ノロウィルスの症状って?大人の対処法。寒気を感じたら要注意!

2014-12-17

ひょんな事から感染するノロウィルス

感染ルートも多様に存在する為、

何時何処で、感染するかわかりません。

 

 

そんな恐ろしいノロウィルス。

メディアでもよく聞く病気ですが、

そもそも一体どんな症状がでるのか?

 

 

今回はノロウィルスに

かかってしまった場合の

対処法をご紹介。

 

 

特に、家庭を持っている

大人の方や

食事をしてから調子を崩し、

寒気を感じる方などは

要チェックです!

<Sponsored Link>

ノロウィルスとは?

ノロィルスはで繁殖し、

急性胃腸炎などを引き起こす

非常に感染力の高いウィルス。

 

 

ノロウィルスにかかった時の症状は

症状は吐き気嘔吐

下痢腹痛などがあります。

 

 

潜伏期間は大体1~3日ほど。

しかし治るのも早いウィルスで

本当に早く治る人は1~2日完治します。

 

 

ただし、嘔吐や下痢を繰り返しやすく

脱水症状の危険がある為、

水分補給はしっかりとしましょう。

 

ノロウィルスの感染ルートは?

よく勘違いされるのが、ノロウィルスは

生ものの食べ物に含まれていて

それが経口感染しているという

認識がありますよね。

 

 

実はこの答えは60%くらい。

 

 

本来ノロウィルスとは、

人の小腸粘膜で増殖するウイルスで、

食品内で増殖するというのは無いそうです。

そして、生ものを食べたら感染する。

というのも実は間違いで、

普通に揚げ物焼き物を食べても

感染するリスクはあります。

 

 

それは調理者の手や服についている汚れや、

調理器具に付着していたなど、

そういったものが食品に付着して

感染する場合もあります。

 

 

これは調理者だけに限らず、

材料を運搬している運送業者の方や、

材料の仕込みや、入手をしてきている

農林や水産業の関係者など

様々なルートから感染します。

 

 

他にも「ノロウィルスって冬場だけじゃないの?」っていう

勘違いをされている方もたまにいますが、

それは秋冬に出回る「生牡蠣」が、

主な感染源になっている為。

しかし実際は、牡蠣以外にも

感染しやすい食品が多数存在する為、

実際は時期関係なく、年中かかるものとされています。

 

ノロウィルスの対処法

ノロウィルスは感染力が高い為

まずは仕事やバイトがある方は

かならず休んだほうがいいでしょう。

特に飲食業は、調理に携わっている為、

感染拡大につながります。

なので少しでも怪しいと思ったら、

すぐに店長や上司に電話で相談しましょう。

 

 

ノロウィルスに感染してしまった時に

一番怖いのは脱水症状による衰弱です。

なので、枕元にはいつでも水分補給出来る様に

を置いておくと良いでしょう。

このとき、胃腸が非常に敏感になっている為

胃腸を刺激しない為にも水は

常温にしておいた方がいいです。

 


参照:http://item.rakuten.co.jp/

また水分をとるときは一回で

ゴクゴク飲むのではなくて、

5,6回にわけ、口の中を湿らす程度

チビチビと飲むようにしましょう。

その時、失われた水分とミネラルを効率良く摂取できる
経口補水液を飲むようにしましょう。

OS-1のお求めはこちら

 

これは食べ物も同じで、出来るだけ

おかゆやりんごなどの

消化しやすいもの

複数回に分けて少しずつ食べましょう!

 

 

もし食べ物も水を食べても

胃が受け付けず、すぐに

嘔吐してしまうようであれば

病院へいって医師に相談し

点滴を打ってもらうのも

良いと思います。

 

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?

自分も感染した事があるんですが、

本当にノロウィルスって怖いんですよ!

食べ物どころか、水を飲んでも

すぐにもどしてしまいますし、

トイレには1日で20回以上

行くことになりますし

(後半は、もうトイレから出るのも

面倒だったので1時間くらいずっと

トイレに篭っていました)

 

 

とてもじゃないですけど、

会社へ行って仕事なんて

出来る状態じゃありませんでした・・・

 

 

ただ、自分の場合は、

そんな地獄の様な症状

1日で収まってくれた分、

まだましだったかもしれません。

酷い方は2~3日続くみたいですので・・・

 

 

年中感染する恐れのあるノロウィルス

特に生牡蠣がおいしい季節であり、

乾燥しやすい季節の秋冬

感染しないように十分注意しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ