機能性胃腸症の治療期間をグッと短くする方法

2015-06-03a

機能性胃腸症は日本人の4人に1人がかかっていると言われる現代病です!
その原因は多くの場合ストレスであると言われています。

空前のストレス社会とも呼ばれる現代において、
ストレスと切り離された生活はまた夢のまた夢。
つまり誰にでも発症の可能性がある病気なんです。

今回はそんなストレス社会でも実践できる機能性胃腸症の治療期間の縮め方をご紹介します。

<Sponsored Link>

機能性胃腸症はこんな病気

2015-06-03b

機能性胃腸症とは、内視鏡などの検査を受けても
炎症などの異常が認められないにもかかわらず、
胃もたれや胃痛、吐き気などの症状が続く場合に診断される病名です。

症状は主に二種類にわけることができます。
胃の本来の働きが鈍って吐き気や食欲の低下をまねく運動不全型と、
胃痛や胃に熱を感じる潰瘍型です。

症状が続く期間の目安は大体3ヶ月以上と言われています。
3ヶ月以上の長期にわたって胃に上記の症状を感じる場合はこの病気を疑い、
医師の診察と薬の処方を受けることをおすすめします。

機能性胃腸症の治療期間には個人差がある

機能性胃腸症は慢性的な症状が特徴なので、
完治にはかなり時間がかかります。

また、原因であるストレスや生活習慣の改善というのも、
仕事や家庭の関係で難しい場合が多く、
それもまた治療期間の長期化を助長していると言えるでしょう。

一般的には数ヶ月?数年、または持病として
一生付き合っていかなくてはいけないと言われているようです。

機能性胃腸症の治療期間を縮めるために

機能性胃腸症には対処療法的に薬が処方されますが、
完全に治すためには抱えているストレスを解消し、
自律神経の乱れを落ち着かせるることがまずもって不可欠です。

ですが、生活がすでに決まってしまっている以上、
それってかなり難しいんですよね。

抜本的な改善が無理ならば、和らげる方法を考えていくしかありません。

休む・寝る・無理をしない!自律神経を落ち着かせましょう

ストレスを解消し、自律神経を落ち着かせるために、
最も有効なことは”休むこと”です。

長めの休暇を取って体を休めることが理想的ですが、
働いていると長い休暇なんてなかなか取れないものですよね。
そういう場合は、日常生活の中で意識的に”休む”必要があります。

気づかないだけで、人と一緒にいるだけでも案外疲労はたまっているものです。
職場でのお昼休みは一人で過ごせるところを探して、
自分の好きなようにゆっくり過ごしましょう。

仕事中も、許されるのであれば少し多めに席を立ち、
根を詰めすぎないことも大切です。

できれば上司に相談するなどして、周囲の理解を得ておくと安心ですね。

夜は出来るだけ早く帰り、すぐに布団へ入るようにしましょう。
夜更かしは厳禁です。

質のいい睡眠はストレス解消に高い効果があると言われているので、
積極的に利用しましょう。

質のいい睡眠とは、何時間も睡眠をとることではなく、
起きた時に「ぐっすり眠れた!」という感覚を持てるリラックスした睡眠のことです。

最近は様々な寝具やリラックスグッズが出ているので利用してみるのもいいかもしれません。

直接胃に入る食事に関して気をつけるポイント
食事は直接胃に入るので、できるだけ消化の良いものを選んで
摂取することをおすすめします。

お酒や香辛料の効いた食べ物は刺激物なので控える必要があります。

食事はよく噛んでゆっくりと摂り、、胃の消化を助けましょう。

毎日同じ時間に規則正しく3食食べることは、自律神経を整えることにも繋がります。

機能性胃腸症の予防もやはり休むこと

2015-06-03c

一度発症するとなかなか治すのが難しい、機能性胃腸症
一度は完治してもぶり返すことも多いそうなので、
予防に努めることも大切だと思います。

有効な予防方法も、やはり休むことです。
適度に休み、日々を楽しむ余裕のある生活を心がけましょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

温泉旅行でゆっくりしたいところですが
そんな頻繁に行けるものではありませんので
入浴剤を入れてのんびり湯船につかるなど、
自宅でリラックスできる空間を作るようにしてみましょう。
入浴剤のお求めはこちら

疲れた体に鞭を打って働いたりなど、無理は絶対に禁物です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ