肉離れがふくらはぎに!?治療はまず冷やすことがポイント?

2015-03-06a

肉離れがふくらはぎに起きてしまった場合、どのような治療を行えばよいのでしょうか?

治療としては、まずは冷やすことがポイントになります。きちんと冷やさないと、内出血によって細胞が壊死して二度と戻らなくなってしまうようです。

ここでは肉離れがふくらはぎに起きた場合の治療とふくらはぎの肉離れについて詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

肉離れがふくらはぎに起きた場合、治療としてはまず冷やすことがポイント!?

2015-03-06b

運動をしているときのケガで多いのがふくらはぎの肉離れで、治療として、内出血を抑えること血行を促進をすることがポイントになります。

内出血を抑えるということと血行を促進するということは、真逆の治療と思うのですが、肉離れの治療には大きな意味を持っているので、それぞれについて詳しく紹介します。

内出血を抑える

肉離れは裂けてしまった筋肉から出血し、そこから流れ出た血液は肉離れのまわりにひろがり、そこの細胞は酸素栄養でが行き渡らなくなります。このような状態が続いてしまうと細胞は壊死し、元に戻ることができなくなります。そこで初期の肉離れの治療として、患部を冷やすことで重要になり、以下の2つの効果を得ることができます。

内出血を抑える

冷やされた毛細血管は、収縮して血行が悪くなるので、内出血を抑えることができます。

細胞の活動レベルを下げる

冷やすことで細胞の活動レベルを下げます。活動レベルが下がると、必要な栄養・酸素の量が少なくて大丈夫なため、細胞の壊死を防ぐことができます。

血行を促進する

肉離れによる初期の内出血と腫れが治まったら、保存療法を行わなくてはいけません。血行を促進することで新陳代謝が良くなり、自然治癒力が高まって裂けてしまった患部の回復を促すことができます。

血行を促進する方法として、以下の方法があります。

患部を温める

肉離れの患部を直接温めて血行を促す方法です。蒸しタオル足湯温湿布などを使って行い、自分で蒸しタオルを当てることは簡単で手軽にできる方法の1つです。

マッサージをする

肉離れの患部に適度な刺激を与えて、血行を促します。まだ肉離れの炎症や痛みが激しいうちは逆に裂けてしまった筋肉を傷めてしまう恐れがあるので、マッサージを始める時期には気を付けるようにしましょう。

軽く運動する

軽く動かすことによって、リハビリ効果血行の促進効果が得られます。負荷の強さは、肉離れの回復具合を見ながら決めるようにしましょう。

ふくらはぎの筋トレは効果がヤバいくらいすばらしい!!?

ふくらはぎの肉離れとは?

ふくらはぎの肉離れは、肉離れの代表的な部位で最も発症しやすく、「肉離れ」と聞いて真っ先に思い浮かぶのはやはりふくらはぎだと思います。それぐらいふくらはぎの肉離れの発症率は高いと言えるのです。

ふくらはぎの筋トレは重要!?意外とあなどれない効果を紹介!

ふくらはぎはスポーツなど運動をするときに、とても重要な筋肉です。特に足首の前後左右の動きやジャンプする動きや着地するときの動きに対しては、ふくらはぎの筋肉は必要不可欠です。肉離れがふくらはぎに起こってしまうと、歩くことも立っていることも難しくなってしまいます。もちろん日常生活にも支障を来たしてしまうので、ふくらはぎの肉離れはなるべく早く治したいものです。

ふくらはぎの筋肉は歩くときに不可欠な筋肉なので、ふくらはぎの肉離れを治療するときはまずは冷やしたあと、筋肉の働きを制限するためにテーピングサポーターなどを装着しなくてはいけません。肉離れを起こしている状態でふくらはぎの筋肉を使ってしまうということになれば、症状がさらに悪化してしまう恐れもあり再発の可能性も高くなります。


参照:楽天市場

したがって、ふくらはぎの肉離れはまず氷枕などを使って冷やすようにして、
なるべくふくらはぎを安静にするために、テーピングサポーターなどの装着は効果的なのです。

氷枕のお求めはこちら

まとめ

最後になりますが、肉離れがふくらはぎに起きた場合、まずは治療として冷やすことがポイントになります。

ふくらはぎというのは肉離れが起こりやすい場所なので、治療としてはまず冷やして内出血を抑制し、それからマッサージなどで血行促進するようにしましょう。

そして、ふくらはぎの筋肉は歩くために必要不可欠な筋肉なので、テーピングやサポーターなどを装着して無理に使わないようにし少しでも安静にするように心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ