クエン酸はわきがにも効果あり!クエン酸の体臭抑制効果はすごいぞ!!

2015-01-20

クエン酸を知っていますか?りんごなどに含まれる成分で体臭予防に非常に効果の高い成分です。

このサイトは「男性の抱える美容や健康の悩み」をテーマに記事を書いてきました。
男の悩みと言えば!『体臭』は代表的なものの一つになるでしょう!
なのにこれまであまり取り上げてなかったので今回は『体臭』の解決法を紹介しますよ!

<Sponsored Link>

体臭ケアは食べ物が大切?

2015-01-20a

男性は女性に比べ筋量が多く、仕事など日常的に体力を使う場面が多いため
体臭はキツくなりがちです。

解決策としてはマメな着替えや拭き取り、香水やスプレーなども有効ですが、
それは一時しのぎの手段に過ぎません。

世の中、原因があって結果があるように
匂いも体調の善し悪しと言う原因から匂いという結果が出ているに過ぎません。

同じ汗でも「運動後のサラサラした汗」と「脂汗」で匂いが違うように
お酒や肉類を食べたあとの方が、野菜だけしか食べていない時より臭いように
風邪など病気の時の汗は独特の匂いになるように

ベースとなる体調を管理できれば、結果として出る匂いをある程度抑えることは可能なんです。

わきが、体臭予防には生活習慣改善が効果的!

まず臭くなる理由の1つが体が酸性になる事。
人間の体は酸性に偏りすぎると、抵抗力が落ち体調不良になったり匂いがキツくなりやすくなります。
酸性食品と言うと肉類や乳製品、卵やパンと言ったものがそうですね。

2つ目が乳酸がたまること。
人間は疲労すると疲労物質である乳酸と言うものが体内に溜まります。
また、汗腺に酸素が不足し皮膚の抹消循環が悪化しても乳酸は沢山出てきます。

この乳酸がアンモニアと結びついて汗と一緒に体外に出てくることで
アンモニアが汗のニオイの原因となり臭くなってしまう訳です。
なので、乳酸が増えると尿や汗に混じって出てくるアンモニア量が増加し、匂いがキツくなるのです。

しかし、そこで体内にクエン酸があると乳酸が生成されにくくなるので
アンモニアと結びつく事もなくなり汗や尿の匂いを抑制できるんですね。

クエン酸はこの2番目の乳酸を水と炭酸ガスに分解し体外に排出する役割を果たしてくれます。
そして、クエン酸を含むアルカリ性食品である梅干などであれば
1の体の酸性化も中和してくれる事により体臭を大きく改善してくれます。
その効果はなんと!1000gのステーキを中和するのに梅干1gで良いのです。

ワキガの場合はどうなの?風呂が万能すぎる

2015-01-20b

ワキガは普通の体臭とは少し違い、体内で生み出される”アポタンパク”と言う物質が臭いの元と言われています。
しかし、クエン酸はこの“アポタンパクを減らすことにも効果があるのです。

クエン酸は梅干やレモン、りんごなどに含まれるのですが、
これらを食品として摂取するだけでなくスリの下ろして腋に当てても
汗というのはかいたあと再び汗腺から一部が吸収されるのでその時に一緒にクエン酸が吸収され
乳酸を分解したりアポタンパク軽減に効果を発揮します。

クエン酸は前述の食品や、リンゴ酢などからの摂取が効果的ですが
サプリとして薬局等でも入手する事が出来ます。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

効果的なクエン酸の使い方としてはお風呂などが有効です。
このような粉状のクエン酸を大さじ一杯ほどお風呂に溶かして入浴をします。

お風呂に使っていると体表から汗をかきますが、
先ほど話したように汗腺から再吸収される際に、お湯に混じったクエン酸を汗腺から吸収する事で
口から摂取するよりも効率よく体内に取り込み、乳酸を分解する事でニオイの元を断ってくれます。

また、体表にクエン酸が付着すると肌が弱酸性となるので
細菌の繁殖を押さえる効果もあり、体の内側と外側からダブルで体臭を効果的に減らしてくれるのです。

クエン酸のお求めはこちら

効率的にわきがにクエン酸を活用するには?

わきがや体臭は汗の量よりも質が重要になって来ます。
同じ量の汗でもサラサラの汗をかいてまったく匂わない事もあれば、
少しじわっとかくだけですごく匂う事があるように汗に含まれる物質で体臭は大きく変わります。

また、わきがはかいた汗が脇毛などの毛根に付着した状態で乾燥する事で雑菌が繁殖し
ニオイの元にもなるのではじめからそう言った物質を含まない汗になるよう心がける事が大切なんです。

外の自然の気温の元で運動をすればサラサラ汗ですが、エアコンの効いた室内で運動をせずに過ごすと
汗腺が退化してしまい粘っこい汗をかきやすくなるので運動習慣を持つ事も大切です。

クエン酸を摂取し、お風呂にも入れて入浴し、適度に運動する事が
クエン酸を使用する上で最も効果的なわきが予防になるのです

すこし面倒かもしれませんがチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ