咳喘息はコーヒーで治るってホント?咳喘息の予防や治療法は?

health3

風邪は治ったけど、ずっと咳だけが止まらない・・・しんどい・・・

こんな状態が数週間も続いた場合、咳喘息かもしれません。

そんな咳喘息には、なんとコーヒーが効果的みたいなのです。コーヒーに含まれるカフェインがポイントのようです。

ここでは咳喘息とコーヒーの関係性と咳喘息の予防法と治療法について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

咳喘息はコーヒーで治るってホント?

coffi004

咳喘息コーヒーで治るのかということについては、意見が分かれるところがあります。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

実はコーヒーはその昔、咳喘息の予防薬として使用されていたことがあるのです。

これはコーヒーに含まれているカフェインには抗炎症作用があり、炎症を鎮めて気管支を広げる作用があるからです。さらに、カフェインには交感神経を活発な状態にする作用もあるので、気管を拡張させる働きがあることもわかっているのです。

では、いったいなぜ咳喘息の治療としてコーヒーが使用されなくなってしまったのでしょうか?

これはカフェインよりも強い効果のある「テオフェリン」が開発され、テオフェリンが咳喘息の治療薬としては一般的になったからです。テオフェリンにも気管支を拡張させる作用があり、咳喘息の症状を改善する上で効果的な働きを持っています。

一方、テオフェリンは副作用のリスクもカフェインよりは高く、乳幼児に処方されることはありません。

また、テオフェリンとカフェインの化学式はとてもよく似ていて、一緒に摂取してしまうと副作用のリスクを高めてしまうので、テオフェリンを服用している場合はコーヒーを飲まない方が良いと言われています。

ただし、コーヒーには咳喘息を予防したり、喘息発作を抑える効果もあると言われます。コーヒーは豆からできているのでアレルギー反応があらわれる方もいるのですが、そうでなければ体質を改善するのに活用することは良いかもしれません。

ドリップコーヒーのお求めはこちら

喘息でうつ病になるってホント!?大人でも喘息になるの?

咳喘息を予防するには?

咳喘息は息の通り道である気管支に炎症が起こり、気管支が収縮してしまい息が通りにくくなっている状態です。

ですから、咳喘息を予防するためには気管支の炎症を起こさないようにする、つまり刺激をあたえないようにすることがポイントになってきます。

咳喘息の予防するための例を以下で紹介します。

風邪を予防する

咳喘息は風邪の後に最も起こりやすいといわれていて、季節の変わり目にきちんと風邪をひかないように予防することが重要になってきます。

咳喘息が起こりやすいという人は、風邪をひく度に起こることが多いようなので、このような人は特にうがいや手洗いをするなどして徹底的に風邪を予防するようにしましょう。

ストレスを解消する

精神的なストレスは、神経の緊張を引き起こして気管支を収縮させてしまい、咳喘息を起こす原因になってしまいます。

ストレスを溜めすぎると息がつまるという話は、よく聞きますよね?

気管支が収縮してしまうと、息が通りにくくなり、その結果咳が出やすくなるのです。ですから、ストレスをためない、もしくはストレスを解消することは咳喘息を予防するうえでとても大切になってきます。

アルコールの摂取を控える

咳喘息とアルコールに関係性があるというのは、少し意外ではないでしょうか?

アルコールは体の中に入ると、アルデヒドという物質に変えられます。このアルデヒドが気管支を収縮させてしまい、咳を起こしやすくするといわれているのです。付き合いなどでのお酒はなかなか避けることができないと思うのですが、咳がひどいときは一度量を減らすなど意識してみてはいかがでしょうか。

森永のラムネ菓子には二日酔いを抑える効果が?

たばこを控える

これは当たり前のことなのですが、たばこの煙に含まれる物質は、気管支を刺激してしまい、炎症を起こして咳喘息の原因になってしまいます。

もちろんタバコを吸っていないという人も、他の人が吸ったたばこの煙を吸わないように気をつけるようにましょう。たばこは咳喘息だけではなく、他の気管支の病気の原因にもなる恐れがあるので要注意です。

効果的な禁煙方法。ヘビースモーカーでも無理せず止められる?

咳喘息の治療法とは?

咳喘息は安静にしていれば治ることもあるのですが、一般的な咳喘息の治療法としては薬の服用になります。

ここで注意してもらいたいことなのですが、咳止めはあまり効果がないようです。内科へ行って咳止めを処方されて服用し続けても、いっこうに咳がおさまらないという人が多いようです。

ですから、専門医でないとただの風邪と誤診されることも多いので、咳が長引くという場合は呼吸器を専門にしている医師に診てもらうことをおススメします。

そして、咳喘息は気管支が炎症を起こしてしまい狭くなっている状態なので、炎症をおさえる薬や気管 支を拡張させる薬を処方してもらうようにしましょう。

咳喘息の治療に使用される一般的な薬を以下で紹介します。

気管支拡張薬

気管支拡張薬は、名前の通り気管支を拡張させる薬です。炎症によって狭くなった気管支を拡張させることで、咳が出るのを抑えてくれます。飲み薬や吸入するタイプの薬があります。

ステロイド

ステロイドと聞くとあまりよくないイメージを持つ方がいるかもしれないのですが、きちんと正しく使用すればとても効果のある薬です。

ステロイドは気管支の炎症を抑えてくれる薬で、吸入するタイプでは副作用はほとんどないので、安心して使用することができます。

以上の2つが咳喘息の一般的な治療薬です。咳喘息は医師に指示された薬を正しく、服用期間をしっかりと守って服用することが治療への近道へなります。

まとめ

最後になりますが、咳喘息はコーヒーで治るというよりは、咳喘息を予防したり、喘息発作を抑える効果があるようです。

咳喘息で咳が止まらなくなってしまってはとてもつらいので、ただの咳だと思わずに予防や治療をきちんと行うようにしましょう。

そして、咳がおさまっても完全に治っていなければ、再び咳が出始めることがあるので、焦らずしっかりと治していくようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ