湿気は腰痛を引き起こすって本当?

2015-08-13a

よく雨の日は古傷が疼くと言いますが、実際のところ、どうなのでしょうか。
直接、雨が古傷に作用するわけではありませんが、
気圧の変化が痛みを感じるきっかけになると言われています。

この気圧の変化の他にも、湿度の高低によって、
体調不良が起きることもあるそうですね。

そこで、今回は湿度によって引き起こされる腰痛について、
気圧の変化による腰痛と合わせて、ご説明していきます。

<Sponsored Link>

腰痛持ちは湿度にも注意が必要!

2015-08-13b

天候が与える体調への影響を見てみましょう。
まず湿度について、ご説明していきます。

この湿度はその高低によって、体調にも影響を与えます。
湿度が高くなっていると、血行も悪くなり、そして、むくみやすくなります。

また、発汗作用がうまく働かないので、水分代謝も落ちていきます。
一方で、湿度が下がると、血管が収縮し、
自律神経にも刺激を与えることになります。

以上のように、湿度の変化によって、身体にもその影響が見られるのです。
そして、その影響の一つである血行不良によって、
腰痛が引き起こされることになってしまうのですね。

また、この湿度の他にも、気圧の変化によって、
腰痛を引き起こすことがあります。

そのメカニズムについて、ご説明していきます。
気圧の変化というのは、自律神経に影響を与えます。

そして、この影響を受けた自律神経によって、
交感神経が活発に働こうとするのです。

この交感神経の働きが血行不良を招き、体調不良を引き起こすのです。
また、今回の腰痛の場合は、交感神経によって、
血管を収縮し、血行不良になり、痛覚が敏感になります。

そして、持病、古傷などの腰痛が痛みを感じるようになっていくのです。

腰痛予防には自律神経のバランスが大事!

湿度や気圧の変化などによって、
不調にならないようにするための予防策として、
自律神経のバランスを正常に保つということです。

この自律神経には、交感神経と副交感神経があり、
この二つの神経がバランス良く保たれています。

しかしながら、あることがきっかけで、
その自律神経のバランスが崩れることもあるのです。
そのあることとは、不規則な生活とストレスです。

不規則な生活というのは、特に睡眠が関わってきます。
夜更かしなどによって、身体の睡眠時間が不足した状態になります。

また、ストレスは全てを解消することは難しいので、
できるだけ溜め込まないように意識し、解消する必要があります。

この不規則な生活とストレス生活を送っていると、
体調を良くしようと、自律神経が働こうとします。

この自律神経が働きすぎると、逆に身体にとって、ダメになるのです。

また、注意が必要なのは、
女性の方が気圧の変化の影響を受けやすくなっています。

その理由としては、体内で分泌されるホルモンの量が、
女性特有の生理現象によって、変化するようになっています。

なお、男性の場合においては、
体内で分泌されるホルモンの量は一定となっています。

このホルモンバランスは自律神経とも関係が強く、
ホルモンバランスの影響を受けて、自律神経が乱れることがあります。

これによって、体調にも変化が現れてしまうのです。
この点に関しては、女性の方が要注意ですね。

おわりに

2015-08-13c

いかがでしたでしょうか。
湿度や気圧の変化によって、体調にも変化があることがわかりましたね。

そして、その変化の影響によって、痛覚も敏感になります。
したがって、痛みを感じやすく、もともと軽い症状だったとしても、
より強く痛みを感じるようになっていくのです。
腰痛が引き起こされるのも、これが原因ですね。

ただ、自律神経のバランスを安定させることによって、
湿度や気圧の変化による体調不良を防ぐこともできるでしょう。

そこで必要となってくるのが、不規則な生活を送らない、
そして、ストレスを溜め込まないということですね。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

あとは除湿機を置いて部屋の空気をカラっとさせるとか。。

現実的に、これらの改善をするのは、難しい場合もあると考えられます。
しかしながら、雨などの度に腰痛を悪化させないように、
できるだけ実践するようにしてくださいね。

除湿機のお求めはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ