夏風邪がぶり返して治らない!いったいなんで??

2015-05-29a

夏風邪がなかなかなおらない、そんな経験ないでしょうか?

一般的に夏風邪と冬風邪、どちらもウィルスに感染して発祥するものです。
活発な種類のウィルスが季節によって異なるため、
ウィルス自体は違うかもしれませんが、症状は似ています。

ではなぜ夏風邪は長引きやすく、ぶり返しやすいんでしょうか?
それは夏という季節による身体の疲労や、
現代をとりまく環境的な要因が原因と言われています。

それらの点を理解して対策するのが
夏風邪を早く治すためのコツと言えるでしょうか?
具体的にどのような対策をすればよいのか、みていきましょう。

<Sponsored Link>

猛暑による慢性的な疲労、きちんと対処してますか?

2015-05-29b

夏は基本的に体力を消耗しやすいです。
ただ暑いというだけで人間の身体は体温調節に体力を使うため、
疲労状態が続いてしまうことが多いんです。

免疫力抵抗力も落ちやすいため、そんな状態でウィルスが進入したら・・・
抵抗するだけの力が残っておらず、ウィルスにまんまと感染してしまうんですね。

結果、風邪をひくということになります。

また免疫力・抵抗力が落ちていると、
体内に無症状の状態で潜伏しているウィルスなどの活動が活発になりやすいです。

風邪をひいていない期間も実はウィルスは
体内に存在している場合がほとんどですが、
身体が自然とその活動を抑えているんですね。

身体が健全な状態だとその潜在しているウィルスに抵抗できるのですが、
疲労状態だと抵抗できず、ウィルスに負けて風邪をひいてしまうんです。

とにかく夏は体力の消耗を抑えること!最近は特に猛暑が続いていますが、
温暖化に伴い今後もますます暑くなることが予測されます。

しっかり体調を整え、長引きやすい夏風邪にしっかりと対処しましょう。

こんな原因も!夏風邪は温度差に注意

最近は夏でも快適にすごせる環境が多くなりましたね。
多くの施設でエアコンが配備されていますので、とっても快適に過ごせます。

ただ快適すぎ・・・というかむしろ寒い!(>_<)なんて場合もありますよね。
この、「外にでると暑いのに室内だと寒い」というのは
非常に身体に負担をかけます。

身体を一定に保つ機能、すなわち自律神経の機能が
バランスを崩してしまい、風邪をひきやすい状態にしてしまうんです。

オフィスのエアコンを調節できればいいのですが、
なかなかそういうわけにもいきません。

体温調節がしっかりできるよう、オフィスにはカーディガンや
ブランケットなどを用意してエアコンの冷えから身体を守りましょう。

また温かい飲み物を定期的にとって、
身体の中から温めることもとっても大事です。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

温かいお茶などを飲むと内蔵が温められ、
余計な負担を減らすことができます。

普段何気なく飲んでいる飲み物ですが、
しっかり注意することで大きな効果が得られます。
ちょっと注意してみるとよいでしょう。

しょうが湯のお求めはこちら

その他にもこんな原因が・・・

夏風邪の長引く原因ですが、
身体を冷やす食べ物を多く食べてしまうことも原因の一つです。

季節性の植物は、夏のものであれば身体を冷やすし、
冬のものであれば身体を温める効果があります。

つまり夏に収穫される野菜や果物は身体を冷やす効果が大きいのですが、
やはり旬のものを口にする機会は多いですよね。

身体を冷やすと、上述の通り風邪を引きやすくなりますし、長引きます。
食事の内容、またアイスなどを食べ過ぎていないかなど、
身の回りの細かい習慣から注意していきましょう。

猛暑・温度差・食事に注意しましょう

2015-05-29c

猛暑による免疫力・抵抗力の低下、
温度差による自律神経の不調、食事による冷え。
これらが総合して、夏風邪を治りにくいものとしているようですね。

対処法はとにかく身体を冷やしすぎないこと。
ただし暑いのにガマンしすぎていると、熱中症や脱水症状を起こしてしまいます。

自分の身体にあった適温をちゃんと維持できるような
環境づくりをしてあげること。それが夏風邪の予防につながります。

しっかりとご自身の身体と対話をして、
冷えすぎていないか?暑すぎないか?を常に意識しながら生活をしましょう。

その習慣をつけることが、
夏風邪のぶり返し防止や長引かせないことの一番の対策になると思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ