静電気には濡れタオルが一番の防止グッズ!0円防止術!

2015-07-30a

特に秋冬の乾燥する時期に悩まれるのが、静電気ではないでしょうか。
一度ばちっとなるとまた同じ部分に触れるのが怖くなりますよね。

静電気防止グッズなども多く販売されていますが、
出来るだけ身近なもので静電気を防止することが出来たら嬉しいはず。
誰の家にもあるタオルを濡らして
濡れタオルにするのが一番のお手軽防止策です。

今回は静電気を防止するためのいろいろな方法をご紹介していきます。

<Sponsored Link>

なんで静電気が起きてしまうの?

2015-07-30b

普段の生活の中でどうして静電気が起きてしまうのでしょうか?

人でも動物でも空気でもなんでもが実は電気をもっています。
電気というのは目に見えませんが、
電池同様にプラスマイナスの電気をそれぞれもっているのです。

通常はそのプラスとマイナスの電気を同じ数だけ保っているため、
何か起きることはありません。

そしてプラスとマイナスの電気が同じ数だけあることが、正常な状態なのです。

ではどうしてこの正常な状態が保たれなくなってしまうのでしょうか?
鉄などは電気を通しやすいですよね。

これは電気を溜め込むことがなく放出する性質があるのです。
ですが、私たち人間は電気を遠しにくい性質をもっているため、電気を放出しにくいのです。

しかし人は、人同士で触れ合ったりものに触ったりすることで
電気が発生し溜め込んでしまいます。

常に体はプラスとマイナスを同じ数で保ちたいのに接触による電気によって
プラスとマイナスの数が増えそのバランスが崩れてしまうのです。

この電気がたまっている状態を帯電といい、
この帯電した電気がプラスとマイナスの数を保とうとして
電気が放出されて静電気という形になるのです。

どうして冬になると静電気が多発する?

静電気のイメージとして冬が挙げられます。
ではどうして冬になると静電気が多発するのでしょうか?

電気は乾燥が苦手。乾燥しているところでは電気が移動、
つまり電気を放出するのが難しくなる上に衣類でも
電気をためやすくなっているため、人の体にどんどん電気がたまっていくのです。

空気が乾燥している一方、人の手は汗などで水分があります。
この水分は電気を放出する条件としては最適なので、
冬は水分のある人の手に静電気が集中するのです。

これが冬に静電気が多い理由なのです。

濡れタオルは最大の静電気防止グッズになる!

冬には手に水分があるため
静電気が集中するということを先述させていただきました。

静電気は痛いので、出来るだけ避けたいと思う人は
多くそのために静電気防止グッズはよく販売されています。

ですが、実は身近なもので静電気を防止することができるのです。
それが濡れタオルです。

車の取手、エレベーターのボタンなど金属の部分に触れると
静電気が発生してしまいがちですが、
濡れタオルでそういった部分を触ることで濡れタオルがクッションとなり
静電気のショックが軽減されるのです。

タオルやハンカチなら自宅にあるはず。
だからこそ、普段から濡れタオルを持ち歩くようにしておくと
それが静電気防止グッズになりますよ。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

ですが、濡れタオルを持ち歩くなんて
袋に入れていないとカバンの中やポケットが濡れてしまいます。
濡れタオルの代わりにウエットティッシュを持ち歩きましょう。
ウエットティッシュのお求めはこちら

他に静電気防止方法はあるの?

濡れタオル以外で、身近なものを使用して
静電気を防止する方法はあるのでしょうか?

静電気を除去するものを触る
ものの中には静電気を除去してくれるものがいくつかあります。
何か触ろうとするときに、静電気を除去してくれるものを触ることで、
静電気を防止することが出来るのです。

静電気を除去してくれるものは非常に身近なものばかりで、
コンクリートやアスファルト、木や壁紙に使用されているクロス紙があります。

外であれば地面に一度触れてから車に触れるようにする、
自宅であれば壁を触るようにするなどするだけで静電気を防止することができます。

食生活の改善
実は食生活も静電気に密接に関係しているのです。
健康な人の血液は弱アルカリ性の性質があり、皮膚は弱酸性の性質があります。

しかし食生活が乱れた現代において血液が酸性化している人が多く、
血液と皮膚のバランスが崩れ静電気を起こしやすい状態を作っているのです。

アルカリ性の血液にもどすには、
野菜、豆類、海藻類などを意識して食べることが重要。

これらにはカルシウム、ナトリウム、マグネシウムといった
血液をきれいにしてくれるつまりアルカリ性にしてくれる成分が
多く含まれているため意識して食べるようにしてみましょう。

まとめ

2015-07-30c

電気を帯電するという性質をもった私たち人間と静電気は
切っても切れない関係があるからこそ、静電気の対策を行うことは大切です。

静電気防止グッズを使用するのもいいですが、
実は私たちの身近な生活にある濡れタオルや壁で
簡単に静電気を対策することができるのです。

静電気で痛い思いをしないようにぜひご紹介した対策を試してみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ