も存在します。

しかし、この方法では筋肉を修復するどころか痛みを
悪化させてしまう事になるので注意が必要です。

筋肉痛を発症して激しい痛みを感じる場合、
まずは筋肉を冷やす事によって血流を抑えることが先決です。

筋肉を冷やして血液の巡りを抑制する事で、
痛みの原因となっている筋肉の炎症を沈静化させることが出来ます。

このようにして筋肉痛が治まってきたら、
次は逆に筋肉を温める事で筋肉の状態を正常化させていきます。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

具体的な筋肉痛の治し方としては、まず最初に氷袋
冷湿布などを用いて筋肉痛が発症した箇所を冷やしていきます。

しばらく患部を冷やすことによって次第に痛みが治まってきますので、
次はお風呂に入って筋肉を温めてあげます。

このとき、出来れば入浴中に筋肉痛が発症した箇所を
揉みほぐしてあげるとより効果的です。

また、別の方法としては温泉施設などを訪れて
熱い湯船に一分ほど浸かった後、冷水風呂に一分ほど浸かるという行為を
繰り返すことで筋肉痛を和らげる効果が期待できます。

冷湿布 インドメタシンのお求めはこちら

食事による筋肉痛へのアプローチ

2015-04-18c

ひとたび発症してしまった筋肉痛を和らげたり治す事は容易ではありませんが
筋肉に新たな栄養を与えてあげる事で筋肉の状態が回復するのを促進させることが出来ます。

筋肉痛の治し方の基本は如何に早く筋肉を回復させるか
ということが鍵となるので、食事によって筋肉に栄養を与えることは非常に重要なポイントとなります。

食事によって筋肉痛を早期に治したいのであれば、
まずはタンパク質を積極的に摂取する事をオススメします。

タンパク質は筋肉の主成分でもあるので、
食事によって補給してあげると筋肉の回復を早めることが出来ます。

また、腹筋や腕立て伏せなどのトレーニング前や
トレーニング中にビタミンB1を積極的に摂取する事で
事前に筋肉痛が残り難い状態を作り上げる事が出来ます。

筋肉痛を予防したり改善するのに効果的な食材には幾つか挙げられますが
豊富なタンパク質とビタミンB1を含んでいる豚肉は筋肉痛対策を考える上で理想的な食材と言えます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ