肉体改造には超回復がキーワード!必ずトレーニング後や休もう!

2015-04-03a

効率良く身体を鍛えたり肉体改造を目指したいのであれば、
今話題の超回復を最大限に活用する事が重要です!

筋肉トレーニングと休息の関係性を知り、
超回復と呼ばれる現象についての理解を深めよう。

筋肉を効果的に鍛えて増加させたいのであれば休息時間の確保は必須事項!
超回復を利用した効果的なトレーニング方法を徹底解説!!

<Sponsored Link>

今話題の超回復と筋肉トレーニングの関係

2015-04-03b

スポーツを行う人やダイエットを目指す人の中には、
トレーニングの一環として「筋肉トレーニング」を取り入れる人が増加していますが、
筋肉トレーニングを効率良く行う為には
トレーニングと休息の関係性」について正しい知識を身に付けておく必要があります。

私たちの身体を支えたり全身の運動を行うために必要な筋肉は、
定期的なトレーニングと休息を繰り返すことで強くなっていきます。

筋肉トレーニングでは意図した部分に負荷を掛けて筋肉に刺激を与え、
筋肉組織を破壊していく作業を行っていきます。

筋肉が増加するメカニズムはシンプルで、
まず最初に筋肉への負荷によって筋肉組織を破壊し、
その後に破壊された筋肉組織を修復するための「休息時間」を設けることで
筋肉を太くて強い状態へと導くことが出来ます。

この休息時間に起こる現象のことを「超回復」と呼び、
筋肉トレーニング後に24時間〜48時間程度の休息を取ることによって
筋肉の総量をトレーニング前よりも増加させることが可能となります。

筋肉は一度、破壊されると24時間〜48時間ほど掛けて修復していきますが、
この修復中に更なる負荷を筋肉に掛けてしまうと超回復が上手くいかず、
筋肉量が減少してしまいます。

そのため、筋肉トレーニングを終えたら
最低でも24時間は休息時間を設けるように意識する事で
効率良く筋肉量を増加させていくことが出来るのです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

超回復を早めるためにはプロテイン摂取がオススメです。
夜間の糖質の摂取をさけて、寝る3時間前にプロテインを飲むと効果的です。

ホエイプロテインのお求めはこちら

筋肉トレーニング後の休息時間の重要性

今まではプロのスポーツ選手の間でも超回復について知らない人も多く、
筋肉トレーニング後に十分な休息を取らずに
次のトレーニングを行う人がほとんどでしたが、
最新の研究で超回復のメカニズムが明らかになった事で
休息時間の重要性」が改めて認識されるようになったのです。

一度でも筋肉トレーニングを行った場合、
負荷を与えた部分の筋肉組織は破壊されたままの状態となります。

この時点で休息に入れば超回復が起こって筋肉の修復が始まるのですが、
休息を取らずに次のトレーニングを行ってしまうと更なる筋肉の破壊が続き、
筋肉を修復するための時間を十分に得られなくなってしまいます。

その結果、筋肉組織の破壊だけが繰り返されることによって
逆に筋肉量が減少していき、筋肉自体も「痩せ細ってしまう」という現象が起きてしまうのです。

つまり、筋肉を強くたくましく成長させたいのであれば、
筋肉トレーニング後は出来る限り多く休息時間を取ることが重要になってきます。

もし効率良く筋肉量を増加させたいのであれば、
筋肉トレーニング後に破壊された筋肉が完全に修復される、
48時間」を休息時間に充てる必要があります。

効率的なトレーニングスケジュールとは

2015-04-03c

美意識の高い男性であれば、毎日のように筋肉トレーニングを行って
肉体改造に励みたいという気持ちも理解できますが、
筋肉トレーニングはやり方を間違えてしまうと
逆効果となってしまう場合があるので注意が必要です。

効率的な筋肉トレーニングを行う為には
筋肉に関する基礎知識やトレーニングと休息の関係性、
超回復」に関する知識をしっかりと身に付けておく必要があります。

効率の良い筋肉トレーニングについて考えたとき、
まずは「トレーニングスケジュール」を立てることが重要となってきます。

効率的なトレーニングスケジュールを立てる場合、
筋肉の破壊と修復のメカニズムを理解した上で
トレーニング頻度を考えていく必要があります。

たとえばトレーニングによって筋肉に負荷を与えて筋肉組織を破壊した場合、
その修復には丸一日〜二日は掛かります。

そのため、もし月曜日に筋肉トレーニングを行ったのであれば
火曜〜水曜は休息時間に充てて超回復の効果を待ち、
次のトレーニングは「木曜日」に行うというスケジュールが効率的だと言えます。

週に換算すると、筋肉トレーニングは
一週間に2回〜3回ほど行うのがもっとも効率的な
トレーニングスケジュールという事になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ