目のかゆみと眠気の原因と対処法は?

0133c9acd16f4d8447e2596dfef9d27f

目のかゆみは、目に異物が入ってきたときに起こる目の症状の1つで、病気ではありません。

そして、眠気はそのメカニズムについては、まだあまり解明されていないようです。今現在のところ、「生体機構」と「生体リズム」の2つが関係していると考えられているようです。

ここでは、目のかゆみと眠気の原因と対処法について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

目のかゆみの原因とは?

458_c

目のかゆみは、目に入ってしまった異物を外に出そうとするために起こる、「自己防御反応」と考えられています。

目のかゆみの原因としては、以下のようなものがあります。

・ハウスダスト、ダニ、花粉、カビ、動物の毛などによるアレルギー
・ウイルスや細菌による感染症
・アトピー体質
・目の疲れ
・ドライアイ(目の乾き)
・コンタクトレンズの過剰使用や不具合

目の疲れを風呂で癒す方法とは!!?

アレルギーの原因となる物質を「アレルゲン(抗原)」といい、このアレルゲンが体の中に入ってくると、アレルゲンを退治する「抗体」が体の中で作られ、アレルゲンを体の外に排除しようとする体本来の免疫機能が働きます。

しかしながら、アレルギー体質の人はこの免疫機能がより敏感に働いてしまうため、過剰なアレルギー性の炎症反応が起こるのです。

反応する場所が目の粘膜、つまり結膜の場合、「アレルギー性結膜炎」になります。ハウスダストやダニ、花粉以外にもカビやペットの毛、フケなども「アレルゲン」となってしまうので、アレルギー体質の人は要注意なのです。

目のかゆみの対処法

目をよく洗う

目を洗うことは、目に付いた花粉やほこり、ウイルス、細菌、ハウスダストなどの異物を洗い流すのに効果抜群です。ですから、目のかゆみを感じたら、まずは水や洗眼薬で目をよく洗うようにしましょう。

マスクやメガネを着用する

外出する時は、マスクメガネを着用し、花粉やほこり、ウイルスや細菌などから、目や鼻を守るようにしましょう。また、室内をこまめに掃除して、ハウスダストやダニ、カビなどを取り除くようにしましょう。

コンタクトレンズの過剰使用を避ける

コンタクトレンズの長時間・長期間の使用は角膜や結膜に負担がかかってしまい、目のかゆみの原因となるので、コンタクトレンズの過剰使用は控えるようにしましょう。

目の乾燥を防ぐ

エアコンの効いた部屋は、空気が乾燥して目が乾きやすくなります。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

ドライアイによる目のかゆみの場合、加湿器などを活用して目を乾燥から守るようにしましょう。

加湿器のお求めはこちら

ドライアイもどきって何なの?ヤバいの!!?

市販の目薬を点眼する

市販の目薬には、いろいろな種類の有効成分が配合されています。目のかゆみには、抗アレルギー成分抗ヒスタミン成分抗炎症成分抗菌成分などを配合した目薬がおススメです。

眠気の原因とは?

147655371-600x399

眠気のメカニズムについてはあまりわかっていないようなのですが、今現在のところ考えられている眠気の原因としては、以下のようなものがあります。

生体機構による眠気

夜更かしをした翌日や疲れた夜に眠気を感じるのは、疲れを回復するために体の「生体機構」が、主に関係していると考えられています。

生体リズムによる眠気

昼ごはんを食べてからしばらくすると眠たくなるのは、消化するために血液が使われて脳が血液不足になるからと言われていたのですが、最近では午後2時ぐらいに眠気をもよおす生体リズムが存在していることが明らかになってきているようです。そして、時差ボケは、海外への移動によって昼と夜の時間と「生体リズム(体内時計)」がズレてしまうことによって、眠気をもよおすと考えられています。

また、高齢者の場合は加齢によって生体リズムを維持する機能が低下してしまうため、睡眠が浅くなったり、朝早く起きたりして、昼間に眠気を感じることがあるようです。

薬の成分による眠気

今薬を服用している場合、薬の副作用による眠気の可能性もあります。

医師から処方された薬以外にも、市販のかぜ薬や花粉症などの鼻炎用の薬、解熱鎮痛剤など、人によっては副作用として眠気をもよおす成分が含まれていることもあるので、使用上の注意を確認して服用するようにしましょう。

その他

つまらない授業や会議などで感じる眠気は、精神的な要因が関係していると考えられます。また、女性が生理前や妊娠中に感じる眠気は、女性ホルモンが関係していると考えられます。

眠気の対処法

眠気を解消する

軽い眠気の場合は、気分転換して、眠気を覚ますのが良いでしょう。顔を洗うや歯を磨く、ストレッチをする、ガムをかむなど体に軽く刺激を与えてあげることで眠気を解消することができるでしょう。

コーヒーやお茶に含まれるカフェインにも、眠気を覚ます効果があります。カフェインには、脳を刺激する「中枢興奮作用」があり、これが眠気を抑制してくれます。

カフェインを配合した「眠気止め」の医薬品もあり、これらの医薬品には眠気を取り除くと考えられている量のカフェインが配合されていて、その配合量が明示されています。医薬品なので、使用上の注意を守って、正しく使うようにしましょう。コーヒーやお茶、ココアなどカフェインが含まれている飲み物との併用には気をつけましょう。

また、アロマテラピーやツボ押しなども眠気を解消する効果があるといわれているので、普段から自分にあった眠気を解消する方法を見つけておくことをおススメします。

仮眠を取る

昼間に眠気に襲われたときに効果的なのは、短時間の仮眠、つまり昼寝をするということです。長時間の昼寝は、起きたあと逆に頭がぼーっとするので、 昼寝は20分間ぐらいを目安にしましょう。

昼寝をする時間帯としては、 午後3時以降の昼寝は夜の眠りに影響を与えてしまう恐れがあるので、午後3時より前が良いといわれています。

また、コーヒーなどカフェインの含まれている飲み物を飲んでから昼寝をすると、起きるころにカフェインの刺激作用が効果をあらわすので、20分後にすっきりと目を覚ますことができます。

昼寝は最も効果的な眠気の対処法と言われているのですが、仕事中に昼寝をするということは、なかなか難しいかもしれません。ただし、運転しているときに眠気を感じた場合は、事故を防ぐためにすぐに仮眠を取るようにしましょう。

まとめ

最後になりますが、目のかゆみの原因は、目に入った異物を外に出そうとするために起こる「自己防御反応」やドライアイなどによるものです。目のかゆみの対処法は、目に異物が入らないようにしたり、異物を洗い流したり、目の乾燥を防ぐなどになります。

そして、眠気の原因は、まだあまりわかっていないようなのですが、「生体機構」と「生体リズム」のよるもの、そして薬の副作用によるものなどです。眠気の対処法としては、仮眠、つまり昼寝が最も効果的なようで、昼寝ができない場合は顔を洗うやガムをかむなどにして眠気を解消するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ