眠気にはブドウ糖が効く?仕事中や禁煙中の眠気の原因は?

2ffbf2e56a8be92c33526626f64c9037

日常生活のいろいろな場面で襲ってくる眠気・・・

そんな眠気には、ブドウ糖が効果的なようです。

そして、男性の場合は特に仕事中や禁煙しているときに眠気に襲われることはありませんか?この眠気の原因はいったい何なのでしょうか?

ここでは眠気とブドウ糖の関係性と仕事中や禁煙中の眠気の原因について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

眠気はブドウ糖で覚ますことができるってホント!?

soneca

眠気というのは、脳の活動が休止してきたり、脳内の酸素不足が原因によって起こります。この脳のエネルギー源となっているのが、ブドウ糖です。ブドウ糖は体内への吸収がとても早く、摂取してから5分ぐらいで脳のエネルギー源となるようです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

特に血糖値の低さによる眠気がある人の場合は、ブドウ糖は眠気の特効薬になると言えると思います。最近ではブドウ糖はスーパーのお菓子コーナーに並んでいたり、ドラッグストアで販売されていたりするので、簡単に手に入れることができます。

ブドウ糖のお求めはこちら

しかしながら、ブドウ糖も決して万能というわけではなく、ブドウ糖だけで使用した場合は眠気覚まし効果が低いと言われています。したがって、この他の眠気覚ましとなるガムやチョコレートなどの食材やツボ押しや過眠などの眠気覚ましの方法を併用することをおススメします。また、ブドウ糖は摂り過ぎてしまうと、逆に眠気が強くなることもあるそうです。

ブドウ糖は炭水化物や砂糖入りのジュース類やフルーツにたくさん含まれているので、朝食にはやはり炭水化物であるご飯やパンを食べた方が脳科学的にも眠気覚ましに効果かあると言えるのです。ですから、毎日の朝食は抜かないようにして、きちんと食べた方が勉強や仕事もはかどると言えるでしょう。

仕事中に来る眠気の原因

仕事に集中して取り組まなくてはならないときに限って、いきなりどうしようもない睡魔に襲われたことはありませんか?

アメリカの最近の研究結果によると、この眠気は職場やオフィスの二酸化炭素濃度の上昇が原因とされているようです。二酸化炭素濃度は一般的なオフィスの場合であれば1000ppmぐらいなのですが、アメリカで行われた実験によると二酸化炭素濃度が2500ppmになると仕事の効率が大幅に低下することが明らかにされています。

また、会議などで閉め切られた空間や空気の通りが悪い場所に多くの人が長時間集っていると、二酸化炭素濃度は急速に上昇するそうです。学校の教室などでは、二酸化炭素濃度が1000ppm以上になることは決して珍しいことではなく、学校や教室によっては3000ppmになることもあるようです。

普段の仕事中は何ともないのに、会議をしているときだけ眠気に襲われるという人は二酸化炭素濃度が高くなる環境が原因だったのかもしれません。眠気が襲ってくるという場合には、だいたい脳内の酸素が少なくなることで起こるので、部屋の換気を行ったり、深呼吸することで会議中やオフィスでの眠気は理論上は防げるものだと思います。

ちなみに、屋外の二酸化炭素濃度は380ppmぐらいで、研究結果としては「屋内の二酸化炭素濃度2500ppmや3000ppmに達したとしても必ずしも健康に悪い影響を与えるわけではないが、集中力や意思決定力に支障をきたす可能性があることは明らかになった」ということなので、会議やオフィスで眠気が強くなる場合には、やはり喚起することをおススメします。

禁煙からくる眠気とは?

禁煙をしていると、眠気に悩まされるようになるみたいです。

これはなぜかというと、タバコの中にあるニコチンには覚醒作用があり、それが禁煙によって体の中からなくなってしまい、ニコチンで覚醒していることに慣らされていた脳が覚醒物質不足になって眠気が強くなってしまうのだそうです。

禁煙をしたことがある人の話によると、禁煙を始めてから1週間~10日ぐらい経つと、それほど眠気に悩まされることはなくなるようなのですが、禁煙をし始めた最初の2~3日ぐらいは、強烈な眠気に襲われて本当につらいみたいです。

そして、少しずつ自力で覚醒物質が作られるようになるのが1週間~10日ぐらい経ってからのようでで、覚醒物質が身体の中に満たされてくると眠気は治まってくるようです。

しかしながら、人によっては強烈な眠気が長引く場合もあるようで、なんと1年もの間眠気が解消されない人もいるとのことです・・・

一方、禁煙をし始めてから眠気に襲われなくなると、タバコを吸っていたときと比べて睡眠の質が良くなるそうです。

タバコでいつも脳を覚醒状態にしてしまうので、タバコを吸っている人は不眠を患っていることが多く、特にヘビースモーカーの人はニコチンの覚醒作用によって寝つきが悪くなり、寝れないので寝る前にもう一服と吸ってしまうためにぐっすりと眠ることができないという悪循環に陥ってしまうそうです。

禁煙をし始めてから何ヶ月も経っているの眠気長引いて改善されないという場合は、最近では禁煙外来というものがあって病院で薬も処方してくれるようなので、病院の医師ときちんと相談のうえで禁煙することをオススメします。

まとめ

最後になりますが、眠気にはブドウ糖が効果的なようです。しかし、ブドウ糖だけではあまり効果を期待することはできないようなので、ガムを噛むや仮眠など他の眠気の解消する方法と併せることをおススメします。

また、仕事中や禁煙しているときに眠気に襲われるという人は、ここで紹介した原因を理解していただいてから適切な対処を行うようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ