寝汗は栄養バランスが乱れてるサイン!?

2015-03-17a

寝汗をかいた事がある人はわかると思いますが、
目覚めた時のあの肌の湿り具合が何とも気持ちの悪いものです。

この寝汗の原因には様々なものが考えられますが、
寝汗と栄養という点でとても重要な事がわかりました。

<Sponsored Link>

寝汗って何故かくの?

2015-03-17b

朝、目が覚めた時にパジャマや布団のシーツが
寝汗でビッショリという経験をした人はいないでしょうか?

夏場に暑くて出る汗とは違う感じの寝汗。
特に女性は気になっている人も多いのではないでしょうか?

今から寝汗のひどい女性を中心にその原因を解析したいと思います。
寝汗は人によってかく程度が違いますが寝ている間にかく汗の量は大人の場合、
平均して一晩眠っている間にコップ一杯分の汗をかくというのが有名な話です。

また風邪を引いた時などは体温を下げるための生理現象として大量の寝汗をかく事があります。

その他の原因として特に女性の場合に多いと言われているのが
ホルモンバランスの崩れという事が挙げられます。
女性は生理や妊娠といった要因からホルモンバランスが変化しやすく、
どうしても寝汗をかきやすくなります。

ですが、すごい量の寝汗が続くと心配になります。
汗をかく場所によっても様々な原因が考えられますが、
首や上半身の寝汗が気になるという方は甲状腺に異常がおきているのかも知れません。

こういう場合は内分泌系のお医者さんに診てもらうのが良いでしょう。

甲状腺ホルモンの働きの中に体温調節という役割があります。
甲状腺ホルモンのバランスが崩れることで
寝汗がひどくなったり自律神経にも影響が出始めたりします。

自律神経もバランスが崩れると汗をかく、
中枢機能が過敏になってやはり寝汗の原因となります。

また下半身の寝汗の原因は生理や妊娠によるものが大半のようです。
こちらも毎晩続いたり汗の量が半端じゃない場合には
婦人科のお医者さんに相談するのが良いでしょう。

ストレスによる精神的なことから自律神経失調症という、
神経に支障をきたすような事が起こってしまった場合も
ホルモンのバランスに影響が出て寝汗が出るといった症状も起こりえます。

これらの事から寝汗がひどい原因の一つとして
女性の場合はホルモンバランスが関係しています。

寝汗の原因とは?

寝汗がひどくなりがちなのはホルモンバランスが崩れやすい女性特有のもの。

では具体的にどのような原因によるものなのでしょうか?代表例を挙げてみましょう。

まず一つは更年期によるものです。
年齢には個人差がありますが、40代後半あたりから卵巣機能が終わりに近づき、
エストロゲンというホルモンが不足し始めます。

そのまま閉経に向かう女性も多いですが、
その時に体内では衰え始めた卵巣を再び活動させようという働きが生じます。
それによって脳が興奮状態になり、イライラしたり情緒不安定になったりします。

また自律神経にも支障が出るといった事になり始めると
発汗が激しくなり寝汗の原因となります。

このような女性の身体にとって
ホルモンバランスに大きな変化を起こしてしまう症状を更年期障害と呼びます。

もう一つの原因には生理によるものがあります。
生理が始まる前は黄体ホルモンというプロゲステロンの分泌が増えます。

この時期を高温期と呼び、体温が平熱よりも高くなるため寝汗が出やすくなります。
けれども寝汗の量が多く、それ以外の生理による症状(眠気下腹部痛頭痛など)が
ほぼ決まった時期に出るといった場合は月経前症候群である可能性があります。

寝汗も含めて症状が毎回強いようなことが続くならば
婦人科や産婦人科のお医者さんに相談してみましょう。

そしてもう一つの原因は妊娠によるものです。
妊娠中はホルモンバランスが乱れやすくなるうえ、身体的にも精神的にも変化が生じやすいです。
特に初期の頃は基礎体温が上がり、寝汗も出やすいです。

体温が上がるのは赤ちゃんを守るために自然に働く機能です。
安定期になれば寝汗の量も減ってくるでしょう。
後期に入っても大量の寝汗が出続けるようでしたら、
稀に甲状腺の異常を起こしている場合がありますので産婦人科のお医者さんに診てもらいましょう。

栄養による寝汗対策

2015-03-17c

上記のような寝汗の対策として、投薬や漢方などを使って治していくという方法もありますが
基本的には規則正しい生活リズムと食事を摂ることが大切です。

不規則な生活リズムによる不規則な食事時間や偏った食事は栄養バランスが乱れてしまいます。
これらに気を付けてビタミンやタンパク質もしっかりと摂り、
きちんとした食生活を送ることが何よりも大切です。

他にも栄養と言う点ではこまめに水分を摂るということです。
水分が足りないと身体が血液や細胞から水分を放出しようとして
ベタベタとした寝汗の原因を作ってしまいかえって身体によくありません。

コップ一杯の寝汗はかくのですから適切な水分補給はとても大切です。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

その場合はコーヒーや緑茶などの利尿作用が強いものよりも
スポーツドリンクのような栄養ドリンクがお勧めです。
汗をかいて目が覚めた時に飲めるように枕元に置いておきましょう。

アクエリアスのお求めはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ