肉体改造での減量は食事がキモって本当?

2015-06-07a

肉体改造と言えば、マッチョな体を作るというイメージが強くないでしょうか。
筋力トレーニングを行う方法が一般的な肉体改造かと思います。

しかしながら、このような肉体改造ではなく、
痩せやすい体を作ることも一つの肉体改造と言えるでしょう。

この肉体改造では、ただ減量するだけでは脂肪と一緒に
筋肉も落ちてしまうので、成功しないのです。

この肉体改造は食事に注意が必要です。
このことについて、これからご説明していきます。

<Sponsored Link>

肉体改造の注意点

2015-06-07b

肉体改造をする上で、注意しなければならないことは
筋肉の量を落とさないことです。

ダイエットする際は、筋肉のことを考えることはあまりないかもしれないですね。
しかしながら、この肉体改造では、今現在の筋肉を維持し、
それに加えて、筋肉の量を増やすことも大切となってきます。

これを行わないと、せっかく頑張った肉体改造の結果が
満足のいくものではなくなってしまうのです。

減量の第一の目的としては、体内の脂肪を落とすことですよね。
それによって、結果的に体重減につながることになります。

その減量の方法として、食事を減らすやり方が一般的かと思いますが、
この方法だけだと筋肉をつくるための栄養素が充分に補給されず、
筋肉も脂肪と一緒に落ちてしまうのです。

その筋肉も落ちた結果が減量の数字に現れることでしょう。
それは絶対に避けたいですね。

実際の対策については次項でご説明しますが、
バナナしか食べないなど偏った食事での減量は、
ダメだということを頭に入れておいて欲しいと思います。

肉体改造以前に、体を悪くしてしまうので、
偏った食事よりもバランスの良い食事を取ることも大切です。

肉体改造の方法

それでは肉体改造時に筋肉を落とさず、
増やしていく方法について、ご説明していきます。

まず減量する際に、筋肉を分解されないように対策する必要があります。
そのためには筋肉の分解を防ぐ効果があるタンパク質の摂取を
しっかりとすることを忘れてはいけません。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

体内のタンパク質が不足すると、筋肉も落ちて、
そして、代謝も悪くなるので、痩せにくい体ができあがってしまいます。

そのような悪循環を繰り返さないように、対策をたてていきましょう。
ささみにはタンパク質が多く含まれていることをご存知でしょう。
こういった加工食品などで飽きないように工夫して摂取しましょう。

ささみプロテインバーのお求めはこちら

また、筋肉を落とさないために、炭水化物の摂取も必要です。
減量する際は、炭水化物を控えることが多いかもしれません。

しかしながら、炭水化物を控えると、
体内でエネルギーを作る燃料が不足することになりかねないのです。

炭水化物が不足した結果、脂肪とともに
タンパク質からエネルギーを作ることになるので、
同時に筋肉も落ちていくことになります。

そうなってしまうと、肉体改造の意味がなくなるので、
炭水化物を過度に控えるのは止めましょう。

これらに加えて、筋肉を増やすためにトレーニングも必要です。
激しい運動ではなく、軽い負荷から始めると、
体への負担も少ないですので、毎日少しずつ行っていきましょう。

おわりに

2015-06-07c

いかがでしたでしょうか。今回は痩せやすい体を作る肉体改造について、
特に食事での注意点について、ご説明してきました。

肉体改造は普通の減量と同じで、簡単にはいかないでしょう。
これは長く続けることが大事なので、根気のいる作業が必要になってきますね。

あなたは体重を落とすと、筋肉も一緒に落ちてしまうことを知っていましたか?
ダイエットでも体重が落ちたと喜んでいても、
目に見えないところでは筋肉も落ちていたかもしれません。

意識をしていない筋肉の減少は、ふとした瞬間に気づくことになるでしょう。
それを防ぐためにも、正しい栄養素の摂取を心掛けましょう。

偏った食事は肉体改造よりも減量すること自体難しいので、
健康的な生活を送るためにも、注意するようにして下さいね。

痩せやすい体を作ることは、太りにくい体を作ることにつながります。
将来の自分のためにも、少し頑張ってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ