熱中症はむくみを引き起こす?水分の正しい取り方とは?

2015-07-10a

夏の暑い時期になると増えてくる熱中症の脅威について学ぼう!
熱中症になるとどのような症状が現れるのかを知って予防策に活かそう。

熱中症への効果的な対策と正しい水分補給の方法について徹底解説!
どんな症状が現れたら熱中症だと判断すべきなのかを知ろう!

身体のむくみを感じたら熱中症を疑って効果的な対策を施すことが大切です!

<Sponsored Link>

熱中症の症状について

2015-07-10b

夏の猛暑が続くと人は体温調節機能が上手く働かなくなり、
時に熱中症と呼ばれる症状に陥ってしまうことがあります。

熱中症は高温多湿な環境の中で
長時間に渡って過ごす事によって起きる幾つかの症状の総称です。

たとえば夏の猛暑の中で長時間の運動や作業を行っている最中に
めまい顔の火照りなどを感じたら熱中症の初期症状と見て間違いないと思います。

そのため、めまいや立ちくらみ、顔の火照りなどの症状が現れたら
すぐに休憩を取り、水分補給をこまめに行うことが必須となります。

また、症状が進むとめまいや立ちくらみだけでなく一時的に意識を失ったり、
稀に腹痛などの症状が現れる場合もあるので注意が必要です。

また、熱中症の初期症状が現れたにも関わらず
作業や運動を中断せずに居ると、次は手足の筋肉がつる症状や
手足の筋肉が痙攣する症状などが現れてきます。

これらの筋肉に関する症状は通称こむら返りとも呼ばれており、
筋肉がつる以外にも筋肉が硬くなって
筋肉痛の症状が現れたりピクピクと痙攣したりする場合もあります。

さらに症状が進んでくると今度は身体の倦怠感吐き気などを催してきて、
身体に力が入らないといった症状へと進行していきます。

そしてさらに症状が悪化すると冷や汗が噴出すように出てきて、
体温は高いにも関わらず顔色が青白くなる等の症状が現れます。

熱中症への有効な対策とは

夏が訪れると熱中症になってしまう人も増えてきますが、
自分がそうならない為にもあらかじめ熱中症にならない為の
対策をしておく事が大切です。

熱中症にならない為の対策としては、
まず第一に暑さに負けない体力を身に付ける事が重要となります。

熱中症は条件さえ揃ってしまえば誰でもかかるリスクがありますが、
事前に基本的な体力づくりをしておくことで
熱中症になり難い身体を作り上げることが出来ます。

気温が上がり始める初夏から少しずつ運動を行って
暑さに負けない体力を作る事で、
熱中症を発症するリスクを少しでも低下させることが大切です。

また、それと同時に身体が夏の暑さに一早く順応する為にも、
エアコンなどの使用は極力控えておくことも熱中症の有効な対策となります。

ただし、暑さが本格化した場合は無理をすると
熱中症になってしまう可能性が高まるので、
その場合は無理をせずにエアコンを使用してもOKです。

また、熱中症への有効な対策として代表的なのは
水分補給を欠かさず行う事が挙げられます。

熱中症では体温調節機能が追いつかずに
身体の火照りや立ちくらみなどの症状が現れる為、
身体の水分が蒸発して失われがちになります。

そのため、熱中症にならない為にもこまめに水分補給を行い、
体温調節機能が失われないように心掛けることが大切です。

ただし、あまりにも水分を補給し過ぎてしまうと身体にむくみが現れたり、
酷い場合は水中毒症を発症してしまうこともあるので飲み過ぎには注意が必要です。

熱中症になってしまった場合の応急手当

2015-07-10c

いくら気をつけていても熱中症になってしまう場合があるので、
事前に熱中症にかかってしまった場合の対策や
応急手当に関する知識をしっかりと身に付けておくことが大切です。

万が一、熱中症になってしまった場合は
すぐに涼しい場所へ移動することが大切です。

エアコンの効いた室内や車内、
または屋外だと風通しの良い木陰などに移動して安静に過ごすことが大切です。

また、衣服を着たままだと身体が締め付けられて
体温調節が上手くいかない場合があります。

そのため、熱中症になってしまった場合は衣服の締め付けを緩めたり
脱がしたりする事で身体の熱を外に放出しやすい状態を作ってあげることが大切です。

また、首や脇の下、足の付け根などに
氷や保冷剤を当てて冷やすと体温を効率良く下げることが出来ます。


参照:楽天市場

さらにミネラル分を多く含んだ経口補水液などでゆっくりと水分補給を行い、
症状が改善するのを待つことが大切です。

OS-1のお求めはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ