ニキビが鼻の下にできてしまった時の対処法は?

2015-07-23a

思春期のニキビでも大人ニキビでも、
口の周りに出来るニキビは炎症を起こしやすいといわれています。

特に鼻の下に出来るニキビは、場所が場所なだけに目立ってしまいます。
ニキビができている時は当たり前としても、
ニキビが治った後にニキビあとが残ってしまったりしては憂鬱にならざるを得ません。

鼻の下に出来てしまうニキビの正しい対処方法はどういったことなのでしょうか?

<Sponsored Link>

なぜ鼻の下にニキビができるのか

2015-07-23b

鼻の周辺から下側には
皮脂腺といわれる皮脂を分泌する場所が多く存在しています。

皮脂はその役割から分泌されることで肌を守る働きもしてくれます。
しかし、分泌される皮脂が多すぎてしまうと、
毛穴がふさがってしまいニキビを作りやすくなってしまいます。

皮脂が過剰分泌してしまう原因の一つは、
ホルモンバランスが崩れてしまうことにあります。

ホルモンはバランスを崩しやすく、ちょっとしたことで分泌に影響を与えます。
ストレスが多くなってしまっていたり、睡眠時間が短かったり、
食生活が不規則だったりすると、ホルモンの分泌がうまくいかなくなってしまうのです。

ですから毎日の生活習慣を正して偏りのない食事を摂り、
ストレスをためないようにしながら生活できるように心がけましょう。

生活を改善することで、皮脂の分泌を正常に戻すことができます。

鼻の下ニキビのケア方法

鼻の下にニキビができてしまった場合は、
できるだけつぶしたりせずに触らないようにしましょう。

潰してしまうとニキビ跡になり、ニキビが消えた後にも
そのあとが残ってしまったりするからです。

洗顔をする時にも指でこすったりせずに、
よく泡立てた洗顔料で泡から皮脂を吸着させるように洗ってください。

泡だけで洗うのは難しいかもしれませんが、
あとを残さないようにキレイにするためには必ず行うようにしましょう。

鼻の毛穴に詰まった皮脂も、指で圧をかけたり爪でつぶしたりせずに
泡で吸着させて洗うようにします。

ニキビができてしまい、思ったよりも大きくなり炎症を起こしてしまった場合は、
皮膚科の受診をオススメします。

できてしまったニキビは触らないようにして、清潔にするようにしましょう。

ニキビを作りにくい食生活

肌は体の影響を受けやすいところでもあります。
内臓が悪くなったりすれば、顔色に表れるのです。

ニキビと影響が深いのは、やはり食生活といえます。
例えば便秘気味であった場合は、肌が荒れてニキビができやすくなってしまいます。

そうならないためにも、ニキビで悩んでいる時の食事は
野菜中心にすると良いでしょう。

食物繊維を摂るようにして、排便を促し肌荒れを防ぎます。
野菜に含まれているビタミン類は、肌に良い影響を与えてくれますので、
肌荒れやニキビに悩んでいる時にはできるだけ
ビタミンCビタミンBを多く含んだ食事をとるようにしましょう。

油っこい食事は皮脂の分泌を促してしまいます。
ニキビに悩んでいる時は野菜中心であまり油っこくない食事を摂るように心がけましょう。

ファストフードや添加物の入ったお弁当も避けるようにしましょう。

鼻の下のニキビ対処方法

2015-07-23c

口の周辺には皮脂腺が多く存在するため、
鼻の下ニキビはできやすいものです。

鼻の下にニキビができてしまう理由は、皮脂の分泌過多といえます。
皮脂が多く分泌してしまう理由は、ホルモンバランスが崩れた場合に起こりやすくなります。

ホルモンはストレスや生活が乱れたりした場合に崩しやすいので、
ストレスの少ない健康的な生活を送るようにしましょう。

また食生活もニキビ予防には大切なことといえます。
肌に良いビタミンCやビタミンBを多く含んだ野菜中心の食生活を送り、
快適な排便を促すようにします。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

食生活の改善が難しい場合は、
できるだけバランスの良い食事を心がけて
食事で不足している分はサプリメントで補うようにしましょう。
マルチビタミンサプリのお求めはこちら

ニキビをできにくくする生活は、その生活習慣を見直すことから始まるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ